UFO調査がアメリカでは極秘に進められていた

UFO調査がアメリカでは極秘に進められていた

この記事の要約

UFO調査がアメリカでは極秘に進められていたようですが、UFOは太古から飛来しており、宇宙人とも遭遇しています。政府機関や報道機関がいくら隠ぺいしようとしても、今後は隠すことができなくなるでしょう。世界中の人々に、スペースブラザーズの存在が分かる時代の到来です。

1. 極秘にUFO調査

米国防総省が秘密裏に未確認飛行物体(UFO)の調査を2012年まで行っていたというニュースが出てきました。調査は現在も続いているとのことです。

未確認飛行物体(UFO)調査は国防情報局の「先端航空宇宙脅威特定計画」の一環として2007~2012年まで実施されたとのことです。この極秘調査には、2,200万ドル(約24億円)が投じられました。

この極秘調査は、アメリカ軍が任務中に遭遇した飛行物体の調査や安全保障に与える脅威を評価したものです。

2. UFOの出現

今更と思えますが、公式にこのような形で報道される日が来たのだなと感じています。未確認飛行物体なるものは、太古から観測されてきたものです。例えば、聖書の記述に出てくる大きな魚というかクジラのような表現は、明らかに葉巻型母船のような形です。

世界各地で撮られている未確認飛行物体(UFO)は、偽物も多くありますが、多くは実際のものなのでしょう。日本では、皆神山周辺へのUFOの飛来は、有名です。

2011年3月11日、東日本大震災ののち、放射能が拡散しているということで「日本から避難せよ」といった報道が飛び交った頃、葉巻型母船が何機も日本上空に写った映像が動画サイトに載っています。

この時、葉巻型母船が日本上空に集まっていたのは、放射能を除去していたのではないかと言われています。スペースブラザーたちは通常、人が行ったことに対して一切関与しませんが、宇宙全体に関わることとなれば、手を出さなければならないのでしょう。

3. 現代人の生き方

これほどまでに、地球人の行っている科学の力というものは、宇宙から見たらあまりにも幼稚なことなのでしょうか。世界では、最高水準のエリートと言われている人々は、自然の生活に溶け込んだ生活をしている現地人に比べれば、余計な知識を持った高慢な人々でしかないのかもしれません。

現代の生き方を見れば、国同士の争いが絶えません。小さい子供の方が分かり合えます。「仲良くなればいいこと」だとすぐ気が付くからです。でも大人は、利害関係、損得勘定、「最も大事なのは自分だ」といった利己的な思いが強いのだと思います。宇宙意識とは真逆な思考です。

4. 縄文時代の人々

日本には、縄文時代呼ばれていた時代がありました。この時代は、世界を覆っていたのです。平和な時代でした。世界中には、その痕跡である巨石群が残っています。現代では理解できない宇宙の力が地球を覆っていたのでしょう。

半重力装置や、巨石群を通しての通信手段は、現代人の科学とは違っていました。人々のコミュニケーションは、イメージしただけで伝わったのです。言葉の表現には、限界があります。テキスト文字と絵のファイルではどちらが容量が大きいでしょうか。イメージは一瞬にして伝わります。言葉ではすべてを表現できません。

文字の記録がなかったから劣っていた人々だったと解釈されていますが、それは違います。言葉を必要としなかったのです。すべては、イマージで伝わっていたのですから。今よりは高度な文明だったのでしょう。

必要なものはすべて与えられており、争うことも競う必要ありませんでした。そんな宇宙的時代が地球にもあったのです。

5. 宇宙人の存在

これからはもう、未確認飛行物体を国や政府機関は隠し通せなくなるでしょう。

地球の近くには惑星があります。神は、無駄に惑星を創ったりはしません。他の惑星に人が住んでいることは信じられていません。太陽はすごく熱すぎて、それに近い水星には、人は住めないというのが常識です。それぞれの惑星に人類はいるのです。このことは、まだタブーですが。

アダムスキーが宇宙人と遭遇したときは、人間と同じ形をしていました。太陽系全部の惑星に、人類が住んでいます。

スペース救済プログラム。

 

太陽はすごく暑くて水星は住めない、太陽が運んでいるのは熱ではないことが分かってきてます。

「太陽は光も熱も出さない、ただ放射線を出している」と言われています。このことは、ヒマラヤ聖者の生活の探究の中でも語られています。この放射線は地球の大気に当たって、光線と熱を出します。大気の薄いところほど寒くなり、暗くなるのです。

太陽から近い遠いではなく、この光線が当たるところに大気があるかないかが、環境に適した温度をつくるのでしょう。

スピルバーグの登場から、宇宙人とはETのような形、グレータイプの形へと変容しています。

実は、金星人や土星人たちも地球人と混じってこの地上に住んでいると言われています。宗教をやっている人々にとっては、このことが事実と分かれば宗教の土台が崩れてしまうのです。政治的には知ってもらってもいいのでしょうが、選挙があれば支援団からの圧力が政治家へ行き、異星人についてはタブーにされてしまうのでしょう。

 

神々のルーツ―太古の昔から、宇宙人は地球に来ていた

シュメールの宇宙から飛来した神々1 THE 12TH PLANET 地球人類を誕生させた遺伝子超実験 (シュメールの宇宙から飛来した神々 1)

連日放送の相撲の暴行事件 日馬富士

連日放送の相撲の暴行事件

この記事の要約

連日放送の相撲暴行事件は、貴乃花親方が相撲協会を通り越して鳥取県警へ報告していることです。ガチンコ勝負に徹する貴乃花親方は、相撲協会でもみ消しされたくないことがあるようです。それは現在の相撲が今もなお、星の貸し借りが行われているということです。

モンゴル場外乱闘事件一色の報道機関

モンゴルと関係を持ちたい日本企業はたくさんあります。

旭鷲山がキーパーソンです。日本の最初の相撲選手でした。モンゴルでは最も権力を持ち大統領に近い存在です。また実業家としても成功している人です。モンゴル企業と日本との関りもありそうです。

旭鷲山と対立している人が朝青龍です。この二人がモンゴルの権力争いを行っています。モンゴルには200万人ぐらいしかいません。羊の方がはるかに多いのです。モンゴルで一番人気があるのは相撲レスラーです。子供たちが大きくなったら何になると聞かれれば「相撲レスラー」と答えます。

モンゴルの平均年収は、40万円くらいです。日本に行って相撲で成功して帰ってくると億単位のお金が入ってきます。日馬富士は引退しますが、退職金プラス10億近いお金がついてくると言われています。モンゴルと関係を持ちたい日本企業はたくさんいます。モンゴルは鉱物資源が非常に豊富で将来性がある国です。

中央アジアのど真ん中に存在しているため、鉱物資源を掘っても輸送費がかかるため手を付けていない状態でした。最近では、輸送費を支払っても、利益を出せるだけの企業が出てきているのです。日本企業は、日銀がマイナス金利でお金を貸してくれますから、タダ同然で資金を調達できるのです。そのお金をモンゴルの将来に投資するのです。

やっと出てきた星の貸し借り

テレビではついに星の貸し借りという言葉が出てきました。

大相撲の世界では星の貸し借りは当たり前なのです。モンゴル力士同志では、星の貸し借りは特に行われています。そのおかげでモンゴル人の横綱が3人もいるわけなのです。これはガチンコではなく、星の貸し借りをモンゴル力士が行っているからです。

なぜ日馬富士は、貴ノ岩を暴行したのか

プロレスは、まともにやったら故障者続出で、興行ができなくなります。大相撲も激しくぶつかり合うスポーツですから、まともにやっては、故障者が増えます。お互いに事前に話をつけておいて手抜きをしないと、体がもちません。相撲をスポーツと考えてはいけません。相撲は祭礼であり神事なのです。
八百長―相撲協会一刀両断

ところが、貴乃花だけは違います。貴乃花は現役時代からガチンコ勝負をしてきました。八角理事長は、現役時代、北勝海の名で横綱として活躍していました。兄弟子は、千代の富士です。同部屋でしたから、白星を分けてもらっていたとネット上では出回っているいます。それで横綱になれたというのです。現在は理事長です。

千代の富士がある力士に負けてやるわけです。そうするとその見返りに、その力士は北勝海に負けてあげるのです。これによって、北勝海が優勝したわけです。このような星の貸し借りは、長い間行われているのです。

モンゴル力士会

このような星の貸し借りがひどいのはモンゴル力士会です。ナンバー1が白鳳、ナンバー2が日馬富士なのです。

モンゴル力士会では、貴ノ岩の存在が目障りでした。貴ノ岩は、親方である貴乃花の言いつけ通りガチンコ相撲に徹していたからです。

貴ノ岩は、鳥取城北高校相撲部出身です。貴乃花親方は弟子たちに対し、稽古場を除いては他の部屋の力士と仲良く交流することを厳しく禁じています。他の部屋の力士と交流を持つと談合してしまうおそれがあるからです。

貴ノ岩が部屋をまたいだモンゴル勢の集まりに顔を出すことは、通常ないのですが、高校の相撲部OB会と監督が来られるということで、親方の許可が出たようです。日本人特有の義理人情があったのです。

モンゴル力士たちは、この時、待ってましたと言わんばかりに、貴ノ岩をぼこぼこにしたのです。事件の話では、貴ノ岩が礼儀を欠いていたのが理由で、しつけのために戒めたと言われていますがそうなのでしょうか。

モンゴル力士同士の星の貸し借りなら表に出たのでしょうが、表に出せない理由があります。

貴ノ岩、2017年初場所で大金星

貴ノ岩は、初場所で白鳳にガチンコ勝負で勝ったのでした。この取り組みで貴ノ岩が勝ったことが発端なのです。この制裁で暴行を受けたという可能性があるのです。

モンゴル力士会では、手を抜かないと体がもたないと皆、分かっていたのですが、貴乃花部屋の若い衆は手を抜かないので邪魔な存在だったわけです。

貴乃花親方が、八角理事長を通り越してと鳥県警へ届けたのは、相撲協会でもみ消しされないためであったのです。そのような意味では貴乃花親方の行動も理解できます。

白鳳の相撲は、評判がよくありません。40回の優勝に疑問を呈する評論家の人も多いいようです。談合試合を維持するために自分の影響力を行使して、観客へ万歳三唱を求め行ったことはどうなのだろうか。

日本の長い伝統ある相撲で、白鳳の「待ったに対する土俵での抗議」は、あるまじき行為であったわけです。礼節を重んじる日本の相撲界では、黙っていていいのでしょうか。

最終的には日馬富士が詰め腹を切らされたわけです。これは突然の引退で八百長のもみ消しを行ったのではないかとささやかれています。

八百長―相撲協会一刀両断

出場選手

貴ノ岩 義司氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で貴乃花部屋所属の現役大相撲力士です。最高位は西前頭2枚目

日馬富士 公平氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で伊勢ヶ濱部屋所属の元大相撲力士であり第70代横綱でした。

貴乃花 光司氏は、東京都杉並区出身の元大相撲力士であり第65代横綱でした。所属した相撲部屋は藤島部屋、後に二子山部屋。現在は一代年寄・貴乃花で貴乃花部屋の師匠です。

白鵬 翔氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で宮城野部屋所属の現役大相撲力士であり第69代横綱です。

八角親方氏は、本名は保志 信芳、現役時代は北勝海 。大相撲の力士で、第61代横綱でした。

旭鷲山 昇氏は、モンゴル国ウランバートル市出身で大島部屋所属の元大相撲力士であり実業家でありモンゴル国の政治家です。史上初のモンゴル出身関取です。

朝青龍 明徳氏は、モンゴル国ウランバートル市出身の元大相撲力士で第68代横綱でした。モンゴル国レスリング協会会長。現在は実業家、モンゴル国民投資銀行の経営者、タレント、コメンテーター、評論家、映画俳優、慈善家として多方面で活躍しています。

リチャード・コシミズの小説ではない小説 日本の魔界