松果体を活性化すると幸福になる

松果体を活性化すると幸福になる

この記事の概要

松果体を活性化すると幸福になるのです。なぜならば、内分泌器官である松果体は、脳内物質を出しています。その物質とは、セロトニンです。 簡単に言うと幸せホルモンであり、幸せ物質なのです。活性化させるためには太陽の朝日やろうそくの炎を見ると松果体にエネルギーが集まってきます。


脳の不調は脳内のエネルギー不足

人生の中で、落ち込んでしまったり、誰かにイライラしてしまったり、自分を責めてしまったり、過去のことを考えて落ち込んでしまうことがあります。
これらの原因は、100%脳内のエネルギー不足です。エネルギー不足のために、頭の中が正常に働きません。脳がガス欠を起こし、いかれてしまっています。脳にとってのエネルギーとは何でしょうか。脳が正しく働くための物質とは何でしょうか。脳内の物質的なエネルギー源とは糖分です。
一般常識では、脳のエネルギー源はブドウ糖です。 砂糖はブドウ糖と果糖が結合しています。体内でブドウ糖と果糖に分解されます。 ブドウ糖は、そのままエネルギー源になります。果糖も吸収された後ブドウ糖になるため、砂糖は脳にとって有効な食品らしいのです。

砂糖は、ショ糖です。ブドウ糖と果糖に分解するショ糖分解酵素(インバターゼ)は、人間には少ないのです。ブドウ糖と果糖の結合がとても強く多量のショ糖を分解するには、消化酵素を非常に浪費してしまいます。代謝酵素が減り、代謝障害を起こしてしまう恐れがあります。甘い砂糖を疲れた時に摂ると、疲労を増幅させてしまう可能性があるので気をつける必要があります。

脳の性質を理解していれば、甘いものを一口だけ食べて脳の欲求を満たしてあげることができます。ブドウ糖の大量摂取は、腸に負担をかけます。僅かなブドウ糖ならば、腸へ負担をかけません。

実は、脳にとって、ブドウ糖は唯一の栄養源ではなく、一番の好物なのです。脳に騙されてブドウ糖を大量に摂取すると腸内バランスを乱してしまいますので、この点は間違えてはいけません。

一口だけで脳の欲求を満たす効果的な方法として、ジュースを飲んだり、もしくは飴をなめる時に、舌の下で舌下吸収させます。の舌の下、舌下吸収させることによって直接糖分も脳の奥にご送り届けることができます。
見えない世界の素粒子的、波動的なエネルギーがありますが、物質的な糖分のエネルギーがなかったら正しい思考が働かないということになります。脳が正しく働いてないために、悩んだり、苦しんだりしているのです。脳の一番表面の部分が大脳新皮質で思考の部分です。判断力、論理的思考力は、新皮質にあり、人間は、この部分が一番発達しているのです。
他の動物よりも思考力が発達していて、その奥にあるのが辺縁系という感情です。感情は犬にも猫にも猿にもあります。もっと奥にあるのが肝脳ですが、その中でも最も重要なパーツが松果体です。

松果体の働き

松果体の働きがちょっとずつ明らかになってきたのは、ここ数年です。松果体の働きが100とすれば、5も明らかになっていません。松果体とは、何をしているのか全く分からない器官です。
脳機能学が発達したことによって、少しずつ分かってきました。精神世界やスピリチュアルの世界でもこの松果体は、重要であると言われるようになってきました。ここ数年で松果体に関する本はとても売れています。 
ところで、松果体とは、一体何なのでしょうか。なぜ松果体というのかは、「松ぼっくり」みたいなカタチをしてるからです。実際の松果体は、グリーンピースぐらいの大きさです。
実は、松果体は、脳のパーツの中でも特殊な物質でできています。それは、ケイ素です。(ケイ素は、原子番号14の元素で、元素記号はSi)元素が主な構成成分と言われています。
半導体の素材として使われているのはシリコンです。日本語ではケイ素です。水晶は、石英であり成分は酸素とケイ素です。脳の中心には、ケイ素で作られた松果体が入っています。
脳の一番奥にある水晶体ですが、最先端の脳機能学では、この松果体は、光に反応するという説があります。
眼が見えませんが、泳げる魚が存在しています。目が見えなくても光を感知するセンサーがあるから泳げるのです。その魚はどこで光を感知しているのでしょうか。
実は、脳の一番奥にある松果体がセンサーとして光をキャッチしながら泳いでいるのです。松果体は、水晶体の様なもので光を集める働きがあるのです。一般に松果体とは、内分泌器官と言われています。

セロトニン分泌器官

内分泌器官である松果体は、脳内物質を出しています。その物質とは、セロトニンです。 簡単に言うと幸せホルモンであり、幸せ物質なのです。
お金が無かったとしても、目指す学校や企業に行けなかったとしても、友達がいなかったりしても、結婚していなくても、思い通りにいかなかったとしてもセロトニンが出ていたら幸せなのです。
幸せになることができない人は、脳内においてセロトニンが無いからです。お金がたくさんあったとしても、友達がたくさんいても、恋人がいたとしてもセロトニンが出ていなかったら不幸なのです。
幸せになるかどうかは、セロトニンが鍵を握っています。セロトニンを分泌する松果体は、ケイ素でできています。その松果体を活性化する方法はあるのでしょうか。
その反対に、活性化していなかったらどうなるのでしょうか。実は活性化していなかったら停止します。松果体が停止するとは、ケイ素が働かなくなることです。カチカチになるのです。これを石灰化と言います。
灰になってしまいます。非常に恐ろしいことです。自分の脳の一部が、灰になっていくのです。松果体が石灰化していくと、簡単にセロトニンが分泌しなくなってしまいます。
セロトニンがうまく分泌しなくなると幸せを感じにくくなりますが、そのようなお爺さんやお婆さんがんがいます。幸せを感じてなさそうな雰囲気がにじみ出ています。老後はそのようにはなりたくはないと誰もが思います。松果体を活性化させることは、幸せな人生を歩むために最も大事なことです

松果体活性化には光を見る

松果体を活性化させるキーワードは、「光」です。光を見た松果体は活性化しやすいと言われています。その光とは、どのような時に見るのでしょうか。
電球の光では効果がありません。最も良いとされている光が、「朝日」です。夏の朝であれば、朝4時半ごろから5時頃でしょうか。「朝日」を見た時の気持は非常に爽快です。浮かび上がる「朝日」を見る瞬間は幸せで、豊かな気持ちになったと感じたことがあるのではないでしょうか。「朝日」を見たら不幸なことやネガティブなことを考えにくくなります。
その理由は、松果体が活性化するからです。松果体が活性化するとセロトニンすなわち幸せホルモンが分泌されるのです。これが重要です。
他にはどんな光があるでしょうか。それは「炎」です。「炎」をじっと見ていたらあらゆる悩み、あらゆる苦しみ消えます。燃やし尽くされるような気持ちになるのです。「炎」の光を見ていると徐々に松果体に光のエネルギーが集まってきます。

眉間を意識する

そして、活性化していくのです。その活性化する場所とは、目と目の間、眉毛と眉毛の間です。この部分を「第三の目」とか「サードアイ」とか「天眼」と呼ばれたりします。
この「天眼」のところからは、レーザービームのように光が入ってきます。脳の一番奥に光が届くのです。松果体からもセンサーのようにキャッチする力があります。松果体の奥から出ているセンサーは見えないものをキャッチする力があります。
水晶は、ケイ素からできています。水晶は、見えない世界がエネルギーをキャッチするためのアイテムです。占い師も水晶玉を置いて未来を占ったりするのに利用します。
見えない世界をキャッチする力が、ケイ素にはあるのです。水晶を使わなかったとしても、人間の脳の一番奥には、ケイ素でできている松果体という水晶体があります。
どのようにしたら松果体が活性化するのか、その方法は光を見ることなのです。最近、頭の中がごちゃごちゃして悩みが多く、苦しみが多いと感じて落ち込んでいた場合は、「朝日」やろうそくの「炎」をじーっと見つめるのです。その時、眉間を意識することで、効果的に活性化されます。
第三の目を意識するということです、光が吸収されているところを意識していると徐々に目覚めてくるのです。人工知能が進化していく中において、考える力は、人工知能 に負けるかもしれません。
しかしながら、人間には、直感力があります。人の気持ちを感じたり、見えない世界の波動を感じる能力です。これからの時代、人工知能に負けないためにも、松果体を活性化させることは極めて重要になります。
昔の偉人で哲学者のデカルトがこう述べています。「この松果体は、魂の在り処」と。の一番奥の松果体は、肉体と魂をつなぎとめる感覚器官なのです。
これからの時代、この松果体が目覚めて活性化している人と活性化していない人では、大きな差が生じていきます。松果体をいかにして覚醒させて、目覚めさせていくかは、これからの時代間違いなく重要になります。

参考文献:YouTube、#羽賀ヒカル悟りをもたらす松果体活性化・覚醒の方法

URL<https://www.youtube.com/watch?v=G9Fid9O3ito>アクセス日:2020年8月8日

ブドウ糖を多く含む食物は腸を痛める、URL<https://june-rose.com/%e3%83%96%e3%83%89%e3%82%a6%e7%b3%96%e3%82%92%e5%a4%9a%e3%81%8f%e5%90%ab%e3%82%80%e9%a3%9f%e7%89%a9%e3%81%af%e8%85%b8%e3%82%92%e7%97%9b%e3%82%81%e3%81%a4%e3%81%91%e3%82%8b/>


まとめ

脳のトラブルの原因は、100%脳内のエネルギー不足であり、エネルギー不足のために、頭の中が正常に働かない。

松果体はケイ素すなわちシリコンでできている。脳内の水晶のようなものである。

松果体活性化には光を見る。太陽の朝日やろうそくの炎が効果的である。

活性化のためには眉間を意識する。


Amazonの紹介欄

高次元シリウスが伝えたい 水晶(珪素)化する地球人の秘密 (日本語)

松果体革命: 松果体を覚醒させ超人類になる! Kindle版

松果体を活性化すると幸福になる
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG