医学の先進国ドイツがアビガンを使用します

医学の先進国ドイツがアビガンを使用します

  • 2020年4月3日
  • 2020年4月3日
  • 社会

この記事の概要

医学の先進国ドイツがアビガンを使用します。ウイルス研究所所長のクリスティアン・ドロステン博士は「アビガンついて新型コロナウイルス(COVID-19)治療に有望であり、効果を示す初期段階の根拠がはっきりしている」と評価しました。


ドイツ政府はアビガンを使用する

ドイツ政府は拡散する新型コロナウイルス感染症治療薬として日本製の新型インフルエンザ薬アビガンを大量に輸入することを独紙フランクフルター・アルゲマイネと時事通信が4月2日報じました。

報道によりますと、ドイツ政府は短期間で、アビガン(ファビピラビル)の備蓄を目指しています。軍の協力のもとに大学病院などを通して配布する予定とのことです。

ドイツ連邦保健省は、日本の富士フィルム子会社の富士フィルム富山化学が開発したアビガンが新型コロナウイルス(COVID-19)に感染した患者の治療に効果があると期待して購入することを決めました。

ドイツ政府のアビガンの輸入規模は現在自国内の新型コロナウイルス(COVID-19)伝播状況を考慮すると数百万人の分量に達する可能性が高いと報道は伝えています。

アビガンの効き目に関しては中国政府が治療効果を臨床試験を通じて確認してから、自国企業に大量生産体制を整えるよう指示しました。

ドイツ新種ウイルス研究の第一人者で欧州最大のシャリテ大学病院ウイルス研究所所長のクリスティアン・ドロステン博士は「アビガンついて新型コロナウイルス(COVID-19)治療に有望であり、効果を示す初期段階の根拠がはっきりしている」と評価しました。

ドロステン博士はSARS(重症急性呼吸器症候群)の原因菌を発見、究明した感染症学の権威者です。

アルゲマイネ紙は世界各国の製薬会社と科学者がワクチン研究と新型コロナウイルス(COVID-19)治療剤開発に拍車をかけているとし、アジアではアビガンが非常に人気を得ていると指摘しています。

新聞ではアビガンは、ウイルスが体内で複製することを防ぎ、すでにドイツでもこれを服用する事例が増えていると紹介しました。

ドイツの新型コロナウイルス(COVID-19)患者は4月2日午後10時時点で前日より4,764人増え77,981人です。このうち931人が死亡しました。

日本では4月2日時点で、2,306人が陽性と診断され、そのうち60人が死亡しています。

ドイツでは急速な拡大を懸念しています。やはりこの拡大と死亡率の高さの原因の一つは、BCG接種にあると思います。

ヨーロッパではほとんどの国がBCG 接種を行わなくなりました。特にイタリアは行われていませんでしたので、死亡率が非常に高くなっています。


日本でもアビガンを正式に承認

安倍晋三首相は3月28日、アビガンを新種のコロナウイルス感染症治療薬として正式に承認することを明らかにしました。

安倍首相は「アビガンが新型コロナウイルス(COVID-19)の増殖を防ぐ薬で症状の好転効果が出ているため、新型コロナウイルス(COVID-19)治療薬として承認するのに必要な手続きを急いでいる」と話しています。

アビガンがコロナウイルス治療薬として承認されるとの発表がされました。

安倍首相がアビガンが新型コロナウイルスの増殖を防ぐ薬で症状の好転効果が出ているため正式承認を急いでいると伝えました。

アビガンに副作用があるとされていますが、中国ではすでに、実際に投与して副作用は見られないと述べています。もしあるとすれば、それは極微です。

心配であれば、薬の投与期間から数ヶ月は、子作りの計画を検討すればいいのです。命を失うよりは、アビガンの投与を選んだ方がいいはずです。

多くの国で関心を示しており、希望する国と協力しながら臨床研究を拡大して増産に乗り出すようです。

安倍首相は「コロナの治療薬とワクチン開発に向け、大学や民間企業でもさまざまな動きを見せている」とし「日本政府が強く後押しする」と強調しました。

富士フィルムの子会社フジフィルム富山化学は新型インフルエンザの治療薬としてアビガンを開発した2013年の「新型インフルエンザ等対策指針」により日本ではアビガン200万人分を備蓄しています。

日本政府は、先月新型コロナウイルス患者の治療に効果があることを理解していました。

アビガンを全国に拡大投与することを明らかにしました。当時加藤勝信厚生労働省は、アビガンを新型コロナウイルス感染者に使う問題について、特効があれば直ちに全国に展開して治療に使うと述べています。

日本政府関係者によると、これまで新型コロナウイルスに感染した患者にアビガンを試験的に投薬したところ、症状の悪化と無症状感染者の発病を抑制するのに相当の効果があるということです。


中国ではアビガンの結果が出ている

これと関連して中国政府は3月17日新型コロナウイルスに感染した患者を対象に実施した臨床試験でアビガンが、副作用がなく薬効を発揮し、医療現場で治療薬として使用することをお勧めたと発表しています。

アビガンを投与しなかった場合はウイルス検査の結果が陽性から陰性へと変わる期間の中央値が11日だった反面、投与した時は4日で明らかな差を見せたと説明しました。

患者の症状が好転したと確認された割合はアビガンを投与した場合が91.43%投与しなかった時の62.22%よりはるかに高かったとのことです。

中国ではアビガンを開発した 富士フィルム富山化学とライセンス生産契約を結んだ現地製薬会社が、3月には政府の許可を得て量産体制を整えています。

このようにしてみると、日本で開発されたアビガンやBCG Tokyo 172 株が、この新型コロナウイルスに対して人々の命を守ってくれているこに強く思い知らされます。


参考文献:ユーチューブ:【韓国の反応:ネイバー】「独政府、新型コロナの治療薬として日本製「アビガン」を数百万セット大量輸入」のニュース&コメントをご紹介!!【世界の憂鬱より】

ユーチューブ:【コロナに対する正しい知識】アビガンが日本で承認!…【海外の反応】


まとめ

ドイツ政府は日本製の新型インフルエンザ薬アビガンを大量に輸入する

ドイツ新種ウイルス研究の第一人者で欧州最大のシャリテ大学病院ウイルス研究所所長のクリスティアン・ドロステン博士は「アビガンついて新型コロナウイルス(COVID-19)治療に有望であり、効果を示す初期段階の根拠がはっきりしている」と評価


Amazonの紹介欄(商品リンク)

呼吸器内科医が解説! 新型コロナウイルス感染症 — COVID-19 

医学の先進国ドイツがアビガンを使用します
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG