https://life.jah.tokyo/8%e3%81%af%e7%84%a1%e9%99%90%e5%a4%a7%e3%82%92%e8%a1%a8%e7%8f%be%e3%81%978%e3%82%92%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%a7%e9%be%8d%e7%a5%9e%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc/

新型コロナウィルスは生物化学兵器

  • 2020年1月30日
  • 2020年6月8日
  • 社会

この記事の概要

新型コロナウィルスは生物化学兵器中国の生物化学兵器だった可能性があるということをアメリカのワシントン・タイムズが1月26日付で報じています。その発信源は、中国科学院武漢病毒研究所だというのです。


新型コロナウィルスで影響を受ける国

金融市場の中で、新型コロナウィルスによって一番影響を受けるとしたら為替であり、中国ではなく、韓国のウォンではないかとの見方がされています。

韓国経済こそが中国経済に依存し過ぎているのです。新型コロナウィルスによって、中国経済が止まってしまうことになってしまったら、その影響はまともに韓国経済に現れてます。

そのため、もともと弱い韓国の通貨ウォンに影響が現れるのではないかということで、実際に韓国ウォンは下落しているようです。韓国ウォンは要注意だと思います。


新型コロナウィルスは生物化学兵器

新型コロナウィルスは、中国の生物化学兵器だった可能性があるということをアメリカのワシントン・タイムズが1月26日付で報じています。もしこれが真実であれば、大変なスクープということになってしまいます。

中国政府は当初、今回の新型コロナウィルスの発信源は、海鮮市場だったと報告しました。ところが、そうではないようなのです。その発信源は、中国科学院武漢病毒研究所だというのです。

これは何を意味するかというと、中国政府が極秘裏に生物化学兵器の開発を行っていたことになります。

このことをイスラエルの生物化学兵器の専門家が、この新聞で述べています。生物化学兵器とは、核兵器と同じ大量破壊兵器です。この大量破壊兵器の一つとして、この研究所では生物化学兵器を製造していたことになります。


SARSの研究所

この研究所は、SARSの研究をしていると言われているらしいのです。

「SARSを生物化学兵器として製造しているのではないか」と疑惑をかけられています。SARSとはご存知のように、SARSは、2002年11月16日に中国広東省仏山市で発症した最初の症例の報告に始まりました。その後、香港、北京などから世界中へ拡大して行ったのです。

このSARSはその後、中国政府が「軍事上の大量兵器として使える」ということで生物化学兵器の一つとして、この研究所で製造していたという疑いがあるそうなのです。

本当だったら大変なことになります。そのSARSを研究していた研究所から、ウィルスが漏れたという可能性があるということなのです。

それは、何を意味するのでしょうか。これは現在、広がっているのは新型のコロナウィルスではなく、SARSだということなのです。「SARS を変形させたもので、それも化学兵器として変形させたものなのではないか」という疑いです。

当初、中国政府は新型コロナウィルスの発信源は、海鮮市場と述べていましたが、武漢の病毒研究所は、その海鮮市場から30キロも離れている場所にあるらしいのです。


生物化学兵器の専門家の意見

ワシントン・タイムズの記事の中で、イスラエルの生物化学兵器の専門家は、新型コロナウィルが、おそらく、SARSの変形したもので、それがこの研究所から、漏出してしまったのか、それともこの研究者から人へ感染してしまったのかのどちらかではないかと述べています。

証拠はありませんが、もしこれが本当ならば、中国政府が事実を隠蔽したことになります。中国がこの生物化学兵器を製造しているということを中国政府はもちろん否定しています。

しかしながら昨年、アメリカの国務省は中国が極秘に生物化学兵器を開発していることを暴露しています。


軍隊が配備

現在この武漢では、軍隊が配備されています。理由は武漢には1,100万人がいるので、ここから人が出ないように止めているのです。

国がチャーターした飛行機で出国でいるようですが、邦人の方々は早く出るべきです。過去の歴史を見ても分かるように隠蔽するために何をして来たかが分かります。

この軍隊が配備された本当の理由が、生物化学兵器としての新型コロナウィルスが漏れてしまったことが背景にあるとしたら、大きな事件に発展しそうです。もしそうであったとしても中国政府は、本当のことを発表しないでしょう。

ワシントン・タイムズの記事が明らかになるのは難しいと言われていますが、一つの報道があったことは事実です。

参考文献:新型コロナウイルス】中国の生物化学兵器だった可能性 及川幸久氏−BREAKING−

写真:ワシントンポストから転載


まとめ

中国に依存している韓国がもともと弱い韓国の通貨ウォンに影響が現れる

生物化学兵器だった可能性があるとアメリカのワシントン・タイムズが報じる

新型コロナウィルがSARSの変形したも

新型コロナウィルスが漏れてしまったので軍隊が配備


Amazonの紹介欄(商品リンク)

SARSは何を警告しているのか (岩波ブックレット)

殺人ウイルスの謎に迫る! 新型インフルエンザはどうして危険なのか? 致死率80%以上の凶悪ウイルスとはなにか? (サイエンス・アイ新書) Kindle版

感染症とたたかう -インフルエンザとSARS- (岩波新書)

https://life.jah.tokyo/8%e3%81%af%e7%84%a1%e9%99%90%e5%a4%a7%e3%82%92%e8%a1%a8%e7%8f%be%e3%81%978%e3%82%92%e6%84%8f%e8%ad%98%e3%81%99%e3%82%8b%e3%81%93%e3%81%a8%e3%81%a7%e9%be%8d%e7%a5%9e%e3%81%ae%e3%83%91%e3%83%af%e3%83%bc/
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG