SEARCH

「前世」の検索結果4件

  • 2019年4月3日

神道とゲマトリア数秘術に隠された神

この記事の要約 神道とゲマトリア数秘術に隠された神は、日本の八という数字に表されています。八には意味があり、ゲマトリア的には、イエスのことを指しています。漢字の八をちょっと平たくすると、ヘブライ語のヘイにそっくりなのです。ヘイという文字は、神様を表します。 1. ゲマトリア数秘術 ゲマトリア数秘術とは、カバラのことです。数字には、意味があります。旧約聖書はヘブライ語、新約聖書はギリシャ語で書かれて […]

  • 2019年3月5日

前世の記憶はいつ入るのでしょうか

この記事の要約 前世の記憶はいつ入るのでしょうか。受精した時でしょうか。誕生した時でしょうか。、瞳の奥にその人の今まで歩んできた前世の記錄が込められています。前世で行った行いの結果を現生で清算し次のステージへ向かう準備が出来たら、地球から旅立つのでしょう。 ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック) 1. 生まれ変わり 遺伝子の中に生まれ変わりの情報が入っているわけではありません。生まれ変わりとは、 […]

  • 2018年5月21日

中間世は転生と臨死体験の謎を解く

この記事の要約 中間世は転生と臨死体験の謎を解く鍵になります。2歳3歳の子供にお母さんのお腹の中に来る前どこにいたのと聞くと例外なく「空にいた」というのです。子供達は皆雲の上にいたと言います。生まれ変わりの時期が来ると一旦赤ちゃんになるのではないでしょうか。 死と臨死体験 視点を変えて人の生まれ変わりをみてみると色々あります。死後の世界をよくよく見ると、一貫してない謎というか矛盾が感じられます。 […]

  • 2018年1月7日

最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たち

この記事の要約 最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たちは、流される人間として養成されています。政治、大企業、軍隊、宗教組織にとって、この様な人は、好都合な道具です。目覚めた人間は、学歴も偏差値も必要ではありません。必要なのは、己の可能性と志なのです。 1. 悪魔が利用するのは宗教と教育機関 ナポレオンヒル博士の著書「悪魔を出し抜け!」の中で、悪魔が利用するのは、宗教と教育機関です。この二つ […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG