CATEGORY

社会

  • 2020年6月23日

三峡ダムとインド中国の争いの行方

この記事の概要 三峡ダムとインド中国の争いの行方が今後どのように進むかが注目を集めています。中共は水害、疫病、蝗害、多くの国との争いが勃発しています。核保有国である超大国インドとの関わりが懸念されています。中共は意外とオカルトの国です。これだけ災が重なると、天の意思、天命のように思えてきます。 三峡ダムの上流での水害 三峡ダムそのものというよりは、三峡ダムの上流が、6月の11日ぐらいから、異常気象 […]

  • 2020年6月20日

三峡ダムがついに動き出した

この記事の概要 三峡ダムがついに動き出したようです。ダムが実際に十数メートル動いたとのことです。台湾の報道機関は、三峡ダムが決壊し場合の被害は、死亡者が6億人になると伝えています。中国の動乱によって、日本には生活必需品がなくなり、食糧危機の恐れが迫っています。 台湾の報道では 日本では、ほとんど報道されていない三峡ダムについて、台湾の報道機関は、三峡ダムが決壊し場合の被害は、死亡者が6億人になると […]

  • 2020年6月18日

南北連絡所電撃爆破の狙いは

この記事の概要 南北連絡所電撃爆破の狙いは緊張状態を朝鮮半島につくり出すことによって、アメリカとの経済制裁解除の交渉を有利に持っていくとが考えられます。南北合同連絡事務所は文在寅大統領の北朝鮮政策の象徴的な存在でしたが、経済制裁の解除に進展しないため北側は大変憤っていました。これらを理由に、連絡事務所の爆破と非武装地帯への軍の侵入をすることで金与正が実績をつくったのです。 南北合同連絡事務所の爆破 […]

  • 2020年6月2日

コロナ人工削減計画が公共放送で流れた

この記事の概要 コロナ人工削減計画が公共放送で流れたのです。これはロシア公共放送は、「人と法律」という番組で放送しました。その内容は、ビル・ゲイツのコロナウイルスの取り組みに関するものでした。人工ウイルスに関することは、ネット上の陰謀論とみなされていました。ところが、現在では、公共放送で扱われるまでになっています。 ビル・ゲイツのコロナウイルスの取り組み 4月24日、ロシア公共放送は、「人と法律」 […]

  • 2020年5月31日

米中戦争の号砲が鳴らされた

この記事の概要 米中戦争の号砲が鳴らされたようなトランプ大統領の10分間のスピーチでした。その内容とは、「アメリカの香港に与えている貿易上の優遇措置を剥奪する、アメリカは WHOから離脱する、中国人のビザを停止する」というものです。このスピーチに至った大きな要因は、ウイルスでアメリカ人の犠牲者が10万人を超えたことです。 トランプ大統領の10分間スピーチ トランプ大統領の10分間スピーチには、米中 […]

  • 2020年5月28日

集団免疫を獲得するスウェーデン

この記事の概要 スウェーデン では、ロックダウン をしないで、自主性を尊重し、活動してきました。早ければ5月中に、集団免疫を獲得する可能性が出てきたというニュースでした。 日本は桁違いに死者数が少ない 日本は、コロナウイルスによる死亡者が大変少ないことで注目を集めています。その理由として、最近分かってきたのは、実は既に集団免疫が確立されていたと言うことなのです。 それは、2003年にサーズが中国で […]

  • 2020年5月27日

日本人はなぜコロナウイルスに強いのか

この記事の概要 日本人はなぜコロナウイルスに強いのかの要因が分かり始めてきました。少なくとも日本人には、この新型コロナに対する免疫が一部存在していることが分かってきたようです。今のところ言われているのは、2003年のサーズの発生後に、コロナウイルスで弱毒化したものが断続的に東アジアで発生していたというのです。 感染の抑止に成功 日本は感染者数や死亡者数も先進国・主要国のなかでは例外的に少ないのが実 […]

  • 2020年5月19日

新型コロナの陰で食糧危機が忍び寄る

この記事の概要 新型コロナの陰で食糧危機が忍び寄る状況が出てきました。多くの食料があるのに、食糧危機になる恐れがあります。原因は、新型コロナの自粛の影響で、輸出規制による物流の停滞が起きているためです。 食糧危機 新型コロナの影響で、食糧危機・飢餓・暴動・戦争が起ころうとしています。 新型コロナが原因で、食料危機が起きます。その理由は、 輸出規制 物流の停滞 買いだめ・備蓄 労働者不足 害虫・砂漠 […]

  • 2020年5月17日

オバマゲートの発端となったのはFBIが仕掛けた罠

この記事の概要 オバマゲートの発端となったのはFBIが仕掛けた罠だったのです。それはフリン氏に仕掛けられました。これがオバマゲートです。オバマゲートとは、事実がこんなに不思議な展開をするのかと思えるほどに、嘘が暴かれていきます。 オバマゲート FBIが、マイケル・フリン氏に仕掛けた罠、これがオバマゲートです。オバマゲートとは、本当に不思議な話です。 事実というのは、こんなに不思議な展開をするのかと […]

  • 2020年5月16日

新型コロナは太陽光と高湿度に弱い

この記事の概要 新型コロナは太陽光と高湿度に弱いのです。これは、米国土安全保障長官の科学技術顧問の方からの発表です。ウイルスは太陽光によって急速に不活化させられ、高湿度の場合も早く死にます。しかしながらこの発表をWHOは支持していません。 太陽光に弱い 新型コロナウイルスは、太陽光によって急速に不活化させられます。 この話は、アメリカで最近発表になったものです。太陽光が、もともとウイルスに対して効 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG