気になる情報

気になる情報

疑問に感じる世の中の出来事を読み解く

  • 2021年4月15日

天海は明智光秀の甥の明智左馬之助だった

 この記事の概要 天海は明智光秀の甥の明智左馬之助だったのです。天海が生まれた年と左馬之助が生まれた年が同じです。天海の墓がなぜ、大津坂本の慈眼堂にあるのでしょうか。そこは明智左馬之助が関わった地名です。左馬之助は坂本城に戻り自刃した事になっていますが諸説あり不明です。徳川家康とは深い関わりがあったようなのです。 明智光秀は天海だったのか 家康の側近としての参謀として活躍した南光坊天海は、明智光秀 […]

  • 2021年4月10日

明治維新の騙しと東京裁判の嘘はもう通用しない

この記事の概要 明治維新の騙しと東京裁判の嘘はもう通用しないのです。明治維新と東京裁判の虚構の歴史が、日本人を二重に歴史が分からない様にさせました。明治の元勲たちは自分たちが国際金融資本家の孫請けと分かっていて独立国に戻ろうとしていましたが、戦後は全くそれがなくなりました。ここに来て再び、多くの人々嘘の歴史に気付き日本を取り戻そうとしています。 日本は明治維新からロスチャイルド家に支配 ロスチャイ […]

  • 2021年4月9日

明治維新から植民地支配が始まっていた

この記事の概要 明治維新から植民地支配が始まっていたのです。ロスチャイルドにとっては、日本の国益を考えているしっかりした人物は必要なかったのです。200%自分たちの言うことを聞く人を選び、金と名誉を与えてコントロールするのです。松方正義こそ日本を戦前に国際金融資本のロスチャイルド家とズブズブの関係にし植民地化した張本人です。 明治の最も重要人物 明治の国づくりにおいて、一番象徴的な人は、松方正義で […]

  • 2021年4月7日

明治維新の背後にはロスチャイルド家がいた

この記事の概要 明治維新の背後にはロスチャイルド家がいたのです。幕末における明治維新の戦いや明治政府成立後の近代国家としての経済と政治の体制づくりは、全てパリとロンドンのロスチャイルドの指導で行いました。欧米の文明が何百年もかけて築き上げた資本主義・経済の制度や近代的な政治制度、民主的制度を10年そこらで下級武士出身の人々が創造できるわけがないのです。 明治維新の背後に何かがあった 明治維新の原点 […]

  • 2021年4月6日

太平洋戦争は国際金融資本が画策し日本を敗北

この記事の概要 太平洋戦争は国際金融資本が画策し日本を敗北させた戦争でした。日本の戦略は絶対にハワイを叩いてはいけないということで決定していました。そのアメリカ世論を眠らせたままにしておく事が戦争戦略の肝だったのですが、それを全部ひっくり返すことを真珠湾攻撃で行ってしまったのです。 東京裁判の不可解な謎について 第二次世界大戦、大東亜戦争は、国際金融資本が戦略を画策し、日本を敗北させた戦争でした。 […]

  • 2021年4月1日

メドベッドは3分程度で人体全体を再生

この記事の概要 メドベッドは3分程度で人体全体を再生します。頭のてっぺんから爪先まで全てに効力を及ぼします。メドベッドとは、あらゆる病気を治す量子ヒーリングベッドです。人類に隠された宇宙テクノロジーの中にメドベッドが含まれています。視覚、聴覚、味覚、全て元に戻ります。完全な状態に回復されているのです。 量子ヒーリングベッド メドベッドとは、あらゆる病気を治す量子ヒーリングベッドです。人類に隠された […]

  • 2021年3月31日

信長が式年遷宮を再開させた伊勢神宮

この記事の概要 信長が式年遷宮を再開させた伊勢神宮は、神秘性を持つ神社であり「古代イスラエル人の幕屋」なのです。式年遷宮を再開させたのは、祭司としての深い関わりがあった忌部氏の子孫だったからです。信長は、イエズス会の宣教師たちの教えと合致するものも見えましたが、相容れぬものを感じたことも多かったはずです。天下統一が見えてきた信長はすでに海外に目を向けていたのです。 伊勢神宮に置かれている八咫鏡の謎 […]

  • 2021年3月28日

信長は伊勢神宮を支援した武将

この記事の概要 信長は伊勢神宮を支援した武将でした。宗教音痴の日本人は織田信長の神道に対する篤き信仰を取り上げていません。伊勢式年遷宮はそれまで、約120年間、財政上の理由などで途絶えていましたが、信長の援助により再開できました。信長が忌部氏の子孫でありイスラエルの血統と関係している所以でもあります。 信長は伊勢神宮を支援した 信長は、伊勢神宮の「式年遷宮」を再開させています。信長の支援がなかった […]

  • 2021年3月26日

世界史的天才信長は武士としても侍の中の侍

この記事の概要 世界史的天才信長は武士としても侍の中の侍と言える人物でした。侍を(shamar-ai)「守る者」から来たと解釈しています。この点から見てみると、侍はヘブル語が起源とされています。侍は生きるべき時には生き、戦うべきには戦い、死ぬべき時には潔く死ぬことを旨とした人々でした。 侍(サムライ)の起源 世界史的天才信長は、武士としても侍の中の侍と言える人物でした。ヨセフ・アイデルバーグ氏は、 […]

  • 2021年3月24日

安土城は神殿だった

この記事の概要 安土城は神殿だったのです。安土城は琵琶湖の東海岸にありました。琵琶湖はイスラエルのガリラヤ湖に形がよく似ています。ガリラヤ湖は古代にはキンネレテ湖すなわち、ハープの湖の意味でした。古代イスラエル人の血統を受け継ぐ信長は神殿を建てる場所を意識していたに違いありません。 天下統一への野望 織田家は忌部氏の子孫でした。宗教的儀式を行う家系だったのでしたが、のちにサムライになりました。しか […]

週間人気記事ベストテン

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG