政府の借金が国民の借金にすり替えられ

政府の借金が国民の借金にすり替えられ

この記事の概要

政府の借金が国民の借金にすり替えられています。インテリ、リベラルなコメンテーターが、政府の借金を国民の借金として、180度逆のことを言っているのです。このようなことを発信する人たちは、国民の味方のような顔をしていますが、自分の生活は安定しています。


子供にツケを回すな

あるコメンテーターが、テレビでよく発言することがあります。それは、「日本は、一千兆円の借金がある」と。したがって、子供一人当たり800万円の借金になるので、「子供にツケを回すな」というような話の内容です。このコメンテーターは、非常にお怒りになっておりました。
番組の内容は、いわゆるインテリ、リベラルのどちらもほとんど一緒ですが、その人たちが、庶民を痛めつける番組です。体裁は、庶民のための番組のように装っています。
この話の場合は、政府の借金である一千兆円を国民の借金として、180度逆のことを言っているのです。多くの国民が、「借金のツケを子供たちに回さないで欲しい」という思いでいます。

政府に借金があるのであって国民にはない

政府は、一千兆円の借金があります。その借金のお金を出しているのは国民です。ですから、国民は、政府にお金を貸しているのです。政府は、借金をしているので、日本国が一千兆円の借金をしてるわけではありません。
日本国は外国に対して、350兆円の貸越、つまり貸しているのです。借金ではなく、貸金であり、債権があるのです。日本国は全く借金はありません。むしろ債券があるわけです。ただ日本政府は、国民からお金を一千兆円借りています。日本国が借金があるのは、間違いです。
国とは、政府だけではありません。政府や国民、起業家、生産者といった多くの人々が集まって国をなしてるのです。政府のことを国ということが間違っています。
子どもにツケを回すのではなくて、子供に、今は貯金を残しているのです。政府は、私たちの子供に一人当たり800万円の借金をしています。政府が子供たちに、800万円を渡さなければいけないのです。
子供にツケを回という考えは、180度違います。しかし、何故このようなことを日曜日の朝のインテリの方、知識人が出てる番組で、発言をしているのでしょうか。

エスタブリッシュメント

特徴として、このインテリたちは、国民が何が分かって、何が分からないのかをよく知っています。彼らは、頭が非常に良いのです。その頭脳を日本や国民のために使うのではなく、自分のために使います。
顔をよくみればよく分かります。「この人は自分勝手だから、あまり近づかない方がいいな」と分かります。その人たちの特徴は、眉間にしわを寄せて、不安を煽ります。例えば、「政府には一千兆円の借金があって、これは子どもたちにツケを回すことになりますから、なんとかしなきゃいけませんね」と述べます。彼らが、言ってることは全て嘘です。もちろん自分自身も、嘘であることを知っています。
もう一つは、眉間にしわを寄せて、困ったように言いますが、実は自分自身、全く困っていません。テレビに出ているインテリの皆さんは、実は金持ちです。800万円などは大した金額ではないのです。秩序が壊れることが問題です。今の日本の状態が壊れるのが困るのです。
何故、壊れるのが困るというと、最近のアメリカで言うところのエスタブリッシュメントです。つまり自分はいいところに生まれて、名門大学を出て、有名企業に就職し、財産を持ち、お金も持ち、家も所有している階級であるということを壊されたくないのです。
エスタブリッシュメント(英語: Establishment)とは、「社会的に確立した体制・制度」やそれを代表する「支配階級」を言う。 政治学では、政治を「エスタブリッシュメント間の抗争」と捉えることもある。
引用元:ウィキペディア (Wikipedia): フリー百科事典 最終更新 2020年3月15日 (日) 10:40
ですから、一生困らないで過ごしていけるし、子供も名門私立学校に入学させることができます。いわゆる、リベラル弁護士、テレビタレント、文化人たちは、お金をたんまり持っているのです。いかにして国民を騙し、今の状態を持続させられるかということです。
例えば政府が、一千兆円の借金があると大変なことになります。政府が国民に一人当たり800万円返さなければなりません。財源はどうなるかと山ほど議論をします。そうすると日本が不安定になります。

国民の借金にしておく

ところが、国民の借金にしておけば、別にどうってことないのです。政府は返さなくてよくなります。政府は、一千兆円借金し、今後その借金を国民に返すため、国民から消費税を取ることになりました。国の借金と言い換えて、国民から消費税を徴収し、その消費税で、国民に返す考えにすり替えました。国民から、借りたお金を国民に返すのに消費税を徴収するのです。
現在は、そのような仕組みです。その仕組みをリベラルの人や左翼の人、インテリの人、テレビのMC、お金持ちが皆、口を揃えて言うのです。
それはどうしてかというと、自分が国民の味方のような顔をしていますが、実は自分は生活が安定しています。彼らはおよそ、2000万円くらいの年収を持っている人たちです。ですから何にも困りません。
騙されるのが主婦です。ほとんど騙されています。「子供にツケが回るから、なんとか私たち節約しなきゃ」と言います。私たちは政府にお金を貸しています。自分のお金です。
例えば、貯金したお金が、自分の郵便貯金に100万円が残っているとします。その100万円が実は、貯金通帳に預金通帳に残っているだけで実はもうありません。政府が使ってしまいましたから。
それがバレないうちに、国民から消費税という形でお金を徴収して、使った分を補填しておかなければいけないのです。国民の借金とは、リベラの人が言っている嘘です。リベラル、インテリは、庶民の味方を装って常に自分の利益を確定しようとします。頭がいいと言ってもずる賢いのです。ずるくて頭がいいのはね日本人の特徴かもしれません。こう言った特徴の日本人は、後から来た人たちです。
先住民族は、頭も良かったがそれ以上に人が良くて騙されやすい人々だったとあります。
リベラルとかインテイリは、財産や地位を脅かされないということはよく知っています。自分の人生よりも、子どもの人生が、孫の人生が大切です。自分の命は、子どもに伝わり子供の命は孫に伝わります。だから子孫が繁栄する、日本国が繁栄しなければなりません。リベラル、インテイリのように、自分のことを考えたら、日本国はダメになります。
群は大切です。生物が一番大切にするのは第一に群れです。集団なです。集団がダメになったら全部ダメになります。二番目が子供です。自分の命を託した子ども、子どものいない人も同じです。子どものいない人も日本人の子供です。群れの子供なのです。
この順序が、リベラルには分かっていません。インテリは、大脳を働かせているので、私たちの本当の心の中にある遺伝子の指令を理解できません。その遺伝子は、日本を大切にしなさい言っています。
特攻隊が、自分の兄弟やお母さん、お姉さんを助けようと思って突撃しました。自分の命を捨てたのに助けることができませんでした。東京大空襲があり、原爆が落とされました。残念ながら、お母さんお姉さんも死んでしまいました。しかし、特攻隊が行ったことは非常に偉いことだったのです。

参考文献:YouTube:#武田邦彦 #最新ニュース、【武田邦彦】日曜 朝の番組に気をつけろ!奴らはとんでもない嘘を垂れ流しています!
URL<https://www.youtube.com/watch?v=z05j0Q8E6ck>アクセス日2020年7月14日

まとめ

体裁は、庶民のための番組のように装っていルガ庶民を痛めつける番組が多い。

子どもにツケを回すのではなくて、子供に、今は貯金を残している。

インテリ、リベラルは、エスタブリッシュメントを壊されたくない。

国民から、借りたお金を国民に返すのに消費税を徴収する。


Amazonの紹介欄

99%の日本人がわかっていない国債の真実 ―――国債から見えてくる日本経済「本当の実力」 Kindle版

政府の借金が国民の借金にすり替えられ
最新情報をチェックしよう!

政治・経済的の最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG