CATEGORY

歴史

  • 2019年3月3日

ひな祭りは七夕とピラミッドに関係している

この記事の要約 ひな祭りは七夕とピラミッドに関係しているのです。お内裏様とお雛さは織姫と彦星に、甘酒は天の川に、三人官女はオリオン座の三つ星に、五人囃子はプレアデスに、7段飾りのひな壇はピラミッドにそれぞれ当てはまります。まさにオリオンミステリーなのです。 1. お内裏様とお雛様 お内裏様とお雛様がどちらが右か左かで、東京か京都かが判別出来ます。天皇陛下が、ご成婚されたのを習って東京も同じにしたと […]

  • 2019年2月22日

神聖な霊山位山と飛騨王朝の謎は伝承の中に

この記事の要約 神聖な霊山位山と飛騨王朝の謎は伝承の中に隠されてます。伝承と巨石群との関係は縄文時代の高度な文明を意味しています。その時代の意思の疎通は言葉ではなく思いによって、早く正確に伝えることができたのです。記録ではなく口伝による方法が今もあるのです。 1. 日本にはいくつかの古代王朝があった 日本には大和朝廷によって古事記に描かれた歴史があります。古代王朝とは別に、歴史から消された王朝がた […]

  • 2019年2月11日

南極は遺跡の発見で昔は氷に覆われていなかった

この記事の要約 南極は遺跡の発見で昔は氷に覆われていなかったことが推測できます。南極大陸が発見される前から描かれていた地図があります。地図には地図の系図があり氷に覆われていなかった海岸線が描かれていることや遺跡があることで温暖な大陸だったことが考えられます。 南極大陸のミラミッド 南極大陸で、いくつかのピラミッド型の山が発見されています。自然の山かと思うとあまりにも四角錐で綺麗なので、人工的な山に […]

  • 2019年2月9日

イルミナティの秘義は聖徳太子の「未来記」

この記事の要約 イルミナティの秘義は聖徳太子の「未来記」にあるようです。フリーメイソンで有名なモーツアルトが魔笛のオペラを発表しましたが、その中の主人公は日本人の王子です。聖徳太子と王子との関係や未来記に関する秘儀がこのオペラの中には組み込まれているようなのです。 1. イルミナティー イルミナティといえば秘密結社として有名です。またフリーメイソンの上層部とも言われていたり、世界支配を目論む悪の組 […]

  • 2019年1月15日

ヨハネの黙示録と日本との関わりには

この記事の要約 ヨハネの黙示録と日本との関わりには深いものがあるようです。伊勢神宮には、お白石持行事があります。これは、黙示録2章17節に記されてた「また白い小石を与えよう」という内容に類似しています。自分の名を封印した小石を天照大神のそばに置く行事です。 1. ヨハネの黙示録は偽書として扱われていた ヨハネの黙示録は、非常に難解と思える人は基礎となる理解の仕方に間違いがあり、実はとてもシンプルな […]

  • 2019年1月7日

「死海文書」が告げる人類破滅の大預言

この記事の要約 「死海文書」が告げる人類破滅の大預言は死海写本と共に見つかった死海文書の聖書外典と言われる中に記されています。予言書には人類滅亡の予言が多くあります。しかしながら、未来にはいくつかの枝分かれがあり選びがあるので予定表通りにはいかないことがあります。 1. 死海 死海は塩分濃度が非常に高いのです。しょっぱいを通りこして苦い感じがします。イスラエルのツアーに行くと土曜日に重なりますね。 […]

  • 2019年1月5日

八咫烏と陰陽道との関わりはある意味

この記事の要約 八咫烏と陰陽道との関わりはある意味において秘密結社として日本の国体を裏で守ってきました。表の大和朝廷と裏の陰陽師集団があり、八咫烏と言われてもいます。もう一つの説では、彼らは、莫大な富と権力を持っていて、毛並みも良い家柄に八咫烏がいると言うのです。 1. 八咫烏(やたがらす)の紹介 日本の神話に出てくる初代神武天皇が統制の折、熊野山中で道に迷ってしまいました。そこに颯爽と現れた一羽 […]

  • 2018年12月20日

「かごめ唄」に秘められた本当の意味とは

この記事の要約 「かごめ唄」に秘められた本当の意味とは、暗号なのです。暗号とは、通信の秘密を守るため、当事者間だけでわかるように決めた特殊な記号や言葉です。そのため不可解なところが多く意味不明なのです。本当のかごめ唄は一般に流布しているかごめ唄と違うようです。 1. かごめ唄 かごめ歌、日本のわらべ歌、江戸時代には普通に歌われていました。いつから歌われていたかと言うと、どこまで遡るのは難しいのです […]

  • 2018年12月5日

徳川埋蔵金が赤城山北西部にあるとされる

この記事の要約 徳川埋蔵金が赤城山北西部にあるとされる伝説の要因の一つは、小栗上野介が勘定奉行時代に徳川家の大金を隠蔽したことが今日まで伝えられています。幕府が有事に備えて備蓄した分銅型の大法馬金は、現存していませんが隠されているとしたら、どこかにあるはずです。 徳川埋蔵金の噂 徳川埋蔵金というと幕末に薩長との戦に備えて、幕府が密かに軍資金とするために、赤城山に埋めたという小栗上野介の話が出て来ま […]

  • 2018年10月19日

南米で発見された白いミイラには謎

この記事の要約 南米で発見された白いミイラには謎の部分が多いのですが、防腐目的のために白い珪藻土で塗られていることは理解できます。もう一点は、棺に納められていたので身分の高い人物だった様です。白い神々の伝説がああるため、敬う気持ちを表したのかもしれません。 1. 真っ白いミイラの正体 南米で妖しいミイラが沢山発見されています。真っ白いミイラで、石膏を塗ったようなものです。ケイ素が塗られており、腐敗 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG