CATEGORY

都市伝説

  • 2020年5月25日

ウイルス収束後の世界がこうなる

アイキャッチ画像引用:内閣府 この記事の概要 ウイルス収束後の世界がこうなることが予測されます。それは制限がある管理システムです。ワクチンの強制により人々は管理されます。都市に集められ行動できる範囲が制限されます。一方で、人にはロボット、AI、アバターが与えられ快適に暮らせる社会が実現されそうです。 コロナ騒動収束予測 これからの世界はどのようにして変化していくのでしょうか。過去に起きたスペイン風 […]

  • 2020年5月24日

鬼滅の刃の日輪刀はヒヒイロガネ

アイキャッチ画像:Amazon:Lyugym 鬼滅の刃 cosplay 模様刀 木製 コスプレ道具 コスプレ 変装 学園祭 男女兼用 (時透 無一郎)より この記事の概要 鬼滅の刃の日輪刀はヒヒイロガネでつくられているようです。太陽に一番近く、一年中陽の射すという陽光山で採れる猩々緋砂鉄と猩々緋鉱石から打たれた日本刀であり、合金するとプラチナや金剛石(ダイヤモンド)よりも硬度が高いのです。日輪刀の […]

  • 2020年5月23日

幻の金属ヒヒイロガネ

この記事の概要 幻の金属ヒヒイロガネは、合金するとプラチナや金剛石(ダイヤモンド)よりも硬度が高いとも言われているのです。精錬技術が失われたのか、資源が枯渇したのかはっきり分かりませんが、雄略天皇の時代に16菊花文の鏡を2枚作ったのを最後に精錬されなくなりました。ヒヒイロカネは、カカコノ山で産出したと記述されています。 ヒヒイロガネ 古史古伝における古代日本において、ヒヒイロガネは、さまざまな用途 […]

  • 2020年5月22日

聖書はフリーメイソンによってつくられた

この記事の概要 聖書はフリーメイソンによってつくられたのです。欽定訳のジェームズ1世は、フリーメイソンの組織に入会していました。彼は自らの権威を高めるために、イギリス国教会の力を上げることに専念します。そのために、使用する新しい聖書を自ら定めることこそが、権力を最大限に活用できる道だと考えていました。 キリスト教二つの流れ イエス・キリスを救い主として信仰するキリスト教は、信じる人たちの多くを救っ […]

  • 2020年5月22日

千利休はキリシタンだった

この記事の概要 千利休はキリシタンだったのです。千利休という名前は、病院に使われています。聖路加病院です。聖ルカ病院と呼びます。福音書を記述した医者であるルカに因んでいます。千利休も実は英語で、セイント・ルークなのです。日本語では、聖ルカ、センノリキュウと変化しています。お茶の点て方にも様々な聖餐式の要素が含まれています。 キリシタンだった千利休 千利休は、キリシタンだったと言う、仮説が出てきまし […]

  • 2020年5月20日

神社とは女性の体を象徴していた

この記事の概要 神社とは女性の体を象徴していたのです。神社とは、産道の象徴である参道を通り、母親の子宮を象徴するお宮へ参ることで、生まれる前の自分に戻る場所とも言われています。そこには宇宙の根源があり始めであり終わりである象徴でもあるのです。 神社は女性の形を意味している 初詣や社会科見学、散策などに、神社へ訪れる方も多いと思います。神社には、獅子や狛犬、鳥居があります。そこを抜けて参道を通った先 […]

  • 2020年5月18日

コロナワクチン接種時にマイクロチップ

この記事の概要 コロナワクチン接種時にマイクロチップが埋め込まれる可能性があります。ワクチンによるデジタル証明書が存在しない場合、追い返されます。社会に参加したければ、予防接種を受けに行くように言われるのです。これにより人々を完全に奴隷化したことになります。 バイオコンピュータ 世界的にステイホームが続く中、新世界秩序が到来しています。 新型コロナウイルスに対するワクチンが、できた暁には、ビル・ゲ […]

  • 2020年5月14日

霊峰剣山にはソロモンの秘宝アークが眠っている

この記事の概要 霊峰剣山にはソロモンの秘宝アークが眠っているという伝説があります。鶴岩、亀岩の下を131メートルほど掘り進んだところ、巨大な球体型をした太陽石が発見されました。高さ15メートルほどのピラミッド型の空間までも発見したというのです。 霊峰剣山 神聖な霊峰剣山は、多くの神社仏閣が建ち古くから修験道の聖地として知られています。西日本で二番目の高さを誇るこの山には、多くの謎が隠されているので […]

  • 2020年5月13日

不思議なレイラインが示す力の源

この記事の概要 不思議なレイラインが示す力の源は太陽の動きにあります。夏至や日の出、日没との関係があります。レイラインは、屈指のパワースポットです。直線上に偶然とは思えないほど聖地や遺跡、霊山があるのです。 イギリスのレイライン 20世紀初めに、イギリスにおいて The Old Straight Trackという書籍が話題を呼びました。 この書籍は、1925年に最初に出版されたアルフレッド・ワトキ […]

  • 2020年5月10日

世界を裏で動かすロスチャイルドの権力

この記事の概要 世界を裏で動かすロスチャイルドの権力の最大の力は、通貨発行権です。通貨発行権とは、お金を好きなときに好きなだけ発行できる中央銀行が持つ権利です。各国中央銀行が民間銀行であるため、多額の資本があれば株主になることができます。 世界を裏で動かす 世界を裏で動かすほどの影響力があるロスチャイルド家は、世界の金融、石油、政治、メディアなどを支配していると言われています。 1954年から年に […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG