重力を制御しないとUFOは作れない

重力を制御しないとUFOは作れない

この記事の要約

重力を制御しないとUFOは作れないのです。重力さえコントロールできてしまえば急加速、急発進は簡単にできてしまいます。ジェット推進で動いている新鋭の戦闘機は、かなりの成層圏のところに来た時に、推進原理が反重力に変わるのです。その瞬間にブラウン効果で機体がプラズマで覆われて飛びます。


地球製UFOを開発

アメリカが地球製UFOを開発しているのは今や常識です。オスプレイのプロペラ機がよく話題に出ますが、それはカモフラージュなのでしょうか、実はものすごい戦闘機が配備されているのです。

それは、ジェット戦闘機ではなく、エイリアン・テクノロジーに近いUFOの完成形を保ったまま様々な急加速、急発進ができる地球製UFOなのです。ではどのような飛行源理で飛んでいるのでしょうか。

UFOの推進原理に関しては、UFO研究という分野の中でも、推進原理について研究している方々のUFO推進原理のヒントになるのではないかということで注目しているのがブラウン効果という現象です。

電子機器の中に入っている金属の板があり、片方にアースをしてあげて、線でつなぐと電気が溜まります。

コンデンサの板と板の間に特殊な電圧をかけると間に力が生じるのです。その力とは一体何なのでしょうか。電気力なのでしょうか、電磁気力なのでしょうか。どうもそうではないようです。

コンデンサは電気を蓄えたり放出したりする電子部品です。 直流を通さないで絶縁するはたらきもあります。 電子回路では必ず使うと言って良いほど、電子機器に欠かせない部品です)

ひょっとすると、それは重力と関係があるのではないでしょうか。そのようなもので重力は発生しないだろうと思われます。

しかしながら、実際に実験をすると重力が生じるようです。物理学は見方を変えただけで、大発見があったりします。そのような意味で研究を重ねた結果、アメリカ軍はついに地球製UFOを手に入れたのでした。


重力を制御しないとUFOは作れない

難しいところ全部省くと要は、重力を制御しないとUFOは作れないのです。重力さえコントロールできてしまえば、急加速、急発進は簡単にできてしまいます。重力そのものを制御するのは電気力ですから、電磁力と重力は相互作用しないとそもそも話にならないのです。

この力は別のものですから、重力と電磁気力は相互作用しない地球の重力がどれだけ変わろうと、磁石の吸い付く力は、関係ないのです。力を何かしら根源的なものに持って行った時に統一できるという理論があるのです。


4つの力

この世には4つの力があります。

電磁気力、重力、強い力、弱い力、これを統一していこうというのが物理学者の野望です。

電磁気力と弱い力で統一理論、さらに大統一理論として強い力を加えます。ここまではなんとか来たのです。最後は重力を統一する日なのです。これは超統一理論になるのでしょう。

まだ重力を統一する力が弱いので技術的にどこまで可能かというと別問題なのです。何故ならば実際にUFOは飛んでいるのですから。


反重力

今から二十数年前に開発されたステレス製の三角形の真っ黒い爆撃機B2爆撃機、通称ブラックマンタと呼ばれるエイみたいな形をしています。尾翼もない平べったい形をしています。

これはもちろんジェット推進で動いていますが、途中で切り替わるのです。かなりの成層圏のところに来た時に、推進原理が反重力に変わるのです。その瞬間にブラウン効果で機体がプラズマで覆われて飛びます。今もこの反重力の研究は進められているようです。

(ビーフェルド-ブラウン効果(: Biefeld-Brown effect)は電極間に高い電圧をかけ、片側の電極を放電し易い尖った形状にすると、放電によりイオン化した気体の移動によって、電極に推力が発生しているように見える現象として定義されています )

当然ながら米軍は公式に発表はしていないのですが、常々言われていた偵察機のコードネームは、オーロラです。オーロラももちろん反重力なのです。

TR3Bのコードネームは、アストラです。そうなるとTR3Aもありそうです。BがあればAがあったのです。そのコードネームはパンプキンだそうです。どうもかぼちゃに似ているのでパンプキンと言われています。パンプキンと称される想像図があるのですが、全くそれと同じ形をした三角形UFOが写真で撮られていました。もうプロペラを回している時代ではないのです。

ひょっとしたら日本にも反重力戦闘機が配備されているのかもしれません。


まとめ

エイリアン・テクノロジーに近いUFOの完成形を保ったまま様々な急加速、急発進ができる地球製UFO

重力を制御しないとUFOは作れない

ジェット推進で動いて途中で切り替わり成層圏で、推進原理が反重力に変わりその瞬間にブラウン効果で機体がプラズマで覆われて飛ぶ


紹介欄

【最新版】超不都合な科学的真実 ついに反重力の謎が解けた! これが古代人が操る未知のテクノロジー《空中浮揚(反重力)》の正体だ

宇宙船建造プロジェクト―NASAが資金提供を申し出た 反重力推進で宇宙に飛び出そう! (超知ライブラリー サイエンス)

宇宙第5の力 反重力はやはり存在した (Shocking Science)

電子Grace LEDライトGlobes光Globesマグネットおもちゃ浮動磁気浮上回転Globe反重力フローティング浮遊地球光球ワイヤレス電源供給(ブルー)

重力を制御しないとUFOは作れない
最新情報をチェックしよう!

サイエンスの最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG