ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔 の要約

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔の相対を表現しています。この世は常に相反するものがありバランスが取れています。カトリックの世界観を紹介し、地球という概念、地表がこの世、天界、地球の外は、10の層になっているのです。一番高いところに神様がいるという説です。


1. ダンテの神曲

ダンテの神曲とは、カトリックの世界観を紹介しています。地球という概念、地表がこの世、天界、地球の外には、10の層になっているのです。一番高いところに神様がいるという説です。

(ダンテ・アリギエーリは、イタリア都市国家フィレンツェ出身の詩人、哲学者、政治家。 ダンテの代表作は古代ローマの詩人ウェルギリウスと共に地獄、煉獄、天国を旅するテルツァ・リーマで構成される叙事詩『神曲』であり、他に詩文集『新生』があります。)
(『神曲』は、13世紀から14世紀にかけてのイタリアの詩人・政治家、ダンテ・アリギエーリの代表作です。 地獄篇、煉獄篇、天国篇の3部から成る、全14,233行の韻文による長編叙事詩であり、聖なる数「3」を基調とした極めて均整のとれた構成から、しばしばゴシック様式の大聖堂にたとえられます)

同じように地球の地下には、球核状、同心円上に世界があって、9つの層になっています。キリスト教の世界は、この世と天国と地獄と煉獄があります。


2. ルシファー

創世記において、神に最も近かった存在があったのです。光の天使ルシファーです。ところが傲慢になって、堕落し、ついに地上に落とされたのです。

落とされたことによって堕天使になり、今日で言うところの悪魔になったのでした。地球の外の10層の一番高い位置に神様がいるのですが、その最も高い位置に近いところにいたのがルシファーでした。

黙示録では、ルシファーは神様に戦いを挑んで破れて地上に落とされました。ここからがダンテの神学であり世界観です。

地上に落とされたのですが、隕石にクレーターができるように地表を突き抜けて落ちて行ったのでした。

結構大きなクレーターができたのです。ついには地球の中心にまで落ちていきました。その大きなクレータは、地球の中心までも見えるほどの深いものでした。神曲では、主人公がそのクレータをどんどん下って行くのです。

地表から9つの層を一つ一つ見ながら、「ここには巨人たちがいるな」、「ここの層には悪魔たちがいるな」といった具合に見ながら下って行きました。

一番底には、ルシファーが氷付で捕らえられているのです。その絵がギュスターヴ・ドレによって描かれています。半分下半身が氷りに埋まった状態です。

(ポール・ギュスターヴ・ドレは、フランスのイラストレーター、画家。 アルザス地方、ストラスブールのニュエ・ブルー通りに生まれ、パリの聖ドミニク通りで没しペール・ラシェーズ墓地に埋葬されました。 15歳の時から画家として活躍しました。)

クレーターとなって凹んだ分、その土はどこへいったのでしょうか。凹んだ分どこかが盛り上がったのです。山となりました。地表から山へ行けば行くほど、天国に近くなるのです。登って行くと天国に近くなります。

ダンテのテーマを熟知していないと、トム・ハンクスの映画は理解できません。トム・ハンクスが主演で面白くない映画はありませんね。ダンテを知ると10倍面白くなります。


まとめ

ダンテの神曲は地球という概念、地表がこの世、天界、地球の外には、10の層になっていて一番高いところに神様がいる


紹介欄

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔

神曲 地獄篇 (河出文庫 タ 2-1)

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔

インフェルノ (字幕版)

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔
最新情報をチェックしよう!

スピリチュアルの最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG