コロナ対策で正常な人に遺伝子ワクチンを打つ

コロナ対策で正常な人に遺伝子ワクチンを打つ

この記事の概要

コロナ対策で正常な人に遺伝子ワクチンを打つことは、細胞機能を変容させます。細胞核の中には、人間のゲノムが正常な生命活動を営むために必要な最小限の遺伝子群を含む染色体の一組があります。人間としての遺伝子が格納されているのです。これを変容させるのです。正常な人に打っていいのでしょうか。これが巷で囁かれている人類削減計画の一環だとしたら非常に恐ろしい計画です。


ワクチン

秋風が吹く頃になると新型コロナウイルスワクチンの話題が、よく出てくるようになって来ています。普通のワクチンとして、ワクチンの代表的なものは、次のようなものがあります。
「生ワクチン」:病原体は生きているが、病原体のウイルスや細菌が持っている病原性を弱めたもの。(弱毒性ワクチン)
「不活化ワクチン」:病原性を無くした細菌やウイルスの一部を使い、生ワクチンに比べて免疫力がつきにくいので、何回かに分けて接種。
「トキソイド」:細菌の産生する毒素(トキシン)を取り出したもの。免疫を作る能力は持っているが毒性は無いようにしている。不活化ワクチンとして分類される
ウイルスをバラバラにして表面蛋白の抗原を何回か注射すると、抗体ができます。ウイルスを継代培養して、何回も培養していったら弱毒株が出てきます。それが弱毒性ワクチンになります。
その弱毒性のワクチンを人間に打てば、人間の細胞に感染しますが、発病しません。それに対して感染細胞、細胞性免疫(:食細胞、細胞傷害性T細胞 、ナチュラルキラー細胞が体内の異物排除を担当する免疫系)T細胞免疫(がんなどを攻撃する免疫の主力部隊)ができるようです。
このような種のワクチンは、イギリスの医学者ジェンナーが開発した天然痘予防の種痘、BCG(結核)、おたふくかぜなどのワクチンなどは、古くから研究されてきました。これらは、ウイルス細菌学者・医者が熱心に自ら頑張って開発されたものです。
患者さんを診る医者は、ウイルス細菌学をよく勉強して、努力の末に作り上げたものです。しかしながら、現在、言われている遺伝子ワクチンは、遺伝子学者たちが開発しています。彼らはあまり直接患者さんを診ない医者ではないかと言われています。中には医者ではない人もいるのかもしれません。

遺伝子ワクチン

例えば、遺伝子改良大豆には、遺伝学があります。医者が遺伝学で何をやっているのでしょうか。それは、遺伝子治療を現在行っているとのことです。
遺伝子欠損症という学術用語があります。精子と卵子がくっついて、どういう分けか、ある遺伝子だけ合体しなくなって遺伝子欠損症という正常細胞機能を維持できなくなり、早死にしてしまいます。
そこで正常に生きることができない人に遺伝子を入れ込んで、正常をもたらしめる治療です。がんは遺伝子を異常にしますので、それを正常にするために打ち消すような遺伝子を入れ込むのです。そうすると、がんが、がんでなくなります。この異常な細胞、欠損している細胞、異常化した細胞の機能を変容させる治療です。
この治療を今、遺伝子学者が行おうとしています。正常な人間の細胞にコロナ遺伝子がつきます。コロナ遺伝子の一部を正常な細胞に入れ込むのです。
そうするとコロナの細胞の表面蛋白を作って「ぺろっ」と顔を出せばT細胞免疫ができます。外に、「ヒョロヒョロ」って流れ出せばB細胞抗体免疫ができます。人間の正常細胞にコロナ遺伝子を入れ込むのです。それで、細胞機能を変容させます。
この細胞が正常に営んでいた機能を変容させて、コロナタンパクを作らせます。それに対してT細胞やB細胞が寄ってくるというのです。そして、「この遺伝子そのものに抗体ができます」と言う話ではないそうです。

細胞機能を変容させる

人間の細胞機能を変容させる話です。このことは大変心配なことがあります。この核の中には、人間のゲノムが正常な生命活動を営むために必要な最小限の遺伝子群を含む染色体の一組があります。人間としての遺伝子が格納されているのです。
この遺伝子ワクチンは、ゲノムに組み込まれ、これが異常になり精子・卵子に行けば、それが人間として代々永遠に続いてしまうのです。そうでなくても普通の細胞に入れば、ゲノムが変わり、がんにる可能性があるようです。
その細胞が死んでしまうだけかもしれませんが、下手したらがんになって増殖するゲノムに組み込まれてしまうかもしれません。ゲノムには入れないと言っていますが、細胞機能を変容させるのですから心配です。
外に出ないで中に溜まったら、細胞内蓄積症を起こすようです。溜まって出て行かないと細胞が死んしまうとか爆発してしまうらしいのです。
ウイルスタンパク蓄積症を起こすか、起こさないまでも細胞が元々機能しているのですから、その固有の細胞、固有の機能を阻害して機能異常をもたらしめるのではないでしょうか。こんな変なものを入れたら細胞機能がおかしくなって、おかしくなるのではないかと大勢の人々が心配しています。
一般の患者さんを治療するお医者さんの見解では、全く試みられたことのない新しい遺伝子治療を人間にやろうとしてるのです。
特に若い人々、これから成長していく過程で細胞が異常になったら大変なことになります。
医療関係者に優先的に打つとも言ってます。お医者さんたちは、まだ将来があるので絶対に打たないとおっしゃっています。医療関係者であれば、誰でもこのことは勉強しているので、誰も喜んで打つ人はいないと思うとのことです。

参考文献:ユーチューブ、新型コロナワクチンの正体

正常な人間を対象に集団的な遺伝子治療を行おうとしています。日本の感染状況ではそのようなリスクを負う必要はありません。

<https://www.youtube.com/watch?v=QmwJfOPgWVw>アクセス日:2020年9月7日

まとめ

ウイルスを継代培養して、何回も培養していったら弱毒株が出て、弱毒性ワクチンになる。これが真面目な医者たちによって開発された。

遺伝子ワクチンは、人間の正常細胞にコロナ遺伝子を入れ込み細胞機能を変容させます。
遺伝子ワクチンを正常な人に打とうとしている。

Amazonの紹介欄

現代医療の光と影2: ワクチン・ケムトレイル・遺伝子組み換え・TPP Kindle版

なぜワクチン薬害が起きるのか 子宮頸がんワクチンは【遺伝子組み換え】製剤だった Kindle版

新型コロナの正体 日本はワクチン戦争に勝てるか! ? (日本語) 単行本

コロナ対策で正常な人に遺伝子ワクチンを打つ
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG