シャスタ山と地下世界の秘密には地上の人々よりも文明や精神世界

シャスタ山と地下世界の秘密には地上の人々よりも文明や精神世界


この記事の要約

シャスタ山と地下世界の秘密には地上の人々よりも文明や精神世界がより発展している人々が住んでいる可能性があります。UFOは宇宙からだけでなく地下世界から飛んできていることも考えられるのです。


聖なるシャスタ山

スピリチャル系の人々にとって、有名なパワースポットです。世界的にも、とてもきれいな場所です。シャスタ山は火山ですが、ネイティブアメリカンであるインディアンの方々の聖地なのです。

神話によりますと、世界で初めて創られた山であると言われたいます。そこには、様々な精霊が宿っており、全体がパワースポットなのです。


神智学の人々が注目する場所

近代神智学を創唱した人物で、神智学協会の設立者のひとりであるブラヴァツキーの流れをくむ神智学系の人たちは、シャスタ山に注目しています。

ここには地下世界があり、聖人、超古代からの英知を守る仙人のような聖人が、住んでいると言われています。


レムリア大陸

神智学の人々の中には、彼らは古代レムリア大陸の末裔だと主張する人々もいます。

このレムリアというのは、一般のレムリアとは違っています。

一般的には、インド洋にかつてあった大陸のことを指します。それは、マダガスカル島とインドの辺りを結ぶ大陸のことなのですが、レムリア狐ザルのレムールに因んでレムリアと名付けられました。

シャスタ山で言われているレムリアとは、神智学で言われているレムリアのことを意味します。それは、霊的な存在のことをレムリア、レムールということなのです。

ブラヴァツキーの世界観からすると、大陸とは浮き沈みがあって、今から24,000年前に太平洋上にとても広大な大陸がありました。その大陸をレムリアと言っていたのです。

チャーチワードの説であるムー大陸と重なるところが非常に多いのです。

ムー大陸は12,000年前ですが、様々な大陸が沈んだために、その影響でムー大陸が出現しました。そんな歴史感の中で、レムリアの聖人が聖地を訪ね彷徨っているうちにシャスタへ移り住んでいるのです。彼らは、その地下世界で今もなお生きています。


シャスタで出会うということ

シャスタ山で出会った動物は、動物の姿をしていますがレムリアの聖人の化身や精霊の化身だとか様々な言われ方があります。

有名なところでは、聖ジャーメイン教会、これも神智系の流れの人たちです。聖にジャーメインとは、ジャーマンと書けばわかると思います。ゲルマンです。

サンジェルマン伯爵と言う人は不死身の父として有名です。歴史の節目節目に現れる全然歳を取らないタイムトラベラーとも言われています。サンジェルマン伯爵もここシャスタに現れているのです。

サンジェルマン伯爵はレムリアの聖人の一人だと言われ方もしています。


様々な地下世界

最近は、地下世界をテロスと言われています。他に地下世界で有名なのはアガルタです。

アメリカだとセドナと言うイメージがあったのですが、シャスタは山です。富士山ほどの急斜面ではない火山です。独立峰で雪をいただいてとても綺麗な4,200メートル級の山です。美しい山なので観光スポットやハイキングの場所として有名です。

セドナはアリゾナ州のフラッグスタッフにほど近い砂漠の町で、周囲を巨大な赤い岩や切り立った峡谷、松の森に囲まれています。温暖な気候、活気溢れるアート コミュニティで知られていて、町の山手には、ニューエイジのショップ、スパ、アート ギャラリーが密集しています。町はずれには、レッドロック州立公園に入る多数のトレイルの起点があります。園内では、バード ウォッチング、ハイキング、ピクニックができます。

セドナの旅行ガイド

カルフォルニアですからサンフランシスコからそれほど遠いところではありません。

ハイキングに行って軽い気持ちで地下へ行った人たちの都市伝説がたくさんあります。

ワンダーランドみたいなところがあるのですが、シャスタ山というのは山脈が走っています。カルフォルニアからかなり北上して、アメリカ大陸の西海岸、カスケード山脈があります。

カスケード山脈の中で、二番目に高いのがこのシャスタ山なのです。高い山で水がとても綺麗です。ミネラルウォーターで有名なものがあります。


UFOはどこから

山脈で一番目に高い山は、レーニア山です。これはワシントン州になります。シャスタ山はカルフォルニアですが、ワシントン州のもうちょっと北のところにレイニア山があります。

レイニア山こそ、今から70年前に、ケネスアーノルドがUFOの編隊を見たところなのです。カスケード山脈の上空にUFOの編隊が現れて、これが世界的に有名になったのです。

ここはやっぱり何かある場所です。UFOはどこからくるのでしょうか。宇宙からだけではなくて、地下から来ているのではないでしょうか。

地下都市テロスから来ている可能性もあります。となるとあらゆる地下都市は、シャンバラにつながっていることも考えられます。一説では富士山の中にある地下都市ともつながっているようです。

地下なので、どこともつながる可能性があります。シャスタ山がどこにあるのか調べてみたら位置的に青森県の位置と同じです。八甲田山か恐山と関わりがあるのでしょうか。または白神山地、岩木山かもしれません。

あのあたりは神秘的な場所です。岩木山といえば、木村さんです。UFOを見たと言われています。

日本のシャスタでしょうか。飛騨山脈の方は、日本アルプスと言いますが、日本のシャスタといえば、まさに岩木山なのです。


古代の地球では地下世界が発展していた

月が地球の重力に引き寄せられる前の地球は、ユートピアだったと木内氏の臨死体験で説明されていました。

月から降り注いだ海水が現在の地球にしたのです。各地での洪水伝説は、このことから来ています。

洪水に遭う前の地球の重力は、現在の6分の1だったと言われています。それによって、人類も今よりは大きかったようです。今では考えられないほどの巨大な人骨が出土しているのはそのためです。

水は澄んでいて、真水でした。海は真水だったようです。現在のような大きな海ではなく大陸が海よりも広く面積を占めていました。

人類は主に地下都市を形成し、穏やかに平和に暮らしていたようです。


まとめ

シャスト山は有名なパワースポット

レムリアとは神智学的に霊的存在

シャスタ山付近には地下都市がある

UFOは宇宙からだけではなく、地下都市からも来ている


Amazon紹介欄(商品リンク)

[新装版]シャスタ山で出会ったレムリアの聖者たち 《レベルMAX/未知の文明世界》はわれわれの到達を待っていた

レムリアの真実 シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ

レムリアの叡智―シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ

新しいレムリア―シャスタ山の地下都市テロスからのメッセージ


シャスタ山と地下世界の秘密には地上の人々よりも文明や精神世界
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG