CATEGORY

社会

  • 2020年7月9日

6億人にのしかかる三峡ダムの時限爆弾

この記事の概要 6億人にのしかかる三峡ダムの時限爆弾。今回の洪水によっていつ決壊してもおかしく無い状況になってしまいました。南部は、171の河川が警戒線を越える洪水となりました。南の洪水が黒い白鳥であれば、三峡ダムの洪水防止圧力は、灰色のサイであり絶大な危機をもたらす可能性があります。 三峡ダム崩壊の噂 最近の三峡ダムの水位が、上昇し続けているとのことです。中共公式メディアの報道によりますと、現在 […]

  • 2020年7月7日

水を治める者が国を治める川辺川ダムは必要

この記事の概要 水を治める者が国を治める川辺川ダムは必要だと思います。百年に一度と言われるほどの大雨でした。民主党政権によって川辺川ダムが建設中止に追い込まれてしまった経緯があり、治水が思うように進んでいなかったのではいでしょうか。同じような例に同党によって建設中止になった八ッ場ダムがあります。政権交代によって完成したダムが2019年台風19号の被害から人々を救ったのです。 水を治めることは国を治 […]

  • 2020年7月6日

史上最大規模の洪水と特別警報

この記事の概要 史上最大規模の洪水と特別警報が三峡ダム周辺流域では発令されています。2020年は大転換の年です。コロナウイルスだけではなく、大洪水、蝗害、火山の噴火、大地震が予測され食糧危機が迫っています。これは中国だけの問題ではなく日本の九州にも既に大雨特別警報が出され、災害に準備しなければならなくなってきました。 連日の豪雨に三峡ダムが耐えられるか 最近中国南部は連日の豪雨に遭い、大規模で深刻 […]

  • 2020年7月5日

三峡ダムが無差別的に放水している

この記事の概要 三峡ダムが無差別的に放水している状態です。そのため、下流域の街は、もう洪水が起きています。三峡ダムのすぐ下の街、宣昌市は400万人の人口です。ここはもう全て道路が冠水してます。それでも、水をどんどん流さざるを得ない状況です。 洪水危機 昔から三峡ダムの危機性が言われていますが、いよいよ本当に危なくなってきているということです。実はもう三峡ダムは、ダムとしての機能を果たしていないよう […]

  • 2020年7月4日

東京オリンピックの開催を実現するために

この記事の概要 東京オリンピックの開催を実現するために考えられることは、分散化開催の提案がありますが、面白くありません。日本は、死亡超過率が非常に低いのです。開催国国民のワクチン義務化よりは入国者を検討した方がいいはずです。日本は、中国で流行したサーズの弱毒化したもので日本人全体が集団免疫が確立されている可能性もあります。また、222 ナノメートル(nm)紫外線がウイルスを除去し、あらゆる会場をク […]

  • 2020年7月1日

コロナワクチンを国民全員接種するのは遺憾です

この記事の概要 コロナワクチンを国民全員接種するのは遺憾です。日本において、新型コロナウイルスによってどれだけ人が亡くなったのでしょうか。非常に少ない死亡率です。HIVウイルスのワクチンや特効薬ができているのでしょうか。サーズに関しても同様です。HIVウイルスが見つかったのは、1981年です。40年経ってもHIVに完全に効く特効薬もできていないのです。コロナウイルスはたった1年で完成するのでしょう […]

  • 2020年6月28日

三峡ダムが決壊すれば絶望極まる

この記事の概要 三峡ダムが決壊すれば絶望極まるという投稿が関心を集めています。さらに三峡ダムが決壊すれば、宜昌市のみならず沙市、江漢平原、武漢市と京九線の鉄道も壊滅的な被害を受けます。洪水の影響は南京市まで及ぶとされています。つまりその洪水は、凄まじい勢いを保ったまま、長江中・下流のすべてを破壊尽くしてしまうのです。 洪水警戒水位 中共メディアの報道によりますと、「6月21日に、三峡ダムの水位が上 […]

  • 2020年6月27日

三峡ダム上流の小型ダムが土石流で崩壊

この記事の概要 三峡ダム上流の小型ダムが土石流で崩壊しています。三峡ダムの上流にある水力発電用の小型ダムがたくさんあります。そのダムが、土石流で崩壊してしまって、小型のダムがどんどん決壊しているらしいのです。小型のダムが決壊してしまって、大量の水が三峡ダムに流れ込んで水位が上昇しています。 最大の弱点三峡ダム このところ、中国では大雨です。毎年の事ですが、6月7月は、ある種の雨季です。特に、中国の […]

  • 2020年6月26日

三峡ダムの水位がレッドゾーンに

この記事の概要 三峡ダムの水位がレッドゾーンに入りました。中国共産党が、「中華人民共和国建国以来最大の水害だ」と言って警戒しています。雨が多い季節は、145メーター以上がレッドゾーンになります。理由は、145メートル以上に溜まった場合、雨が集中的に降ると急に水かさが増えてダムが危険になります。そのために、145メートルを超えないようにコントロールしないと、豪雨に耐えられなくなります。 危機的状況の […]

  • 2020年6月23日

三峡ダムとインド中国の争いの行方

この記事の概要 三峡ダムとインド中国の争いの行方が今後どのように進むかが注目を集めています。中共は水害、疫病、蝗害、多くの国との争いが勃発しています。核保有国である超大国インドとの関わりが懸念されています。中共は意外とオカルトの国です。これだけ災が重なると、天の意思、天命のように思えてきます。 三峡ダムの上流での水害 三峡ダムそのものというよりは、三峡ダムの上流が、6月の11日ぐらいから、異常気象 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG