人工知能が人類を支配する666計画

人工知能が人類を支配する666計画

この記事の要約

人工知能が人類を支配する666計画が着実に実行されています。ヨハネの黙示録の予言を実行するためにバーコード、インターネット、クレジットカード、金融に関わる全てのものに666が関係しています。それを管理するスーパコンピュータの名前は「獣(ビースト)」なのです。

1. ヨハネの黙示録による予言666

全人口のマイナンバーのナンバリングが着実に進められました。このナンバリングをなぜしているのか、そして何が問題なのかと言うと、一つは重要な預言があるのです。

今から2000年前の新約聖書の予言があります。それは十二使徒のヨハネが書いたとされるヨハネの黙示録です。ヨハネの黙示録13章16節から18説

  1. また、小さき者にも、大いなる者にも、富める者にも、貧しき者にも、自由人にも、奴隷にも、すべての人々に、その右の手あるいは額に刻印を押させ、
  2. この刻印のない者はみな、物を買うことも売ることもできないようにした。この刻印は、その獣の名、または、その名の数字のことである。
  3. ここに、知恵が必要である。思慮のある者は、獣の数字を解くがよい。その数字とは、人間をさすものである。そして、その数字は六百六十六である。

2. 映画オーメン

666と聞くと映画のオーメンを思いだします。あの映画は、この予言をまさにベースにしていたのです。反キリスト、獣と呼ばれる人物が主人公のダミアンです。このダミアンが最終的に世界を支配するのです。

映画ではアメリカ大統領になる設定です。アメリカ大統領だけでなく全世界の王になると言うのが聖書の予言なのです。

ここで重要なのは、右手と額に刻印されている点です。獣の名前、獣の数字が刻印され、これがないと買うことも売ることも出来ないのです。ここが大事です。


3. バーコード

商売とは二つあり商品とお金です。これは経済の基本です。ほとんどの工業製品にはバーコードが入っています。日本の製品であれば数字があった時に、左端に4と書いて有ります。これは国番号です。日本の国番号は4です。その右側にいろんな数字が書かれて有ります。その上にバーが書いて有ります。

数字とバーというのは同じ数字を表しているのですが、4であれば4のバーが上にあります。バーがあって数字があります。これが対応しているのです。

パターンが3つ4つあって違うのもありますが、基本的にバーと数字はセットなのです。ところがバーコードをよく見てください。

国番号4は別にしてバーと数字、全部対応しているのですが、数字がないバーがあるのです。両端と真ん中に数字がないバーがあります。同じ太さのバーが、両脇と真ん中にあります。このバーも数字なのです。なんの数字かというと、これが6なのです。


4. 全てに666が仕組まれている

つまり666と入っているわけなのです。バーコードが入った時点で、666が入ったことになるのです。商品に666が入っているのです。よく都市伝説で、日本のコインはを全部足すと666円になります。ジョークみたいな話ですね。

クレジットカードにもバーコードがついています。さらに現在は、電子マネーのビットコインです。

今はキャッシュレスの時代です。ネット通販は、クレジットカードと連結で購入ができるようになっています。

インターネットには必ずアドレスがあります。http://wwwと続きます。world wide wave という意味ですが、wがなぜ3つあるのかというと、英語だとwがありますが、古い言語だとwがなかったのです。

ラテン語だとuもないのです。さらに古くなってくるとヘブライ語のv、wに相当するのばヴァヴだそうです。ヴァヴという文字も棒一本でかける文字です。

וヴァヴv / w

ヘブライ語というのは、実はゲマトリア数秘術で、ヘブライの文字全てが、数字に置き換えられます。それでは、ヴァヴは何かというとwであり、wwwとは666なのです。

インターネットも完全に完全に666なのです。物も、お金も、インターネットも666でシステムが出来上がっていたのです。知らない間にここまで来ていたのです。


5. スーパーコンピュータ「獣(ビースト)」

さらにAIの人工知能は凄いです。チェスから将棋、人類が太刀打ち出来なくなって来ている時代です。さらにスーパーコンピュータです。

一番すごいスーパーコンピュータですが、管理するために用意されたコンピュータがあり、その名前がビーストと言います。すごい名前をつけたと思います。恣意的につけたのでしょうか。まさに、これは確信犯です。獣という名前がついているのですから。一体やっている人たちは誰なのでしょうか。

これは獣に管理されているということなのです。正にリアルな問題です。関係ない人は一人もいません。獣の正体とは誰なのでしょうか。スーパーコンピュータのビーストに管理される日がついにやって来たのです。

世界一のコンピューター ≪京≫を抜いたアメリカのIBM社製のスーパーコンピューター「獣(ビースト)」は、人間の頭脳をはるかに凌駕(りょうが)する能力を持っていると言われています。

人間の感情を読み取れると言うのですから驚きです。人間を一個の個体として管理するだけではなく、その人物が「何を考えているのか」「何を感じているのか」などと思考を読み取れるのです。

このビーストの前では、人間の考えは見抜かれてしまいます。世界政府に対する反乱などを企てれば、たちまち計画を見抜かれます。その政府に対して反発する感情をもっただけで即座に見抜かれます。そして、一生涯マークされ続けられるのでしょう。

アメリカは世界中のありとあらゆる通信を傍受する通信施設「エシュロン」を導入しています。携帯電話やインターネットの通信記録から、あらゆる情報分析が可能だと言うのです。


まとめ

全人口のナンバリングはヨハネの黙示録の予言666

バーコード、インターネット、クレジットカード、金融に関わる全てのものに666が関係している

スーパーコンピューターの名前は「獣(ビースト)」


紹介欄

エクサスケールの衝撃 次世代スーパーコンピュータが壮大な新世界の扉を開く

世界の予言2.0 陰謀論を超えていけ キリストの再臨は人工知能とともに

ついに国家が消滅し、人工知能が世界政府を作ります

人工知能が人類を支配する666計画
最新情報をチェックしよう!

スピリチュアルの最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG