パンデミックは製薬企業や支配層に計画された

パンデミックは製薬企業や支配層に計画された

この記事の概要

パンデミックは製薬企業や支配層に計画されたのです。コロナパンデミックで世界中が経済的な大ダメージを受けている反面、ワクチンを作り販売する巨大製薬会社や、ワクチンパスポートやコロナ陰性証明書を開発しているロックフェラー財団は、非常にぼろ儲けしているからです。


パンデミックは計画されていた

2010年に未来のシナリオについて、ロックフェラー財団は、衝撃的なレポートを作成していました。その内容は、まるで2020年に起きた新型コロナパンデミックを予言しているかのようでした。

未来を予測したレポートのタイトルは、「未来の技術と国際的発展に関するシナリオ」でした。そこには、次のことが書かれていました。

新型ウイルスによって世界的なパンデミックが起きるでしょう。そのため、街はロックダウンされます。政府は法律を利用して権力を強め始めることになるでしょう。

マスクが義務化されます。駅や空港、ビルの入り口で体温検査が行われるようになります。これは、今現在の様子が、このレポートに書かれいたことが進行形で起きています。

さらに驚くべき重要なことが書かれています。それは「ワクチンパスポートが必要になる世界になるだろう」との予測でした。そしてロックフェラー財団は自分たちが計画した「預言」に従って、「ワクチンパスポート」の開発を進めているのです。

このレポートの存在をオランダの政治家ティエリー・ボーデ議員が、国会で暴露しました。そのため、新型パンデミックは、製薬企業や支配層たちに計画されたプランデミック(plan +Pandemic)だったのではないかという疑惑が浮上しています。

なぜなら、コロナパンデミックで世界中が経済的な大ダメージを受けている反面、ワクチンを作り販売する巨大製薬会社や、ワクチンパスポートやコロナ陰性証明書を開発しているロックフェラー財団は、非常にぼろ儲けしているからです。


パンデミックの不可解な点

このパンデミックをよくよく考えると、コロナワクチンには不可解な点が多くあります。

  • なぜ、政府は副作用を無視して、ワクチンを執拗に打たせたがるのでしょうか。
  • なぜ、mRNA(メッセンジャーRNA)ワクチンという人類が一度も実用化したことがない新型コロナワクチンが、ほんの数カ月で承認されたのでしょうか。
  • なぜ、モデルナ社は、一度もワクチンを商品化したことがないのに、人類史上初のワクチンを商品かできたのでしょうか。

このように、新型コロナパンデミックや新型コロナワクチンには、不可解な点が数多くあるのです。しかしながら、大手メディアは、偏向報道に終始しています。

インターネットでは、情報源が不明なため陰謀論として扱われるケースが多くあります。

しかしながら、歴史を振り返ってみると、計画されたパンデミックであるプランデミック(plan +Pandemic)と言えるような出来事は過去に、何度も起きているのです。

今起きていることだけを見ていても単なる点の情報に過ぎず、真実は見えて来ません。


プランデミックの歴史は繰り返す

歴史は繰り返します。過去に起きたプランデミック(plan +Pandemic)のような出来事について、巨大製薬会社の利権やお金の流れを丁寧に紐解いていくと、点でしかなかった情報が、一つの線として繋がります。

巨大製薬会社が、どのような仕掛けをし、どのように国民を騙し、どのようにして巨額の利益を得ていたのかが見えてくるのです。

それは、今まで私たちが知らなかった衝撃の真実です。そしてプランデミック(plan +Pandemic)の歴史を知ることで、今日のコロナパンデミックは、何度も繰り返し実験されたパンデミックビジネスのアップグレード版だったということが分かって来ます。


パンデミック予言とワクチンビジネスの闇

2005年1月1日、ジョージ W. ブッシュ大統領は、「パンデミック・インフルエンザ戦略計画」という正式名称のついた381ページに及ぶ計画を発表しました。大統領を囲んだ半分の閣僚は錚々たる面子が揃っていました。
ブッシュは次のように述べました。「現在のところ米国でも世界でもインフルエンザの大流行は発生していない。しかし過去に学べば安心してはいられない」と。
ブッシュ政権は潜在的な危険に備えるため71億ドル(約7450億円)の緊急資金を導入するという法案を速やかに可決するように議会に要求しましたしかしこの後ブッシュは不可解なことを言い始めました。
それは新型インフルエンザの症状を軽減するかどうかわからないタミフルという治療薬をあからさまに指定追加で10億ドル(約1,300億円)の予算の割り当てを議会に要求したのです。
なぜブッシュ政権では、全く感染症が流行っていないにもかかわらず、このような計画を発表したのでしょうか。さらに、タミフルを指定したのでしょうか。
実はこの裏には、世界的な巨大製薬会社として業界を支配する通称ビッグファーマの利権が隠されていたのです。
つづく

参考文献:ユーチューブ、ロックフェラー財団によるパンデミック予言の謎〜歴史上何度も繰り返されたワクチンビジネス裏側(林千勝)

<https://www.youtube.com/watch?v=9s9XEiPfhyA>アクセス日:2021年9月24日


まとめ

パンデミックは巨大製薬会社によって計画された。


紹介欄

知らないほうが……幸せかもしれない コロナワクチンの恐ろしさ 

新型コロナワクチンの闇――厚労省[劇薬に該当]審議結果報告書の意味すること

パンデミックは製薬企業や支配層に計画された
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG