大手メディアの正体は共産主義の使いだった

大手メディアの正体は共産主義の使いだった

この記事の概要

大手メディアの正体は共産主義の使いだったのです。日本のメディアは、テレビからインターネットメディア、新聞が全て中共と結託したかのようにまたは、圧力によって全てトランプが悪者になっています。全てシナリオを作り、どんどん洗脳を行っています。お気づきのように日本のメディアは、メディアの情報を通して日本人を洗脳しています。


メディアの正体を晒し始めた

日本のテレビ局、各紙のメディア、インターネットメディアを含めて一斉に報道を開始しました。これは非常に不思議なことです。報道の内容は次の通りです。

「バイデン氏は14日夜、選挙人投票の結果を受けて地元の東部デラウェア州で演説し、『米国の魂をかけた戦いで民主主義が勝利した』と宣言しました。

さらに、バイデン氏は、トランプ大統領が『選挙に不正があった』と主張しているが、実際には、それはなく『米国の制度への信頼は保たれた。選挙の完全性は維持されている』と強調したとのことです」

ここまで嘘を貫き、左派主要メディアから一斉に既成事実を作り上げる作戦です。

選挙人投票は通常、形式的な手続きで、ほとんど注目されませんが、今回はトランプ氏が「選挙に不正があった」と主張し続けたため、異例の関心を集めているように放送されています。この点も、メディアを使った洗脳が続いています。

大統領選は、50州と首都に割り当てられた選挙人計538人の過半数(270人)を獲得した候補が勝利します。選挙人は一般投票の結果通りに投票し、バイデン氏が306人、トランプ氏が232人の選挙人を獲得しています。

正しい選挙ならば、上下両院合同本会議は来年1月6日に選挙人投票の結果を集計し、バイデン氏の当選が正式に確定します。バイデン氏は1月20日、連邦議会議事堂前で行われる就任式で宣誓し、第46代大統領となるのです。


大統領はトランプだ

しかしながら、バイデン氏は、大統領には選ばれないでしょう。

最終手段は、緊急事態宣言です。おそらく1週間以内にトランプ大統領は緊急事態宣言を発動するかもしれません。これによって、大統領令を出すことができます。トランプ大統領は、今もなお、現役の大統領です。
大統領として、今度はとうとう権力を使って今までの不正をしていた様々な方々、様々なバイデン、オバマ、ヒラリークリントンおよびアメリカ民主党の陣営、そして一番裏にいるすべてを取り仕切っているディープステートと中共に対して大統領令を発動します。
そうするとアメリカの「国家転覆罪」を適用するとことも十分に考えられます。これは憲法に詳しい方々の意見に基づき考察されています。
ついにトランプ大統領は、伝家の宝刀を抜くかもしれません。今現在トランプ大統領が行っているのは、あくまでも憲法にすべて従いルールに基づき行動しています。トランプ氏は、感情をコントロールしながら、表向きは感情をだしているかのように演技はしてますが、全然違います。
冷静、冷徹なトランプ大統領は、丁寧かつ戦略的に行っているのです。時には、わざと激しくパフォーマンスを示しています。激しく行えば行うほど、みんながトランプを悪く言います。悪口を言わせるのがトランプ大統領の戦略です。そろそろ多くの人々は、気が付いてきかもしれません。
近頃は、戒厳令をそろそろ出し始めると思います。間違いなくこの1週間以内に緊急事態宣言を出し、そして大統領令発令の可能性が出てきました。
そして12月の下旬に戒厳令を出し、いよいよ軍事的な力を使って不正を許していたバイデン陣営及び民主党そして民主党に加担し過ぎているマスコミ、選挙に不正をした人々は覚悟しなければなりません。

選挙の不正行為

選挙の不正については実は、10月の上旬(バイデン親子の不正発覚、CNNはじめ民主党系マスコミが揉み消し)から、数々言われていました。

ハンターバイデンすなわちバイデン氏の息子は、数多くの中国共産党から裏金を貰い、それ以外に売春行為やハレンチ行為、セクハラなど山ほどの証拠が出てしまいました。それをCNNはじめとするメディアは、民主党系すなわち中国共産党に揉み消しの指示を受けたのです。 
息子のハンターバイデンは12月8日に検察の取り調べを行われています。数々の証拠を基にハンター・バイデンが犯した罪を刑事事件としても行われてます。こういったことも含めバイデン氏と息子のハンター氏は様々な刑事・民事とを含めて最高裁に行かれると思います。
おそらく、この件でバー司法長官が関わっており、司法取引をし辞任したのでしょう。その後は、多くの不正が表に出てくるはずです。
選挙の開票システム・ドミニオンを不正に州単位で勝手に入れてしまいました。ドミニオンを使ってドイツ、フランクフルトにあるサーバーからその標をどんどん変えてしまったのです。まるでウルトラD何度のような形で、全く人気がなく、支持母体もなかったバイデン氏でも、中国共産党支持によって当選してしまったのです。
連邦選挙委員会は0.0008%のエラー率を認めていますが、ドミニオン投票機のエラー率は68.5%でした。これは、今回の大統領選挙には、セキュリティの面においても、選挙の公正性においても、重大かつ致命的な過ちがあることを意味しています。
これが今現在わかっていることであり、不正についての証人、証拠が数多く集まっています。訴訟の準備を行っているのがシドニー・パウェル弁護士です。
このようなハレンチ行為や疑惑、不正投票がメディアが全部隠してしまいました。隠すことによって選挙を有利に行ったのです。
シドニー・パウエル氏は、トランプ大統領の側近から離れて、軍事的な位置になり軍事弁護士として、トランプ陣営の中にいる裏切り者まで暴くようなりました。

緊急事態宣言に向かって

バイデン氏そして民主党、そして中国共産党の仲間を全部暴くと同時に、中国共産党の幹部もすでに100から200と言われているアメリカにある資産凍結も決定です。
そしてその共産党の幹部および中国共産党と深い関係にある企業の資産凍結に加えてビザの制限が10年から1か月に短縮されました。というこは、「出ていけ」というメッセージです。数々の中国系大企業を締め出すことにしたのです。
これは大統領が自らの意思決定で発動しています。これらのことが、緊急事態宣言に向かっています。トランプ大統領は中国共産党がアメリカ大統領選挙を乗っ取ることに関する情報を知っていました。そこで、2年前に全て法律を変えていたのです。
この辺が天才的な戦略家です。トランプ大統領、トランプ周辺の皆さんの先を見越した打ち手が次々と出てきています。トランプ大統領がこれから多くの人々が気が付くでしょう。あれは嘘ではなく本当の話を今から劇場型スタイルで見ることになります。日本のメディアがこれを取り上げることはないでしょう

はっきり分かってきた大手メディアが共産主義の使いだった

なぜならば、日本のメディアは、テレビからインターネットメディア、新聞が全て中共と結託したかのようにまたは、圧力によって全てトランプが悪者になっています。バイデン氏がいい人であり、バイデンが選んだ副大統領候補も素晴らしい人であると報じています。
全てシナリオを作り、どんどん洗脳を行っています。お気づきのように、なんと日本のメディアは、メディアの情報を通して日本人を洗脳しています。第二次世界大戦もそうでした。コロナの問題もそうです。オリンピックそうです。
一つ一つの事実を結びつけて、情報を一つ一つ精査しながら嘘か真実かをつなぎ合わせていきます。他の方の話を聞いて結びつけながら、たぶんこういうことだと点と点が一つの線につながっていきます。
今現在日本で報道されているのは、アメリカにおける選挙人がバイデンを選んだと言われていますが、集計が行われただけのことです。
票が開封されるのは1月6日です。まだ決まっていません。1月6日にこれが出ます。ここで拒否することが十分に考えられます。1月6日前に緊急事態宣言および大統領令発令そしてコロナの問題もあり、外出禁止といろんなことが次々と出る可能性があります。
これからの2週間以内にアメリカは、様々な大きな事態が起こります。世界の中における頂点である市場、経済、軍事して政治のレベルにおいて頂点のアメリカに今起きていることが、日本にもやってきます。
日本を潰しをしたい左側の方がいます。真珠湾攻撃をし太平洋戦争を起こしたトップの階層は、日本を潰すのが目的でした。今も日本にそのような人々が思想を受け継いでいるのです。日本を潰すことに加担するメディア、政治家、大企業、医療は、今ギリギリのところの攻防戦の中にいます。
もうすでに習近平は、世界にも発令してるのが「絶対に戦争をすることを覚悟の上辞さない」と述べています。相手はアメリカです。大統領にバイデン氏がなれば、もうこの世はどうなるか分かりません。
トランプ大統領は憲法に基づいて自由とそして希望のために戦いを行っていると世界中の人々が信じています。大切なことは、アメリカの中にいる選挙民、選挙を投じる資格を持った人たちがアメリカをもっと素敵な国にしようということで熱い心がよみがえっています。熱い心に火をつけたのがトランプ大徹の正義の演説でした。

参考文献:ユーチューブ、【炎上か削除覚悟】アメリカ大統領選挙どうなる?トランプが最終手段に出るか?

<https://www.youtube.com/watch?v=rYRSN29o3vo>アクセス日:

まとめ

メディアの正体を晒し始めてきた。

トランプ大統領は天才的な戦略家である。

選挙の不正行為の証拠がどんどん集められている。

大手メディアの正体は悪魔の使いだった。


Amazonの紹介欄

反日 メデイアの正体

大手メディアの正体は共産主義の使いだった
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG