テレポーテーションとホログラフィック宇宙論

テレポーテーションとホログラフィック宇宙論

この記事の要約

テレポーテーションとホログラフィック宇宙論との関係は、この世界のものは全てリアルに存在していないために瞬時に移動が可能になると言うものです。宇宙にあるもの全て二次元的なものであり、エンコード化されています。立体的に見えるのは全て投影されているのです。


1. アメリカの極秘計画

アメリカの極秘計画の中でも有名なフィラデルフィア・エクスペリメント、モントークプロジェクト、ペガサス・プロジェクトなどの一連の流れは、マインドコントロール、タイムワークからテレポーテーション実験へと続きます。アメリカの極秘実験の話です。


2. テレポート実験

フィラデルフィア実験からプロジェクトペガサスまでをリアルなデータでまとめられています。

プロジェクトペガサスで有名なのは、テレポート実験です。そのシステムは、地球から火星にテレポートしたと言う話があります。UCLAのバラクオバマ前アメリカ大統領が関わっていたという話まであります。テレポートのジャンプルームに入って、火星に行ってまた戻って来たと言う信じがたい話なのです。

メディアで語られている書物は、日本の「ムー」ぐらいだと言われるくらいですので、アメリカでは大きな騒ぎになります。オバマ大統領が、「若い頃火星に行っていたんですか?」とあまりにも聞かれるため、アメリカ合衆国として正式に2012年に、オバマ大統領は「自分は火星に行ったことがありません」と火星旅行否定声明を公式に発表しました。

大統領のの公式な声明として発表されることは、日本では考えられないことです。


3. エレベーターで火星に

テレポートシステムも進化していて、ついにエレベーターで行けるようになったのです。

エレベータに乗ってて行ったならば、「そこは火星だった」と言う感じですから、トンネルを抜けるとそこは火星だったと言う感覚で行けてしまうのです。火星に行くには、エレベータで行く時代なのです。これは、もうドラえもんのどこでもドア状態です。

エレベータが止まって、「チン」と音がしてドアが開いたら、火星に到着するのです。大気があり、空気が吸えます。ちょっと空気が薄いようですが、全く問題はありません。火星人がたくさんいます。タコ型ではありませんが、地球人とほとんど変わりません。ヒューマノイド型、小人型、吸血鬼型、バンパイア、モンスター型などもいるようです。


4. ビックフッド

全く荒唐無稽に聞こえてきます。モンスター型とは、ブックフッドを指しているのでしょうか。ビックフッドがUFOの中に入って行ったという目撃例があるくらいです。

UFO事件史の中でも特異なことですが、ビックフッドが現れるところにUFOが飛来したり、着陸したUFOの中に、ビックフッドが入っていたのを目撃されたことがあります。そのため、エイリアンとビックフッドは、何か関係あるのではないかと言われているくらいです。

ビックフッドというのは、エイリアンアニマルではないだろうかとも言われています。エイリアンが飼っているペットなのかもしれません。考えても見ればスターウォーズにも、チューバッカのような見た目はビックフッドみたいな人物がいました。

火星のペットが一緒に紛れて、地球に来て見られてしまったのかもしれません。

確かに人類の起源が火星になると唱えている人もいます。サーカディアンリズムが火星の方があっているとも言われています。

アカデミズムでは、全くあり得ない荒唐無稽な話だと一刀両断で終わってしまいます。スピ系の人にとっては、ひょっとしたら、火星へのテレポーテーションが実行されているのじゃないのかなと思えてきます。


5. 量子テレポーテーション

ミクロのレベルの話では、量子テレポーテーションというのは、可能なことなのです。

どこでもドアは、「どこどこへ」と口に出して言わなければ移動できませんが、量子テレポーテーションの世界では思うだけで瞬時に移動が可能なのです。

一連の技術というのは、地球人が開発したものではなく異星人のグレーが地球人と密約を交わし、アイゼンハワーとの密約で教えてもらった技術だそうです。

グレーたちは小さな子供達を選別して実験していると言うのです。モントーク実験では、モントークボーイ、オバマ大統領もペガサスボーイです。

犠牲になった子供もいるようです。テレポーテーションを失敗すると、体の一部がもげると言われています。そうならないために、体をシールドして置く必要があります。


6. ホログラフィック宇宙論

宇宙というのはどういう仕組みになっているのでしょうか。現代科学でも解明しきれていない問題っはたくさんあります。その中一つで、この宇宙は、もしかしたらリアルではないのかもしれない、何かの投影ではないだろうかと言うのがホログラフィック宇宙論です。

仏教にもそのような考えがあり、それを唯識と考えています。目に見えるものはみんな幻だと考えられています。もう一つは、デビットウォームという理論物理学者がいます。

そのホログラム理論は、フィルムにある種のレーザー光線を当てることで立体的な映像を浮かび上がらせることが可能なのです。映像は見る角度を変えると、そこにあるかのごとく立体的に見えます。分かりやすい例は、映画スターフォーズ のレイヤ姫がR2D2に指示をする場面があります。命令を受けると映像が浮かび上がります。

三次元の空間というのは二次元の投影なのです。二次元のフィルムの投影と解釈できるのかもしれません。この理論によりますと、リアルなものは2次元だということです。平面に暗号化されたものを立体として全て認識していますが、元々の情報は平面にあるのです。

ホログラフィック宇宙論では、ブラックホールの仕組みは宇宙全体が、2次元の中に全部エンコードされています。エンコードされることによって、立体的に宇宙全体に存在しているのです。

エンコード エンコードは、符号化ともいいます。デジタルデータを一定の規則に従って、目的に応じた符号に変換することです。  コンピュータにおいてはファイルの圧縮(「高効率符号化」ともいう)あるいは暗号化のことを指す場合もあります。

ブラックホールの問題はまだまだ、無解明な部分があります。

またホログラフィック宇宙論も、完璧に数式に完成されているわけではありません。ホログラムである概念のタイムワープがテレポーテーションという概念を作っているのではないのでしょうか。


まとめ

どこでもドアで行く感覚でエレベータに乗って火星に行っているらしい

量子テレポーテーションの世界では思うだけで瞬時に移動が可能

唯識の考えのように目に見えるものはみんな幻

ホログラム理論は、フィルムにある種のレーザー光線を当てることで立体的な映像を浮かび上がらせることが可能


紹介欄

量子テレポーテーション―瞬間移動は可能なのか? (ブルーバックス)

投影された宇宙―ホログラフィック・ユニヴァースへの招待

ブラックホール戦争 スティーヴン・ホーキングとの20年越しの闘い

新・宇宙戦略概論 -グローバルコモンズの未来設計図-

テレポーテーションとホログラフィック宇宙論
最新情報をチェックしよう!

荒唐無稽の最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG