SEARCH

「不思議」の検索結果24件

  • 2020年2月21日

アメリカで死者1万人超インフルは新型コロナかもしれない

この記事の要約 アメリカで死者1万人超インフルは新型コロナかもしれないとの疑いがあります。麻酔科医の筒井冨美氏は「インフル患者とされた人の中には相当数の新型コロナ患者がいる恐れがある」と述べています。CDCが記者会見(2月14日)で、「新型コロナの検査対象を大幅に見直す」という発表をしたのでした。 米国インフルは新型コロナかもしれない プレジデントオンラインによりますと、死者1万人超「米国インフル […]

  • 2020年2月9日

タイム・トラベルをしようとしたらどのような方法

この記事の概要 タイム・トラベルをしようとしたらどのような方法が考えられるでしょうか。生身の肉体で行うことは今の科学では非常に難しいようです。意識レベルの方が可能みたいです。それよりも過去のトラウマや未来の不安の苦みを受け入れた上で、今というこの瞬間を生きると過去も未来も変わるのです。 タイム・トラベルが可能なのか タイム・トラベルは可能なのでしょうか。2009年にホーキング博士が意味のわからない […]

  • 2020年2月1日

人造コロナウイルスの脅威と対策法

参考文献・一覧表:YouTube 「東京オリンピック・・・!・・・中国新型コロナウイルスのヤバさ」がYouTubeに上がっていたので、まとめてみました。 画像:CNNから引用 非常事態宣言が発令されている現在、対策方法をみんなで分かち合う必要があると思いました。 この記事の概要 人造コロナウイルスの脅威と対策法は自然界の空気が綺麗な環境の一つである山小屋などに病人を一人で寝かして、放置し、本人の免 […]

  • 2020年1月31日

君が代はヘブライ語で日本の中に溶け込んでいる

この記事の概要 君が代はヘブライ語で日本の中に溶け込んでいるのです。古代イスラエル人が日本に来た痕跡がたくさん残っています。これを否定できても、系統樹の進歩により日本人のDNAの40%が古代イスラエル人と近い関係があることが証明された現在ヘブライ語が残っていることは否定できません。 イスラエルの散乱 神の民となったユダヤ人と呼ばれるイスラエルの民の子孫が紀元70年から世界に散っていきました。 西暦 […]

  • 2020年1月29日

8は無限大を表現し8を意識することで龍神のパワーを得る

この記事の概要 8は無限大を表現し8を意識することで龍神のパワーを得るのです。力があるとされる8つの神社を訪れて、その効力を受けてみることも人生の転機です。自分自身の頑張りだけでは太刀打ちできないと感じたら自然体で身を任せることも大切です。 「龍使い」になれる本  Audible版 – 完全版 8を意識する 8月8日は龍の日と言われています。8の数字は永遠に止まらない […]

  • 2020年1月23日

岩手県奥州市河童のミイラは雷神雷獣だった

この記事の概要 岩手県奥州市河童のミイラは雷神雷獣だったのです。火事除けに雷神雷獣の代用として猫のミイラを屋根裏に祀られていました。それを誰かがカッパと言ってしまったので噂が広まってしまったのです。 カッパのミイラ カッパといえば妖怪の想像上の生き物を思い浮かべます。実在する宇宙人的カッパやユーマ的カッパもいれば、人魚もそうですが、カッパのミイラがかなり多く存在しています。 他には鬼のミイラや龍の […]

  • 2019年12月13日

命という共通性に意識を向けることは三の概念なのです

この記事の概要 命という共通性に意識を向けることは三の概念なのです。二元論は異なるところに目を向けるために対立が生まれます。命の共通生に意識を向けなければ三という概念が生まれません。三が出てくれば二元論の科学を超える知恵が出てきます。これが三の中心命題なのです。 二元論による支配 現在の世の中は二元論世界に支配されています。 二元論世界とは、「男と女」、「はいといいえ」、「善と悪」、「幸と不幸」、 […]

  • 2019年12月6日

即位礼正殿の儀で見た雨上がりの虹の意味

この記事の概要 即位礼正殿の儀で見た雨上がりの虹の意味は神が天皇陛下を祝福したのです。三種の神器の叢雲の剣は、雲を出し、雨を降らせ、禊をしたのです。このときに神と契約を交わしました。そして、虹が現れたのです。 正殿の儀 2019年5月1日から令和です。天皇陛下もご即位なさいましたので、時代が変わっている気がします。 正殿の儀(即位礼正殿の儀(そくいれいせいでんのぎ)は、即位の礼の中心となります。そ […]

  • 2019年11月29日

剣山に眠るアークを守るために巡礼による結界をつくった

この記事の要約 剣山に眠るアークを守るために巡礼による結界をつくったのです。四国88箇所めぐりは天の星座の数と一致し、剣山の周りに結界を張り巡らす役割を果たしています。失われたイスラエルの10支族は確かに日本に来ているのです。 徳島県の剣山に眠っているアーク 徳島県にある剣山は古代日本の秘密がたくさん隠されています。剣山には日ユ同租論の鍵となるものが多くあります。世界中が血眼になって探しているほど […]

  • 2019年11月27日

失われたイスラエルの十支族と聖徳太子の関連とは

この記事の要約 失われたイスラエルの十支族と聖徳太子の関連とは系統樹をたどると判明します。聖徳太子は皇族です。失われた十支族の王はエフライムの支族です。その支族が天皇家をつくり日本に定住したと考えられています。 聖徳太子 聖徳太子は、教科書においては実在しない人物だったという扱いになっています。 もともと日本史における聖徳太子は、ほとんどが史実ではなく脚色されていたものだと昔から言われていました。 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG