支配者層による完全自動化システム

この記事の要約

支配者層による完全自動化システムが、確立されています。人間の生活に欠かせない電気・ガス・水道、これらのものをがっちり押さえてさえいれば、永遠にお金が手元に入ってくることを知っています。エネルギー系は、支配者によって、全て握られているのです。


1. 完全自動化収益システム

電気、ガス、水道というのは光熱費として使い続けざるを得ないものになってしまいました。これこそが完全にドル箱なのです。支配者側から見ればほったらかしても自然とお金が入ってくるのです。

完全自動化収益システムです。人間の生活に欠かせない電気・ガス・水道これらのものをがっちり押さえてさえいれば、永遠にお金が手元に入ってくるのです。

このことを支配者側は知っていますから、エネルギー系のものというのは、支配者によって全て握られているのです。光熱系においても石油、ガソリンとかもしっかり押さえられていて、そのようなものがないと車にも乗れません。


2. 身の回りにあるものも石油製品がほとんど

身の回りにあるものも石油製品がほとんどなのです。スーパーの買い物袋とか、電気のコードとか、女性のストッキングも石油から出来上がっています。

カップラーメンの容器も石油製品です。ストロー、歯ブラシ、ペットボトルも石油製品です。スマートフォンの本体外側の部分もそうです。一般市民にとって、このことはオセロゲームの角を全部押さえられている状態です。


3. 支配者層は通信回路自然エネルギーにも課金している

通信回線もそうです。プロバイダーがなければ、ユーチューブさえも見れないのです。電気・ガス・水道・ガソリン・通信回線費、毎月毎月課金させてしまう仕組みを作られて、その上に乗せられているのです。

支配者たちは、太陽の熱や光からでさえもお金を取りたいと思っているのです。可能であればこの空気からもお金を取りたいと思っているはずです。間接的ですが、空気清浄機は家庭に普及しています。

支配者層には、楽に、自動的にお金が懐に入ってくるのです。奴隷化された庶民からして見れば、恐ろし仕組み作るを考えているのです。

これらのエネルギーは、近代化された我々にとってなくてはならないものになっています。いらないと言えないのです。超田舎暮らしをしない限りは。


4. 東日本大震災の教訓

東日本大震災の直後に、一時的に計画停電がありました。あの一時的な計画停電さえも不便さを感じました。暖を取れないのです。寒かったですね。それなのに、灯油が買えなかったのです。

携帯電話でさえなかなか繋がらず、電車は動いていません。バスもガソリンの供給がなく止まっていました。自家用車は、ガソリンが売っていないので、走らせることができませんでした。

この震災でエネルギーの価値を思い知らされました。東日本大震災が計画的陰謀的なものであったならば、エネルギーの必要性を思い知らせる目的があったのでしょう。巷の噂では、あの計画停電は、富士山周辺で起きた大きな地震を起こすために電気を蓄えていたというのです。


5. ヴァン・アレン帯を超えて行けたのに

東日本大震災のとき、福島から人々が退去させられました。原発が大変なことになっていたのです。その裏で大変なことが行われていました。

アポロ計画で人間が実際に月に行ったのであれば、人体に悪影響があると言われているヴァン・アレン帯を超えて行くほどの技術を持っているわけです。どのような意味かというと放射能にも耐えられるし、その中でも活動ができるということなのです。

※ヴァン・アレン帯とは、地球の磁場にとらえられた、陽子、電子からなる放射線帯です。 1958年にアメリカ合衆国が人工衛星エクスプローラー1号を打ち上げ、衛星に搭載されたガイガーカウンターの観測結果より発見されました。名称は発見者であるアメリカの物理学者、ジェームズ・ヴァン・アレンに由来するものです。


6. エイリアンの出現

それがエイリアン・テクノロジーなのかはわかりません。その時に福島上空に、UFOが飛んできていました。宇宙人がやってきた後は必ず放射能の反応が出てきます。


7. フリーエネルギーの出現

電気・ガス・水道、こと電気に関して言えば、その方法では原発もそうだし、火力発電もそうだし、水力発電とか色々ありますが、かなり昔、今から100年以上前に、1800年の終わり頃の話です。その当時既にフリーエネルギーというものがこの世に存在していました。無料で使えたのです。

世間一般で知られている名前としては、世界システムというものです。これは地球および宇宙を媒体として、エネルギーを発生させる画期的なシステムです。

自然界のエネルギーを利用しますので、エネルギーを作り出すのに元手がかかりません。このフリーエネルギーはタダで電気を作り出すことが出来、さらにワイヤレスでその電気を飛ばすことができたのです。


8. ニコラ・テスラ

要するに無線です。これは百年以上前の話です。この画期的なシステムを作ったのはあのニコラ・テスラです。表立った歴史には、そのエネルギーは存在していなかったとされています。

事実が闇に葬り去られてしまっているのです。イーロン・マスクが創立したテスラ・モーターズというのがあります。テスラ・モーターズのテスラというのは、このニコラ・テスラにちなんでつけられた名前です。

ニコラ・テスラとは、もともと電気の発明家だったのです。幼い頃から色々なものを発明していました。我々に馴染みのあるものとしては、ラジオ、リモコンとか蛍光灯、水銀燈、交流電力システムなどです。


9. 交流システム

この交流システムがなければ、この現代において、電気製品が全く使用できません。もしニコラ・テスラがいなかったら、この世界は真っ暗です。テスラの無線技術がなければ、携帯電話も、ラジオも、テレビも聞くことも見ることもできていなかったのです。

電気というとエジソンが最初に浮かんできますが、実生活ではニコラ・テスラの発明の方が、偉大だったりするのです。

だからこそイーロン・マスクも社名に名前をつけたのでしょう。この方は日本では、エジソンほど有名ではありません。海外では有名ですが。

なぜニコラ・テスラはそれほど有名ではないのでしょうか。ニコラ・テスラははめられたからです。その陰にはMの存在がいたのです。


10. Mの存在

Mとはタイタニック号とオリンピック号の陰謀論に絡んでいる人です。タイタニック沈没の陰謀に絡んだのは誰かと検索すれば出てきます。その方は、タイタニック号のオーナーなのです。Mという方はこのニコラ・テスラの世界システムに巨額の支援をしていました。

その後資金援助をストップしてしまいました。その理由については、早い話が、タダで使えるエネルギーが世界中に広まってしまっては支配者側にとっては大変迷惑な話なのです。


11. 支配者層

魚がたくさんいる場所を知っている人は、そこに行けばいくらでも魚が釣れるとわかっています。ある日突然、その人の目の前にお腹をすかせた人が現れました。歩いてきて「何か食べ物を恵んでください」とお願いしてきました。強欲な人は、釣っておいた魚を差し出して、「金を払えば売ってやる」と言いました。

お腹をすかせた人は、なけなしのお金を差し出して「それを売ってください」とお願いしました。魚を食べてしまった後、しばらくするとお腹が空きます。

またそうするとその人は魚を持っている人のところへ行って、「また魚がほしいいのですが、お金がありません」と言い出します。すると強欲な考えを持った人は、「金がなければ売れないよ」と言い出します。「金がほしければ俺の下で働け、働いたら賃金を払うから、魚を買え」と言い出したのです。

魚が欲しい人に魚が取れる場所を教えて、魚の釣り方も同時に教えてあげれば、その人を幸せにしてあげることができるのですが、そんなことはしないで全てを独り占めにしてしまうのです。それが今の支配者、エリートなのです。


まとめ

人間の生活に欠かせない電気・ガス・水道これらのものをがっちり押さえてさえいれば、永遠にお金が手元に入ってくる

電気・ガス・水道・ガソリン・通信回線費、毎月毎月課金させてしまう仕組みを作られて、その上に乗せられている

1800年の終わり頃の話です。その当時既にフリーエネルギーというものがこの世に存在していた

人を幸せにしてあげることができるのですが、そんなことはしないで全てを独り占めにしてしまうのが支配者、エリート


紹介欄

ニコラ・テスラ 秘密の告白 世界システム=私の履歴書 フリーエネルギー=真空中の宇宙

ギガマネー 巨大資金の闇 富の支配者たちを狙え

最新情報をチェックしよう!

サイエンスの最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG