CATEGORY

歴史

  • 2021年10月26日

イエスをキリストと信じたユダヤ人たちが日本に

この記事の概要 イエスをキリストと信じたユダヤ人たちが日本に来ていたのです。彼らは景教と言われた人々です。景教のユダヤ人が、シルクロードを通って、日本にたくさん来ました。彼らを秦氏と言いました。秦は迫害されて名前を消して行く人々もいました。 […]

  • 2021年9月16日

気骨ある明治の人々が日本を独立させようとした

この記事の概要 気骨ある明治の人々が日本を独立させようとしたのです。明治の元老たちは、ロスチャイルド家としっかり手を握っていました。彼らが素晴らしいところは条約改正で、半分植民地だった日本を領事裁判権を撤廃したり、関税主権を回復したりしまし […]

  • 2021年5月17日

日本が戦争に負けることは仕組まれていた

この記事の概要 日本が戦争に負けることは仕組まれていたのです。真珠湾攻撃は非常に罪が重いのです。戦争のシナリオを全てひっくり返したのは、真珠湾攻撃でした。真珠湾攻撃は世界にとって悲劇でした。これがなければアメリカは本格的に参戦しなかったので […]

  • 2021年4月15日

天海は明智光秀の甥の明智左馬之助だった

 この記事の概要 天海は明智光秀の甥の明智左馬之助だったのです。天海が生まれた年と左馬之助が生まれた年が同じです。天海の墓がなぜ、大津坂本の慈眼堂にあるのでしょうか。そこは明智左馬之助が関わった地名です。左馬之助は坂本城に戻り自刃した事にな […]

  • 2021年4月10日

明治維新の騙しと東京裁判の嘘はもう通用しない

この記事の概要 明治維新の騙しと東京裁判の嘘はもう通用しないのです。明治維新と東京裁判の虚構の歴史が、日本人を二重に歴史が分からない様にさせました。明治の元勲たちは自分たちが国際金融資本家の孫請けと分かっていて独立国に戻ろうとしていましたが […]

  • 2021年3月31日

信長が式年遷宮を再開させた伊勢神宮

この記事の概要 信長が式年遷宮を再開させた伊勢神宮は、神秘性を持つ神社であり「古代イスラエル人の幕屋」なのです。式年遷宮を再開させたのは、祭司としての深い関わりがあった忌部氏の子孫だったからです。信長は、イエズス会の宣教師たちの教えと合致す […]

  • 2021年3月28日

信長は伊勢神宮を支援した武将

この記事の概要 信長は伊勢神宮を支援した武将でした。宗教音痴の日本人は織田信長の神道に対する篤き信仰を取り上げていません。伊勢式年遷宮はそれまで、約120年間、財政上の理由などで途絶えていましたが、信長の援助により再開できました。信長が忌部 […]

  • 2021年3月26日

世界史的天才信長は武士としても侍の中の侍

この記事の概要 世界史的天才信長は武士としても侍の中の侍と言える人物でした。侍を(shamar-ai)「守る者」から来たと解釈しています。この点から見てみると、侍はヘブル語が起源とされています。侍は生きるべき時には生き、戦うべきには戦い、死 […]

  • 2021年3月24日

安土城は神殿だった

この記事の概要 安土城は神殿だったのです。安土城は琵琶湖の東海岸にありました。琵琶湖はイスラエルのガリラヤ湖に形がよく似ています。ガリラヤ湖は古代にはキンネレテ湖すなわち、ハープの湖の意味でした。古代イスラエル人の血統を受け継ぐ信長は神殿を […]

  • 2021年3月22日

織田信長は古代イスラエルの血統を受け継ぐ者

この記事の概要 織田信長は古代イスラエルの血統を受け継ぐ者だったのです。信長の先祖は、平氏、藤原氏でもなく忌部氏であったことが判明しています。信長の先祖は、福井県の劔神社の神官でした。織田家の木瓜紋は劔神社の神紋と同じです。忌部氏は、日本に […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG