ユダヤ国際勢力について話すと陰謀論扱いされる

ユダヤ国際勢力について話すと陰謀論扱いされる

この記事の概要

ユダヤ国際勢力について話すと陰謀論扱いされるのです。そのため保守系の人々でさえこの議論から逃げてしまいます。ソ連が崩壊した後に、ユダヤ系がロシアの実権を握ったとことに対して、ユダヤ系の手からロシア人の手に取り戻したのが、プーチン大統領だったのです。


オルガルヒを潰したプーチン

ロシアの問題について深堀りしていくと、「プーチン大統領は一体何を考えているのか」と、なぜこれだけ世界において、特にメディアのターゲットになっています。
つまり「プーチンが悪者だ」というメディアの報道が、全世界的に報道されています。なぜそうなのでしょうか。

エリツィン大統領時代に、幅を利かせていたオルガルヒがいました。ロシアの新興財閥で、政商とも言われています。

オリガルヒとは、ロシアやウクライナ等旧ソ連諸国の資本主義化の過程で形成された政治的影響力を有する新興財閥。少人数での支配、寡頭制を意味するギリシャ語 ὀλιγάρχης にちなむ。 オリガルヒは欧米・アジアの自由主義国のメディアで、NIS諸国の経済状況についてしばしば使われる言葉である。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2022年5月29日 (日) 21:26での最新版を取得。

オルガルヒは、ロシアの天然資源を握り、メディアを握り、エリツィンの背後に居座りエリツィンを牛耳っていたのです。そのような状況に対して、プーチンが2000年、大統領になってから、オルガルヒを一人一人潰してきました。

ソ連が崩壊した後に、ユダヤ系がロシアの実権を握ったとことに対して、ユダヤ系の手からロシア人の手に取り戻したのが、プーチン大統領だったのです。

トランプを支持するアメリカ人達がアメリカの市民の手に政治を取り戻そうとしたように、ロシアのディープステートの手から自分たちの手に、政治を取り戻そうとしているのと同じ構図です。

だからその従来の国家の枠を超えたものが、ますます前面に出て様々な紛争を操るようになりました。今我々が一般にイスラム国と理解している過激派集団が、国家の枠を越えて現在、活動ししているのはおかしいのです。

かつて、国家の枠を超えて運動があり、ウクライナ危機について結局、どのように行なわれて来たかというと、危機の十年前にオレンジ革命がありました。

このオレンジ革命は誰が行ったかというと、これはアメリカのネオコンが行ったのです。国家を超えたネオコンの背後にいたのがジョージ・ソロスです。ジョージ・ソロスとアメリカ共和党のマケインが事実上組んで行ったようなものです。

URL<https://www.youtube.com/watch?v=FQYkd9BSuDE>アクセス日:2022年6月21日

まとめ

ISELの背後にいる人は、イスラム国を作り、裏から資金援助したり、武器を支援したりしている人とは基本的に同じ部屋の仲間。


紹介欄

ウクライナ紛争 歴史は繰り返す 戦争と革命を仕組んだのは誰だ (WAC BUNKO B 365) 

ディープステート 世界を操るのは誰か

ユダヤ国際勢力について話すと陰謀論扱いされる
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG