ディープステートの黒幕が殲滅させられた

ディープステートの黒幕が殲滅させられた

この記事の概要

ディープステートの黒幕が殲滅させられたようです。自然災害は今まで通りありますが、今後は、人工地震、気象兵器によるおかしな災害が起きなくなります。光のグループが、闇のグループを封じ込めました。司法取引により多くの不正選挙の証拠、幼児誘拐、悪魔崇拝の儀式などの全容が明らかになります。


人工地震の攻撃がなくなった

自然由来の地震はまだ起きますが、人工地震はもう起きなくなります。例えば、3.11東日本大震災、1.17の阪神淡路大震災のような災害です。熊本地震もオバマ政権の時でした。

このような地震には、必ず日付や時刻に印が残されていました。アメリカ同時多発テロ事件 2001年9月11日8時46分、3.11は2時46分、1.17は、5時46分でした。「46」もカバラでは重要な数字です。ヒトの染色体は23×2で46本です。

東日本大震災は、2011年3月11日。2+0+1+1+3+11=18。阪神・淡路大震災(1995年)1月17日(1+17=18)、熊本は「2016年4月14日→2+1+6+4+1+4=18 (6+6+6=18 「666」)

今後は、直下型の大きい地震は、起こらないと言うのです。トランプ政権になってからの4年間は平穏でした。

人工地震、気象兵器は確かに存在します。ディープステートの脅迫として、それらが使用されていたのでしょう。なんとも卑劣な連中です。

建築基準法のもとに建築された建物であれば安全が確保されたと言っても過言でもないとのことです。でも、自然の地震は起こります。


子供たちの組織的誘拐

組織的犯罪として毎年多くの子供たちが行方不明になっています。世界的な組織による誘拐はもう起きません。

貧しい国々や危険な国では起きています。先進国での組織的誘拐はもう、今後起きないでしょう。アメリカには、有名なエプスタイン島がありますが、FBIが捜査したところ、非常に多くの子供たちの骨が出てきました。

リトル・セント・ジェームズ島は、アメリカ領ヴァージン諸島のセント・トーマス島沖に位置するプライベート・アイランド。有罪判決を受けた性犯罪者で投資家のジェフリー・エプスタインが所有しており、70から78エーカーの広さを持つ。 「罪の島」とも呼称される。また、「小児性愛の島」「乱交島」としても知られている。

ウキペディア:最終更新 2020年12月23日 (水) 01:03

悪魔崇拝の儀式で犠牲になった子供たちを思うと、いたたまれなくなります。これは事実ですがFBIは未だ全容を公表していません。

そこにはオバマ、クリントン、現役の最高裁判事など反トランプ陣営の多くがそこで過ごしていた証拠として上がっています。

子供たちから抽出したある物質を高価な薬として飲んでいましたが、今は手に入らなくなりました。全ての子供たちは救出されています。

日本では、ビルゲイツ氏の軽井沢の別荘がそれであるとの噂があります。誘拐されて見つからなくなっている子供達は、そこにいるのでしょうか。


ディープステートの黒幕が殲滅

ディープステートのトップは、オバマやクリントンではなく、彼らは単に表の顔となっている愚か者の一人に過ぎません。

中国共産党の表のトップたちも同様です。この人々の裏には、何百年と続くヨーロッパの一族たち、これらを操っていたイタリアのある二つの一族、そしてイギリスやフランス、スイスを舞台に貪るように世界を我が物にしてきた者たち、第二次大戦以降に、地下に潜って操作した者たち、今は彼らはもう存在しません。

(これはイルミナティ悪魔の13血流なのでしょうか。アスター家、バンディ家、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ファン・ダイン家、ダビデの血流)

ディープステートとして分かっているのは、地上にいる者たちだけであり、断末魔として踊っているのです。これからは安全な世の中になっていくと言うことです。

現状は多くの司法取引によって非常にたくさんの情報が手に入っています。ある機関の長官であった人物、選挙戦の時に違法行為をして、一部始終が捉えられた人数は数え切れません。

トランプ大統領は戒厳令を強いて、全てを解決しないのかと言うことですが、彼が最も大切にすることは、建国の基本理念を徹底的に遵守する大統領です。戒厳令も大統領の権限であるから憲法違反ではありません。

今アメリカにとって最も大切なことは連邦を維持することです。それが中国共産党に対抗する最も強力なことなのです。

アメリカの州が別れて終えば、共和制の破壊につながります。憲法が維持できなくなります。悪の一味が喜ぶようなことは一切行わないのです。

これからの時代は真実が隠せなくなり正しいことによって動いていく時代になります。そこには大きな意思が働いていることを信じています。


ペンス副大統領が本当に裏切ったのか?

ペンス副大統領を含めてトランプ陣営は大きな意思を持っています。個人が脅かされたり買収される中にあっても、決して揺らぐことはありません。

(過去のペンス氏の動画を見ましたが、熱心なクリスチャンであり、戒めに対してもとても忠実な行動をしているように感じます。特に「姦淫するなかれ」の戒めを犯さないように妻以外の女性とは一対一にならないようにしているとのこと)

トランプ大統領は4年間、中傷誹謗をされ続けてきましたが、揺るがない信念のもと、人類の解放のために戦っています。暗殺未遂は何十回も受けながら、天の意思は憲法を遵守する彼に、新たな剣を授けました。それはヒンズバーグ判事(民主党)が昨年9月に天に召されたことです。

新たな最高裁判事を召すことができました。世の中に偶然はなく、全ては必然の流れだと思っています。憲法を遵守する中で、最高裁の判事たちが、エプスタイン島に行った愚かなロバーツ判事に打ち勝つ時がやってきているのが、天の意思だと思っています。

共和党側のベテランの判事2名がいます。テキサス州の訴えを聞くべきだと言った二人です。トランプ大統領に指名された3名の判事が、テキサス州の訴えをロバーツ判事の恫喝により却下に同意しましたが、今度は、それに立ち向かうでしょう。

泥の中のワニの数が、政府内やホワイトハウスにあまりにも多かったのには驚きでした。疑惑や疑念は今まで必要でしたが、これからは不要です。


参考文献:YouTube、

【第56弾】ワシントンから11回目のショックと感動の伝言が有りました‼️

<https://www.youtube.com/watch?v=zhG_Z93e65A&t=647s>アクセス日2020年12月27日

 

【第57弾】ワシントンから12回目のショックと感動のメッセージが有りました‼️

<https://www.youtube.com/watch?v=mFTiXUxht00>アクセス日2020年12月27日


まとめ

自然由来の地震はまだ起きるが、人工地震はもう起きなくなった。

世界的な組織による誘拐はもう起きない。

何百年と続くヨーロッパの一族たちのディープステートが存在しない。


Amazonの紹介欄

イルミナティ 悪魔の13血流―世界を収奪支配する巨大名家の素顔

ディープステートの黒幕が殲滅させられた
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG