CATEGORY

政治・経済的

  • 2020年4月1日

日本に生産拠点を取り戻す時がきた

この記事の概要 日本に生産拠点を取り戻す時がきたのです。一国依存度が高い製品で付加価値が高い商品に関しては、日本に製造拠点を回帰させる必要が出てきました。生活基礎物資の部分で中国に依存している部分が高すぎるということです。 中国等からの日本への供給停止 中国等から日本への供給停止による日本へのサプライチェーンの影響が懸念されています。 その中で、一国依存度が高い製品で付加価値が高い商品に関しては、 […]

  • 2020年3月25日

世界大恐慌突入が確定的になってきた

この記事の概要 世界大恐慌突入が確定的になってきたようです。オリンピックが延期となり7兆円のGDPが吹き飛びます。消費税10%の増税により不況となっている状況にコロナウイルスにより世界的に経済が停滞しています。 給付金は大規模に 給金も大規模に最低10万円は必要であり、やるべきです。長期的には、恐慌に突入するのを防ぐためには消費税を排除すべきです。 ところが、消費税の減税を麻生財務相は考えていない […]

  • 2020年3月18日

リーマンショック以上の恐慌を日本が乗り越える方法

経済評論家上念司さんのYouTubeからのコメントをまとめてみました。 この記事の概要 リーマンショック以上の恐慌を日本が乗り越える方法は、消費税の減税、給付金の支給は絶対必要です。給付金の支給額を一人20万円にしてもいいはずです。さらに、去年納税した所得税と法人税全を全部返納です。社会保険料は最低3年くらい無料です。そうすれば乗り越えられます。 G7電話会談の効果 G7の電話会談が開かれました。 […]

  • 2020年2月4日

新型コロナウイルスがいかに深刻であり

この記事の概要 新型コロナウイルスがいかに深刻であり、本当の情報を掴んでいるのではないでしょうか。なぜならば中国共産党政府のナンバー2李克強首相が武漢に派遣されて陣頭指揮を取るというのは、大変なことが起きていることを裏付けているかもしれないからです。 海外メディアと国内の報道のギャップ 海外のメディアの情報では、新型コロナウイルスの状況が楽観できるような情報ではありません。国内ではちょっと楽観的な […]

  • 2020年1月21日

ファーウェイの5Gが世界を席巻する時代

ファーウェイの5Gが世界を席巻する時代が到来しています。イギリスがアメリカに同調しない動きがありヨーロッパも同様な動きを示しています。早くから5Gの営業を進めてきた中国が情報の主導権を握りそうなのです。 近い将来の大きな鍵を握るのは5G 近い将来はどのような時代になるのでしょうか。その大きな鍵を握っているのは5Gなのです。 2020年からは、5Gの時代になります。その主導権を握るのはファーウェイ […]

  • 2020年1月1日

最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たち

この記事の要約 最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たちは、流される人間として養成されています。政治、大企業、軍隊、宗教組織にとって、この様な人は、好都合な道具です。目覚めた人間は、学歴も偏差値も必要ではありません。必要なのは、己の可能性と志なのです。 1. 悪魔が利用するのは宗教と教育機関 ナポレオンヒル博士の著書「悪魔を出し抜け!」の中で、悪魔が利用するのは、宗教と教育機関です。 この二 […]

  • 2019年11月9日

韓国が日本を嫌うわけは中華思想

韓国が日本を嫌うわけは中華思想なのです。日本は韓国や朝鮮の人々から見るといまだに心の底では、野蛮国なのです。どんなに彼らに援助しても、謝罪しても政権が変わるたびに、反日運動は続くのです。 中華思想 中央政権制度によって、中国は広大な国土を治めています。この中国式の統治システムをそっくりそのまま受け入れた朝鮮や韓国は、狭い国土の中でそのシステムを徹底させて来ました。 その制度を受け入れた歴史は約50 […]

  • 2018年11月1日

人工知能が人類を支配する666計画

この記事の要約 人工知能が人類を支配する666計画が着実に実行されています。ヨハネの黙示録の予言を実行するためにバーコード、インターネット、クレジットカード、金融に関わる全てのものに666が関係しています。それを管理するスーパコンピュータの名前は「獣(ビースト)」なのです。 1. ヨハネの黙示録による予言666 全人口のマイナンバーのナンバリングが着実に進められました。このナンバリングをなぜしてい […]

  • 2018年4月28日

大英帝国の復活を欧州ロスチャイルド家が目論んで

この記事の要約 大英帝国の復活を欧州ロスチャイルド家が目論んでいるのです。イギリス、アメリカは表裏一体のようなものでイギリスの大英帝国も、インド、オーストラリア、カナダ、アメリカ、アフリカに進出した国です。その復活の画策をしているのではないでしょうか。 パナマ文書 タックスヘイブン ヨーロッパでは何が起こっているのかというとイギリスのEU離脱を決定したのは、国民投票を行った結果でした。イギリスがら […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG