人造コロナウイルスの脅威と対策法

人造コロナウイルスの脅威と対策法

参考文献・一覧表:YouTube 「東京オリンピック・・・!・・・中国新型コロナウイルスのヤバさ」がYouTubeに上がっていたので、まとめてみました。

画像:CNNから引用

非常事態宣言が発令されている現在、対策方法をみんなで分かち合う必要があると思いました。

この記事の概要

人造コロナウイルスの脅威と対策法は自然界の空気が綺麗な環境の一つである山小屋などに病人を一人で寝かして、放置し、本人の免疫力で治療する方が治癒、生還できる可能性が高いのです。これが、ベストなのです。


新型コロナウイルスはSARSと一緒

中国で猛威をふるっている新型コロナウイルスはSARSと一緒です。そのためSARSの専門医ですら感染すれば死んでしまいます。

新型コロナウイルスの拡大が続いています。生物学を学んでいる方がSARSウイルスのDNA配列を分析しました。

各国の研究者とも意見を交換していた人です。医学者レベルでこの病原菌を説明できるとのことです。参考にしたYouTubeは医師が語る医学レベルの表現なのでとても難しい内容が続きます。

新型コロナウイルスは、中国で発生しているものは、ほぼ一緒です。SARSウイルスのことを説明すれば中国の新型コロナウイルスの本質も見えるとのことですす。

このコロナウイルスのエンベロープの外の突起「スパイク」が体内に入ると細胞に取りつきRNAを感染細胞に放出して増殖します。

SARSウイルスも今回の中国新型コロナウイルスもRNAウイルスなので「突然変異」しやすいのです。したがって、感染しても免疫ができづらいようです。

(RNAウイルスとは、ゲノムとしてRNAをもつウイルスのこと)

RNAの塩基対を分析した結果、書き表は、SARSウイルスのDNAの他ウイルスとの一致度比較をした結果です。

サーズウイルスは、29,727bpの塩基対からなり、これは人コロナウイルス27,317bpよりも2,000bpぐらい多いのです。

実は各ウイルスとのbpの照合してみると面白いことがわかります。

(塩基対(えんきつい、英: base pair、bp)とは、デオキシリボ核酸の2本のポリヌクレオチド分子が、アデニン (A) とチミン (T)(もしくはウラシル (U))、グアニン (G) とシトシン (C) という決まった組を作り、水素結合で繋がったもの)


新型コロナウイルスは人造だった

世間では人コロナウイルスの発展したものとか、野生動物やコウモリに元からあるウイルスから生まれたと言われていますが、これは嘘です。

ワシントン・タイムズでもこのことはスクープされています。

このウイルスは完全に人造です。何故それが分かるかというと、この人コロナウイルスに一致する箇所が70箇所はありましたが、おたふく風邪や、マールブルグウイルス、エボラウイルスの親戚です。それからエイズのようなものに近くなっていることがわかります。病のような凶悪な病気のDNAも含まれているのです。

ウイルス名一致か所差(倍)
ハンタウィルス514
クラミジア肺炎97.78
ヒトアストロウイルス125.83
天然痘ウイルス154.67
ヒトライノウイルス154.67
SIV(ワルエイズ)164.38
HIV-1164.38
マールブルグ病ウイルス262.69
おたふく風邪292.41
ヒトコロナウイルス701
マイコプラズマバクテリア4150.17

参照:YouTube 「東京オリンピック・・・!・・・中国新型コロナウイルスのヤバさ」

さらに、このウイルスのGC値(DNA配列のアミノ酸の数の総和)でみると、SARSウイルスが人コロナウイルスと同じようで違うゾーンにあるウイルスだということがわかります。

ウイルス名GC数bp全塩基数bpGC値
(GC数/全塩基数)
ヒトアストロウィルス305568130.45
おたふく風邪6555153840.43
SIV(サルエイズ)414497880.42
HIV-1386791810.42
SARSウィルス12128297270.41
マイコプラズマバクテリア3266238163940.40
ハンタウィルス141836160.39
肺炎クラミジア4126105940.39
ヒトライノウィルス279271520.39
マールブルグウィルス7335191120.38
ヒトコロナウィルス10452273170.38
天然痘ウィルス607421855780.33

ウイルス名GC数bp全塩基数bpGC値
(GC数/全塩基数)
ヒトアストロウイルス305568130.45
おたふく風邪6555153840.43
SIV(サルエイズ)414497880.42
HIV-1386791810.42
SARSウイルス12128297270.41
マイコプラズマバクテリア3266238163940.40
ハンタウィルス141836160.39
肺炎クラミジア4126105940.39
ヒトライノウィルス279271520.39
マールブルグウィルス7335191120.38
ヒトコロナウィルス10452273170.38
天然痘ウィルス607421855780.33

参照:YouTube 「東京オリンピック・・・!・・・中国新型コロナウイルスのヤバさ」


生物化学兵器

当時、生物化学兵器の先進国であるロシア(旧ソ連)の専門家は、中国でのSARSの流行を見て、SARSは中国人民解放軍のBC兵器(生物(biological)兵器と化学(chemical)兵器の総称)だとはっきり言っていました。

SARSは天然痘とエボラのハイブリッドで、BC兵器なのです。

自然界のウイルスだと、今回の武漢のような流行はしないのです。このような感染拡大の仕方はしません。

このような爆発的な感染の仕方は「生物化学兵器の現象だ」と、専門家の見解です。

SARSとは生物兵器でした。今回の中国の新型コロナウイルスは、明らかに生物化学兵器の使用です。

中国軍は第二次世界大戦後からロシアの軍事支援を受けて、生物化学兵器の開発をしています。

その研究開発でバイオハザード(生物災害、危険性による災害そのもの)を起こしたのがSARSだと言われています。

コロナウイルスのDNAを特許保有しているのは南アフリカ共和国という話があります。南アフリカは黒人だけを殺すウイルスの開発を長年行っています。選択型ウイルス兵器を研究していました。世界的なバイオ研究国家なのです。

中国は軍の生物兵器の開発のために、ロシアや南アフリカからコロナウイルスやマールブルグウイルスなどウイルス株を仕入れていた可能性が高いと言われています。


選択型のウイルス兵器

SARS(中国の新型コロナウイルス)は特定人種に作用する選択型のウイルス兵器なのです。SARSは流行した時800人近い死者を出したのに、何故か、隣国の日本人、韓国人は死にませんでした。

あれだけ流行したのに、SARSでは日本人、韓国人すぐそばのアジア人の死者が出ませんでした。この現象は当時も医学者らが「何故だろう」と不思議に思っていました。

そこで推測されていたのは、韓国人と日本人は、中国人と免疫が違うのではないかと囁かれていました。

韓国人は日常よくキムチなどの乳酸菌発酵食品を食べている民族です。日本人も漬物、味噌、ヨーグルトや納豆などの発酵食品をよく食べます。こうした民族性の違いがかなりあったのではないかと言われています。


今後の治療方法

SARSは当時中国人が死にやすかった病気だったのです。SARSも含めて今回の中国新型コロナウイルスの治療で、日本政府、日本医学会が取ろうとしてる治療は間違っている可能性があります。

日本政府と日本基幹病院の対応方法の今後の予測として、中国の新型コロナウイルスは致死率が大変高いので、通常の病院では対応できず、都内や大学病院の「陰圧病室」という完全密閉型のバイオ室で患者を隔離治療することになるだろうと言うことです。

病室と言ってもBSL4ラボと変わらないレベルです。(バイオセーフティーレベル(英: biosafety level, BSL)とは、細菌・ウイルスなどの微生物・病原体等を取り扱う実験室・施設の格付け)

と言っても患者を一つの部屋に閉じ込めて、外の空気が入らない中の空気をヘッパーフィルターで濾(こ)して、一切外に出さない、いわゆるバイオラボです。この中で隔離して、治療しようとすることです。

ところがこのような治療をする場合、エボラと同じですから、看護師も医師も特殊な防護服を着て治療することになります。物凄い重装備です。死亡した場合は死体を外に出して、火葬とかできないのです。ビニール袋に入れて厳重にホルマリンで消毒して土に埋めることしかできないと思います。

そのくらい怖い病気です。医療関係者も感染・死亡の確率が高いので、大変なことになると予測されています。看護師も医師も治療中に感染して死亡するリスクは大いにあります。

これほどの非常事態です。WHOは、非常事態宣言を出すのも当然です。


最善の治療方法

この標準的な医学会の治療方法が間違っているのです。当時の医学者らのセオリーで、「陰圧病棟での隔離治療」を行うと死にやすくなる。救急車での密室搬送(隊員と患者)を行うと死にやすなるのです。

それなのに、生き残った人がいました。それは、窓を開けて患者を搬送していたタクシーの運転手です。医学者の思惑とは逆に何もしないで外気に触れていた人が生き残ったのです。これがミステリーだと思われています。

誰もが、隔離隔離の方がいいに決まっていると思っています。中国新型コロナウイルスで、本来良い治療方法は、「陰圧病棟で隔離する」のではなく、自然界で治癒してもらうのです。

自然界の空気が綺麗な環境の一つである山小屋などに病人を一人で寝かして、放置し、本人の免疫力で治療する方が治癒、生還できる可能性が高いのです。これが、ベストなのです。

ところが、この方法は中国政府も日本政府もしないでしょう。

この病気は人造ウイルスで、細菌兵器です。人工でつくられたものは、自然界の他の菌やウイルスなどの世界で淘汰されやすいのです。

自然界の力に頼った方が、本来は治癒する方向に向かうとされています。自然淘汰の中に生かした方が人間の身体はいいのです。

山下智久氏が主演した「インハンド 」では最終回に、今回の中国新型コロナウイルスと同じような内容が放送されていました。

同僚の医師である濱田岳氏も隔離患者を治療中、猛烈な労働と劣悪な環境の中で免疫力が低下して死亡したかのように見えました。ところが彼は最後の免疫力を残していました。

それは、腸内細菌です。小さい頃、農家で育ち、多種多様の腸内細菌が体に備わり、免疫力を腸内に蓄えていたのです。その力で蘇りました。

様々な土壌菌に触れて育った人々は、腸内細菌が豊かですが、綺麗好きな人々は、腸内細菌が貧弱で免疫力も弱いとされています。

残念ながら、この新型コロナウイルスに罹患したら、日本の病院は「陰圧病棟で隔離するぐらいしかできない」との見解です。


ステロイド治療の副作用

医者は、今回の中国の新型コロナウイルスにかかったらどうするのでしょうか。ステロイドやリハビリの治療ぐらいしかありません。病院ではこれぐらいしかできないとのことです。

(ステロイド系抗炎症薬とは、20世紀半ばに使われるようになった抗炎症薬である。医療現場ではステロイドと略されることが多い。主な成分として糖質コルチコイドあるいはその誘導体が含まれており、抗炎症作用や免疫抑制作用などを期待して用いられる。様々な病気の治療に使われている。 ウィキペディア)

とにかく激しい喘息みたいな咳で、肺が壊れてしまうほどなので、ステロイドで止めようとします。

ステロイドは、ご存知のように体に悪いのです。ホルモンですから。ステロイド後遺症で死ぬ人が出るくらいです。

たくさん打ちます。そうしないと咳が止まりません、SARSで一番死んだのも咳なのです。肺が壊れるほどの激しい咳が出て絶対に止まりません。

その咳で肺が壊れてしまいます。咳を止めようとしてステロイドを使います。治っても後遺症で死にます。


リバビリンと呼ばれる抗ウイルス薬

リバビリンはアメリカ陸軍の細菌兵器部隊が兵士を防御するためにつくった「万能の抗ウイルス薬」ですが副作用も強烈です。アメリカ陸軍のウイルス兵器部隊のために開発の万能抗ウイルス薬なのです。

この薬の副作用は、細胞の催奇性が報告されています。リバビリンを使ったからと言って、治るわけでもなのですが、他に方法がありません。

この中国新型コロナウイルスで治っても、予後、治療後の状態はあまり良くありません。体がボロボロになって一生後遺症で苦しむとのことです。そのため、感染してしまうと言うことは、想像以上に苦しむのです。


感染防御について

1. マスク

マスクは気休めですが、部分的に有効です。中国でマスクをしている人は、全く効果がないようです。

もしマスクを使用するのであればN95マスク(呼吸しづらい)を使用することが勧められています。

アマゾンで探してみたら次の製品が売られていました。

日本製 [PFE試験証明書取得済み」 ノーズマスクピット ウィルス・PFE 0.1・PM2.5など99%カット!! マスク用高機能フィルターシート 6枚分 (ウィルス対策)

2. うがい

イソジンなどのポピドンヨード液は有効だと言うことですので、うがいをすることは重要です。

【第3類医薬品】イソジンうがい薬 500mL

3. 手洗い

手洗いが生死を分けると言われているくらいに重要になります。

中国では何故、爆発的に感染が広がったのでしょうか。中国は大陸の乾燥した空気です。粉塵が舞い上がる環境の中では、喉が乾きます。

そのため彼らは日常的に膨大なお茶を飲んで水を補給しています。それはいいのですが、衛生管理が悪いのです。

男女も平気で道端で鼻水やタン唾を「ペーっ」と吐き捨てます。トイレで水を流さず、手も洗わない人が圧倒的に多いのです。

トイレで使用後に手も洗わないで混雑する駅で、鼻に指を入れたら粘膜で間違いなく感染します。

4. 体力の維持が重要

ウイルスに感染しても体力があり免疫力が高ければ、ウイルスに勝てる可能性が十分にあります。そのため伝染病系統については、まず体力を弱らせないことが重要だと言われています。

ウイルスの感染症には基本的に薬はありません。みなさんが寝て治すしかないのです。規則正しい生活をして疲れないことと、よく寝ることです。寝ている間は人体は免疫力を最大限に発揮できるのです。

ストレスは、免疫力を最も低下させます。命を落とすことを考えたら職場のパワハラ、モラハラにいつまでも我慢している必要があるでしょうか。

暴飲暴食をしないで、アルコールは免疫力を低下させるので飲まないようにすることです。

5. 40歳以上で持病のある方は要注意

SARSは40歳以上で持病(糖尿病、他の感染症)がある人、免疫力が低下している人は特に重症になり死亡率が高いようなので要注意です。そのため体力の維持がさらに重要とされています。

他の感染症にかからないことが大切です。合併してしまうと、例えばエイズで結核やクラミジアにかかるとエイズの罹患率が十倍になってしまうとのことです。


参考文献:YouTube 「東京オリンピック・・・!・・・中国新型コロナウイルスのヤバさ」より、


まとめ

SARSの専門医ですら感染すれば死んでしまう

中国新型コロナウイルスもRNAウイルスなので「突然変異」しやすい

中国新型コロナウイルスは完全に人造

SARSは天然痘とエボラのハイブリッドで、BC兵器

選択型のウイルス兵器

マスクを使用するのであればN95マスク(呼吸しづらい)を使用

ウイルスの感染症には基本的に薬はなく寝て治すしかない


Amazonの紹介欄(商品リンク)

殺人ウイルスの謎に迫る! 新型インフルエンザはどうして危険なのか? 致死率80%以上の凶悪ウイルスとはなにか?

人造コロナウイルスの脅威と対策法
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG