免疫細胞が新型コロナウイルスをやっつける

免疫細胞が新型コロナウイルスをやっつける

  • 2020年3月27日
  • 2020年3月27日
  • 健康

この記事の概要

免疫細胞が新型コロナウイルスをやっつける事がニューズウイークの記事に載っていました。新型コロナウイルス感染症と戦って勝つ免疫細胞を発見したとのことです。


ニューズウイークの記事

ニューズウイークの記事によりますと、新型コロナウイルスを殺すことができる免疫細胞の存在が明らかになりました。新型コロナウイルス感染症と戦って勝つ免疫細胞を発見したとのことです。

新型コロナウイルスと人間の免疫システムが戦う様子が初めて捉えられました。感染症患者が回復するまでの過程を追った研究で、新型コロナウイルスワクチンや治療法の確立に一歩近づくステップになるのではと期待されているようです。

研究チームは、新型コロナウイルスに対し4種類の免疫細胞が素早く反応することを突き止めました。

「患者の体もインフルエンザと戦う時と似た方法で新型コロナウイルスを攻撃するように見えた」と学術誌ネイチャーメディスンに掲載された論文に述べられています。

研究対象となったのは、新型コロナウイルスが最初に発生した中国の武漢出身の47歳の女性です。

この女性はオーストラリアのメルボルンにある病院の救急医療部に来院した際、軽度から中程度の新型コロナウイルス感染症の症状を示していたことを研究チームが説明しています。


回復を予測

この女性は病院を訪れる11日前に、武漢からオーストラリアへ降り立ちました。パンデミック発生との関連性が指摘されている武漢も生鮮市場や感染患者との接触は認められていせん。

救急医療部を訪れる4日前から倦怠感、喉の痛み咳、胸の痛み、息苦しさ発熱といったCOVID19の複数症状が現れました。

診察の結果、女性には38.5度の熱があり、その後の検査により新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

ところが、7日後に再検査したところ、ウイルスの陽性反応がみられませんでした。11日目には退院し、13日目までに症状は完全に消えたのです。

回復前と回復後に採取した血液を調べるてみると女性の体は初めて出会うコロナウイルスに対して、免疫系が複数の手段で攻撃を仕掛けていることが判明しました。

論文の共著者でメルボルン大学微生物学免疫学の教授であり、ピータードハーティー感染免疫研究所に所属するキャサリン・ケジルスカはBBC ニュースの取材に対し症状が治り始める3日前から血液中にインフルエンザの患者でも回復の3日前に現れる特定の免疫細胞の存在が認められたと語った。

インフルエンザの患者での経験を基に、回復を予測できると考えていましたが、その予測が当たったのです。

というわけで、検査して陽性と診断された方が自分の免疫システムで、ウイルスを撃退して、陰性となったのです。それは薬がなくても自分の免疫で治ることが証明されました。


私たちを守る免疫システム

免疫システムは体内で菌やがんなども異常細胞を認識し、それらを殺すことによって、私たちの体を守ってくれています。

アメリカのアリゾナ大学がオフィス内にどれぐらいの細菌がいるかを調査したところ、電話機の受話器で1平方インチ当たりに、25127個存在しています。

机1平方インチ当たり、209601個、パソコンのキーボード3295この細菌が見つかりました。つまり私たちの生活の中には、ありとあらゆるところにウイルスや細菌であふれていいます。地球は菌やウイルスの惑星なのです。

これだけの最近やいウルスが体の中にどんどん入ってきますが、病気になりません。その理由は自分の体の中に免疫システムがあるかです。

免疫システムは基本的には2つの仕組みから成り立っています。自然免疫と獲得免疫です。


自然免疫・獲得免疫

自然免疫は、体内を監視していて侵入者に対してウイルスや細菌が侵入してきたらそれに対していち早く攻撃を仕掛けます。

獲得免疫は高度な生命体のみに備わっている免疫システムです。強い殺傷能力を持っていてガンやウイルスといった強力な敵に対抗します。特定の病気に対して抗体を持つのもこのシステムのおかげです。

その理由で、ウイルスが入ってきたら自然免疫がウイルスに仕掛けて来ます。それでも倒せない敵に対しては、獲得免疫が登場して倒してくれるのです。

最初に作用する自然免疫の種類には、単球、顆粒球、NK細胞の3種類があります。

単球というのは樹状細胞とマクロファージのことです。樹状細胞というのは異物の情報をリンパ球に伝えるための総司令官のような感じです。

免疫システムが有効に作用するかどうかは、この樹状細胞がどれだけ正確に働けるかにかかってきます。

マクロファージは死んだ菌などを自分に取り込む掃除係みたいな役割を持っています。

顆粒球は好中球、好酸球、好塩基球の3種類があります。これは比較的に大きな病原菌を飲み込みます。

NK細胞は、リンパ球の一つです。リンパ球の中では好気性は、強くないのですが単独行動できるのが利点です。入ってきた敵に対して素早く反応することができます。

(好気性:好気性生物、または好気性菌は酸素に基づく代謝機構を備えた生物である。)

そしてより強力な敵が入ってきた時、これに対応するのが獲得免疫です。

この代表がT細胞やB 細胞です 。B細胞は、主に細菌やウイルスに対して抗体を使って攻撃します。

T 細胞は、強いウイルスやがんなどに対して攻撃する主力の機動部隊です。

強力な殺傷力のキラーT細胞やヘルパー T細胞そしてサブレッサーT細胞など統合関係を保ちながら機能します。

キラーT細胞樹状細胞から抗原情報を受け取り、ウィルスに感染した細胞やがん細胞にとりつき排除する、という「殺し屋」の働きを持っています。 ヘルパーT細胞樹状細胞やマクロファージから異物の情報(抗原)を受け取り、サイトカインなどの免疫活性化物質などを産生して、攻撃の戦略をたてて指令を出します。

テラのがん免疫療法情報ガイド

これらの免疫システムによって今回の新型コロナウイルスも完全に殺すことが分かりました。

個人個人の免疫システムがどれくらい正常に作用しているかで、この新型ウイルスに勝てる体になっているかが問われます。

どれくらい強い免疫システムを自分自身に備わっているか、今までどれぐらい自分の健康管理や免疫向上を行ってきたかが今発揮されるのです。

自分は虚弱体質だから免疫力が弱いとっていていても大丈夫です。細胞は常に入れ替わっているので、これから鍛えていけば、免疫力の強い体をつくることができます。


参考文献:YouTube:治療の真実】新型コロナウイルスを殺す免疫細胞を発見!免疫システムの強化で自己治癒。


まとめ

新型コロナウイルス感染症と戦って勝つ免疫細胞を発見したと

ウイルスに対して、免疫系が複数の手段で攻撃を仕掛けている

T 細胞は、強いウイルスやがんなどに対して攻撃する主力の機動部隊


アマゾンの紹介欄(商品リンク)

カラー図解 免疫学の基本がわかる事典

免疫細胞が新型コロナウイルスをやっつける
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG