生まれ変わり現象の謎が証明された

生まれ変わり現象の謎が証明された

この記事の概要

生まれ変わり現象の謎が証明されたのです。生まれ変わりを研究している大学では世界中の生まれ変わりの事例を調査しています。さまざまな検証として学術的な項目を細かく設定し、それをすべて一つひとつ項目を調査しています。中でも2歳半のジェームズ君の例はあまりにも具体的なので否定しようがありませんでした。


生まれ変わり現象の謎

生まれ変わりのその人にまつわる話題だけではなく、科学的に分析、目標に近づけるために学術術的に、「生まれ変わりまたはリーンカーネーションを研究している大学の学者がいます。

一番有名なのは、アメリカ・バージニア大学、イアン・スティーブンソン博士です。この方は非常に有名で何冊も本を著しています。日本語に翻訳された作品も結構あります。

1960年代にアメリカ合衆国のヴァージニア大学精神科の主任教授に着任する。そこで「前世の記憶を持つとされる子どもたち」が世界中に存在することを知ったスティーヴンソンは、「生まれ変わり」現象について研究を行なう価値があると判断した。 インドでの調査を行った結果、短期間のうちに二十数例を発見する。1987年に最初の著書『前世を記憶する子供たち』を出版し反響を得る。現在までにスティーヴンソンと彼が率いる研究グループは、東南アジアを中心に、前世の記憶を持つとされる子どもたちの事例を2300例ほど集めている。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2022年4月20日 (水) 07:40現在での最新版を取得。

イアン・スティーブンソン博士がお亡くなりになった後、それを引き継いだジム・タッカー博士が、「生まれ変わり」の研究を続けています。バージニア大学とは、「生まれ変わりの研究だね」と言われるくらい非常に有名です。

ジム・タッカー博士

アメリカ合衆国のヴァージニア大学にて児童精神医学を専攻する。後に、同大学の精神科主任教授であるイアン・スティーヴンソンの「子どもの前世記憶」に関する研究に関心を抱くと、1996年よりヴァージニア大学医学部精神科の研究室にて、その研究に従事する。イアン・スティーヴンソンが2002年にリタイアしたため、現在はジム・タッカーが同研究室を引き継ぐ形となっている。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2022年4月22日 (金) 15:13現在での最新版を取得。

欧米が中心ですが世界中の生まれ変わりの事例を調査しています。さまざまな検証として学術的な項目を細かく設定し、それをすべて一つひとつ項目を調査しています。


前世を覚えている子供

例えば、「前世の記憶があった時に両親を覚えているのか」、「いつごろ喋る様になったのか」、その様に、細かい項目を立てて学術的に信憑性を評価するメソッドとして確立しようとした研究なのです。

日本でも研究をしている先生がいます。中部大学の大門正幸先生です。この方は、「生まれ変わりを科学する」と言う本を出しています。紹介欄をご参照ください。

大門先生はバージニア大学のイアン先生の研究を引き継いでおり日本の事例を挙げて共同研究をしています。前世のことを一言、二言覚えているだけといったことから、非常に具体的な前世の記憶などが含まれています。

中でもバージニア大学が分析調査した中で非常に有名な事例があります。それは、「ジェームズ君」と言う男の子の例です。ほとんどが前世の記憶を持っているのは子供です。物心ついて喋れる年齢の子供です。

言葉として記憶を表現する段階になってから、語り出します。言葉を話す様になるのが早いのです。ジェームズ君の場合は1歳10ヶ月です。アメリカの航空博物館に戦争博物館にはいろんな展示物があります。

そこにジェームズ君を連れて行ったところ、展示物の飛行機などにかぶりつきました。その博物館に行った後、「飛行機炎上」とか言い出したりしました。そうやらおもちゃは飛行機が大好きです。「飛行機炎上」と両親は何事かと言うふうに驚いていました。


覚えている前世の内容が詳細だった

ジェームズ君は、2歳半の時には詳細な前世の記憶がありました。その内容とは、「自分は第二次世界大戦の時に、日本軍に撃たれて墜落して死んだ。場所は硫黄島だった。ある任務についていて、同僚にはこの様な人物がいた」と。詳細に述べたのです。

ここまで言うからには、同僚だった人々に確認すべきです。第二次世界大戦の時、硫黄島でミッションを受けて戦った人々との同窓会があります。

そこへジェームズ君を連れていくことにしました。そうしたところ、話が合うのです。「お前あの時のアレじゃないかとか、懐かしいな」とか、「お前あそこにいただろう」とか、「これに乗っていたな」とか、「この機関銃はとか」話が尽きません。2歳半です。同僚もびっくりです。

明らかに硫黄島のミッションにおいて、その場所に配属されていた人物です。名前が「ジェームズ・ヒューストン・ジュニア」という名前です。やはりこのジェームズ君は、当時、硫黄島の任務に就いており、日本からの攻撃を受けてお亡くなりになった人でした。

ジェームズ君は、明らかにこの人の「生まれ変わり」であろうと分かりました。ジェームズ君は、自分のことをジェームズ3世と言います。考えてみるとお父さんもジェームズなのです。ジェームズ・ジュニアが死んで生まれ変わって現世に来たので、ジェームズ3世と言っているのではないでしょうか。

これは典型的な例です。証拠もあり生まれ変わり現象の中でも非常に有名な話です。


参考文献:YouTube:生まれ変わり現象の謎 前編 MUTube(ムー チューブ) 2022年3月号 #4

URL<https://www.youtube.com/watch?v=Kg5V2YI-J_c> アクセス日:2022年5月18日


まとめ

人は何度も生まれ変わってこの現世に来ている。だから人がどんなひどい状態に陥っても神は手を出さない。


紹介欄

「生まれ変わり」を科学する ―過去生記憶から紐解く「死」「輪廻転生」そして人生の真の意味

「魂」の本当の目的 あなたはなぜ「この世」にやってきたのか? 

生物はなぜ死ぬのか (講談社現代新書)

真 地球の歴史 波動の法則2

リターン・トゥ・ライフ ― 前世を記憶する子供たちの驚くべき事例 

生まれ変わり現象の謎が証明された
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG