CATEGORY

歴史

  • 2018年9月9日

鬼門の方角から鬼すなわち邪気がやって来ます

この記事の要約 鬼門鬼門の方角から鬼すなわち邪気がやって来ます。邪悪な霊がやって来ると考えられているのです。このようなことが信じられていたので霊的に防がなければなりません。北東は、鬼が出るところなので鬼門を封じ、征伐してしまうという思想です。これは鬼門の謎です。 鬼門の方角 北半球の家というのは家を建てる時にはなるべく、太陽光が入るように窓や玄関は南の方に向いているようにします。家相という家の見方 […]

  • 2018年9月4日

諏訪大社の御柱際は古代ユダヤから伝わった

この記事の要約 諏訪大社の御柱際は古代ユダヤから伝わったものです。アブラハムの時代には、柱が一本建っていてそこが神の依代としての聖地でした。ソロモン神殿をつくるにあたりレバノンから杉を切ってエルサレムに運んきた方法が日本に伝わったということが考えられます。 諏訪大社の御柱際 御柱際は木の柱を引いてきて建てるという儀式を行っています。このような祭は世界中探しても見当たりません。一本の柱を広場に建てて […]

  • 2018年7月7日

「ムー大陸」はどこの海に存在していたのか

この生地の要約 「ムー大陸」はどこの海に存在していたのかは諸説あります。氷河期にあったと言われるスンダランドが「ムー大陸」だったのではないかと言う説があります。その大陸は、沖縄諸島にまでつながっていたようです。東南アジアには、かつてとても高度な文明が存在していました。 1. ムー大陸の発見 新説によるとムー大陸は、今から12,000年前、氷河期が終わる頃に太平洋に存在していましたが、一夜にして沈ん […]

  • 2018年6月7日

「八咫鏡」(ヤタノカガミ)に記されたヘブライ語

この記事の要約 「八咫鏡」(ヤタノカガミ)に記されたヘブライ語の謎があります。聖なる鏡という小説には「我は在て在るものなり」というヘブライ文字が刻まれていて日ユ同祖論の古代イスラエル人が日本に渡来し、日本人の皇室及び日本人の先祖になったことに起因しています。 三種の神器とは皇室の王権の象徴 三種の神器とは皇室の王権の象徴であり、それをレガリアと言います。それを持っていることが正統性の証なのです。 […]

  • 2018年5月24日

古代ヘブライ語が記された指輪と丸石

この記事の要約 古代ヘブライ語が記された指輪と丸石が、淡路島で見つかりました。淡路島は古事記日本書紀でも、最初に作られた国です。文字として遺跡から出てきたのは大変な驚きでした。ユダヤ人は世界に散っているので、発掘されたものは、ユダヤ人が日本に来た証なのです。 淡路島とイスラエル 2017年5月14日、淡路島でイスラエル建国69周年が行われました。なぜ淡路島でイスラエル建国69周年を行ったのでしょう […]

  • 2018年5月22日

宗教で最も重宝される言葉は「従順」

この記事の要約 宗教で最も重宝される言葉は「従順」です。どこの宗教組織も「従順」が第一の律法なのです。組織を守るためには、組織の枠に閉じ込めておく必要があります。人間が神の知識を持っては困ります。知識を手にすることで愚鈍な状態から目ざめてもらっては迷惑なのです。 バチカンの歴史 ローマ教皇の歴史は、魔女狩りに見られるように結構血生臭い歴史があるのです。イエス・キリストの正統的解釈を持っているのがカ […]

  • 2018年4月27日

ナチスの高官たちはオカルトティスト

この記事の要約 ナチスの高官たちはオカルトティストたちでした。ナチスの中枢は、女性霊媒師のコンタクトの相手であるエイリアンのご託宣によって動かされていたのです。エイリアンとは、アルデバラン星人です。地球の文明は、アルデバラン星の影響によって発祥したとも言われています。 1. ナチスはオカルティスト ナチスドイツは密かに空飛ぶ円盤を製造していたという伝説があります。ナチス・ドイツは、高官と呼ばれたヒ […]

  • 2018年3月19日

仮想通貨ビットコインの成り立ちは

この記事の要約 仮想通貨ビットコインの成り立ちは、為替操作をなくし国際社会の経済安定が目的です。貿易を有利にするため自国の通貨を安くし、製品を海外に買ってもらうのが現状社会です。通貨の流通が大変不安定になるのに歯止めになるのがビットコンと考えられています。 1. 通貨の成り立ち 仮想通貨、電子マネー、通貨はある一定量制限を持たないと価値が出ません。漢字の通貨には貝がついていますが、昔は、貝が通貨の […]

  • 2018年3月14日

バチカンの歴史が変わろうとしています

この記事の要約 バチカンの歴史が変わろうとしています。愛と平和の象徴バチカンと言われていますが、血塗られた歴史もあります。今の教皇は、儀式の文言や様々なところに変革を示し、質素な生活を選び、秘教と根付いたところとは別に何かをやろうとしているのかも知れません。 1. キリスト教正統派 愛と平和の象徴バチカンと言われていますが、血塗られた歴史もあります。ローマ教皇の歴史は、血なまぐさい、歴史があります […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG