CATEGORY

歴史

  • 2019年11月25日

「かごめ唄」に秘められた本当の意味とは

「かごめ唄」に秘められた本当の意味とは、暗号なのです。暗号とは、通信の秘密を守るため、当事者間だけでわかるように決めた特殊な記号や言葉です。そのため不可解なところが多く意味不明なのです。本当のかごめ唄は一般に流布しているかごめ唄と違うようです。 1. かごめ唄 かごめ歌、日本のわらべ歌、江戸時代には普通に唄われていました。いつから唄われていたかと言うと、どこまで遡るのは難しいのですが、地方により歌 […]

  • 2019年11月19日

明治天皇のすり替え説の真相は鍋島藩

明治天皇のすり替えの真相は鍋島藩と長州藩の力関係にありました。南朝の血統であるの大室寅之祐が睦仁親王とすり替えられたと言う説は、佐賀鍋島藩の計画により寅之祐ではなく本物の皇太子がすり替えられたのです。 大室寅之祐と田布施システム 日本の政治を裏で牛耳って来たのは平安時代から続いています。南北朝時代ではなく、平安時代からなのです。飛鳥時代にはすでに確立されていました。 山口県田布施の地域では、「大室 […]

  • 2019年10月31日

織田信長のデスマスクの信憑性

織田信長のデスマスクの信憑性は傍にいた弥助の存在により、かなり高いものとされています。しかしながら、新説として信長の胴体が発見されなかったことと、デスマスクがあまりにも綺麗なため、信長は生きてローマへ渡った仮説も考えられるのです。 1. 織田信長のデスマスク 最近また織田信長のドラマが話題になっていますが、名古屋の郊外には私設の博物館を経営している織田信長公の子孫がいらっしゃいます。その方は、信長 […]

  • 2019年10月17日

日本は二つの国から成り立っていた古代アラハバキ王国の謎

日本は二つの国から成り立っていた古代アラハバキ王国の謎があります。偽書と評価される東日流外三郡誌の中から邪馬台国と対等していた国が存在していました。そのことを裏付ける内容として東日本には土地が肥沃な日高見国が存在していたことが載っているのです。 1. アラハバキとは アラハバキとは神様の名前です。日本書紀と古事記には、その神様が出て来ません。神様は、日本書紀と古事記に限定されています。アラハバキと […]

  • 2019年8月8日

謎とされる富士王朝・不二阿祖山太神宮

謎とされる富士王朝・不二阿祖山太神宮は古史古伝といわれ、富士文献、通称宮下文書といわれる文献です。富士山麓には、最終的には天皇家につながる神武天皇以前に、古代王朝といわれる王朝が存在していたのです。 1. 富士山麓古代王朝 富士山に王朝があったと言う話です。古史古伝といわれるジャンルで、富士文献、通称宮下文書といわれる文献があります。 古事記・日本書紀とは全く違うものです。富士山麓に、最終的には天 […]

  • 2019年7月3日

古代人は巨人として生きていたのです

全ての写真引用元:失われた超古代人類『巨人』の謎 URL<https://www.youtube.com/watch?v=QKW-vOt1VWk>アクセス日:2019年7月3日 この記事の要約 古代人は巨人として生きていたのです。恐竜の時代は、重力が小さかったので、体が大きくても生きていくことができました。現在の1Gの地球の重力にあっては、巨人や恐竜は生きていくことはできません。ノアの […]

  • 2019年6月15日

秀真伝(ホツマツタエ)は天照大神が男神である

秀真伝(ホツマツタエ)は天照大神が男神である ことが述べられています。藤原不比等が、女神として位置付けたという説と邪馬台国の卑弥呼がイメージしたという説がありますが男の神様として太陽神が考えられていたことは事実だったのです。秀真伝の中で、一貫して天照大御神が男の神として描かれているのです。 1. 秀真伝(ホツマツタエ) 日本には、日本の超古代史や古史古伝などの古事記や日本書紀とは全く異なる内容の歴 […]

  • 2019年6月10日

日月神示と神代文字に秘められた謎

日月神示と神代文字に秘められた謎 は麻賀多神社の境内にあったのです。岡本天明が神がかって日月神示を降ろしたという話があります。日月ときたら必ず合体させることなのです。明るいと書き、天之日津久を合体させ、明るい天と書いて天明となります。岡本天明につながります。 言霊というのは全部つながってくるのです。神代文字が出てくるというところがつながってくるところです。このような視点で見なければ謎は解けないので […]

  • 2019年6月3日

新元号「令和」に秘められた言霊の意味

新元号「令和」に秘められた言霊の意味には、元号の始まりとなった大化から今日まで裏で日本を支えてきた藤原氏からの解放です。梅の花の舞台になった太宰府は藤原氏にとって邪魔な存在の菅原道真の怨霊を鎮めるためにあり、関わりが深いものに艮の金神があります。 1. 元号とは 元号の発案は中国でした。皇帝が自らの治世を示すために元号を考案するようになったのが始まりです。日本では、それを受けて元号をつくるようにな […]

  • 2019年4月3日

神道とゲマトリア数秘術に隠された神

神道とゲマトリア数秘術に隠された神は、日本の八という数字に表されています。八には意味があり、ゲマトリア的には、イエスのことを指しています。漢字の八をちょっと平たくすると、ヘブライ語のヘイにそっくりなのです。ヘイという文字は、神様を表します。 1. ゲマトリア数秘術 ゲマトリア数秘術とは、カバラのことです。数字には、意味があります。旧約聖書はヘブライ語、新約聖書はギリシャ語で書かれています。ヘブライ […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG