織田信長はタルタリア的フリーエネルギーを使用

織田信長はタルタリア的フリーエネルギーを使用

この記事の概要

織田信長はタルタリア的フリーエネルギーを使用していたと考えられています。安土城跡がある近江八幡にはマッドフラッド、安土城周辺の構造と水郷・水路、赤煉瓦とレッドマーキュリーの痕跡があると推測されているのです。近江八幡市は、日本の中心であり世界の中心であると言われているほど特別な空間エネルギーを感じさせる場所なのです。


織田信長と近江八幡

安土桃山時代には、織田信長の強力なリーダーシップとフリーエネルギーが存在していたと考えられています。そこで重要なキーワードつ後の通りです。
織田 信長は、日本の戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名。戦国の三英傑の一人。 尾張国出身。織田信秀の嫡男。家督争いの混乱を収めた後に、桶狭間の戦いで今川義元を討ち取り、勢力を拡大した。足利義昭を奉じて上洛し、後には義昭を追放することで、畿内を中心に独自の中央政権を確立して天下人となった。
『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2022年9月4日 (日) 12:13 での最新版を取得。
  • マッドフラット
  • 安土桃山時代
  • 織田信長
  • 安土城周辺の構造と水郷・水路
  • 赤煉瓦とレッドマーキュリー
  • 滋賀県の近江八幡市
  • フリーエネルギー
レッドマーキュリーは、核兵器やその他の兵器システムの作成に使用される不確実な組成の物質であると言われています。核兵器の開発と製造を取り巻く大きな秘密のために、レッドマーキュリーが存在するという証拠はありません。
『フリー百科事典 ウィキペディア英語版』最終更新  1 August 2022, at 13:19での最新版を取得。

近江八幡市は、日本の中心であり世界の中心であると言い残したのは、メンソレータムを開発したウィリアム・メレル・ヴォーリズです。その言葉にもあるように織田信長公は、近江八幡を世界一のフリーエネルギー・フィールドとして活用しました。

ウィリアム・メレル・ヴォーリズは、アメリカ合衆国に生まれ、日本で数多くの西洋建築を手懸けた建築家、社会事業家、キリスト教の信徒伝道者。 ヴォーリズ合名会社の創立者の一人としてメンソレータムを広く日本に普及させた実業家でもある。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2022年8月28日 (日) 07:29 での最新版を取得。

目に見えない力とフリーエネルギー・ウォーターである水、水路、水郷を最大限活用したのです。経済商売人類世間を活性化するために、最近ではフリーエネルギーを活用していたと考えられています。

マッドフラッドは今から約200年前の話です。人類を瀕死に追い込むぐらいの泥の洪水が世界中を襲った伝説がYouTubeにはたくさん説明されている動画があります。この泥の洪水によって、人類の文明は、最近一度消滅していると言われています。

タルタリア帝国が、200年前に発生したマッドフラッドによって壊滅した時代の話です。イギリスを中心とするヨーロッパと激しい戦闘を繰り広げ遂に、1816年2月大量の核兵器による攻撃により、人類とその歴史と文明がこの世界から消え去ってしまった伝説が残っています。

マッドフラッドの証拠や痕跡は世界中にあります。世界中のあらゆるところで何メートルもの泥で一部が埋まってしまっている建物がその証拠だと言われています。ここでは、滋賀県の近江八幡に焦点を当ててみます。

建物の構造を見てみますと、一階部分の中程が泥で埋まり、建物の一部だけしか露出していないという共通点があります。窓の部分は、不自然に窓が地面に近い状態であったり、入り口や玄関が極端に下にあったりします。現代の建築から考えても不自然に作られているのです。

幼少期から学んできた歴史が実は、嘘だったかもしれないということなのです。マッドフラッドが起こった事実が全て隠蔽され、辻褄が合うよう、都合のいいように書き換えられているのかもしれません。

マッドフラッドやフリーエネルギーが使われていた痕跡が滋賀県近江八幡にもあるのです。例えば、石垣、水路、赤煉瓦などの構造物です。これらは非常に不自然な構造になっている建物です。


マッドフラッドを隠蔽するのは

マッドフラッドの歴史を隠蔽する最大の理由の1つは、闇の利権とフリーエネルギーにあると思われています。

世の中は支配者側がマッドフラットを隠蔽する理由は、医学的な利権とフリーエネルギーの存在を知られたら困る事情があると推測できます。

医学的な利権とは、医学は迷信である可能性があるかもしれません。本来、病気というものは存在しないことも考えられます。なぜならば、身体には本来の姿に元通りに戻ろうとする自然治癒力が働いているからです。

最近の研究では、虫歯でさえ削らず放っておけば元に戻ると言われています。ただし砂糖を摂取しないことが条件で、良質な睡眠をとり、腸内の善玉菌を増やし、ストレスを溜めない生活を続けることで自然治癒力が働くようです。

人は何かと病名を求めたがります。これが医学的迷信なのでしょうか。そこで医師は、「これは何々のがんですよ」と命名します。そこに利権が生じます。がん患者を1人入院させれば、年間病院は3000万円も儲かるというという話もあるらしいのです。

これからフリーエネルギーがあれば、おそらく医学医療が必要なくなるかもしれません。新しい時代には対処療法的な薬のほとんど要らなくなるのことも予測できます。

またフリーエネルギーが一般に流通すれば、電気は無料で全国民が無尽蔵に使えます。もしかしたらもう実は使われていて電気代だけ搾取されているかもしれません。


安土桃山時代とフリーエネルギーの謎

安土桃山時代には、フリーエネルギーが活発に使われていた可能性があります。安土桃山時代は、1573年から1603年頃です。戦国時代の終わりには、織田信長が登場し、安土城を築いたのが全盛期の時代です。

豊臣秀吉が全国統一を経て、江戸幕府が開かれるまでを安土桃山時代と呼ばれます。実はその安土桃山時代はフリーエネルギーが使われていたことが事実であるかもしれないのです。

その決定的な1つの資料があります。それは、南蛮屏風にあります。この屏風絵は、織田信長が栄華を誇った安土桃山時代に狩野内膳が描いたものです。

南蛮屏風
南蛮屏風

画像の出典:YouTube、【マッドフラッド近江八幡】織田信長はフリーエネルギーを安土桃山時代に使ってた?w

この絵の左の上に焦点を当ててみると、レッドマーキュリーやフリーエネルギーが使われていた証拠がもしれないのです。信長は、フリーエネルギーを最大限活用し、近江八幡に水路や水防を作ります。これは現在、八幡堀として現存しています。

水防として、近江八幡水郷があります。フリーエネルギーに欠かせない赤煉瓦は現在、旧中川煉瓦製造場ホフマン窯という形で残っています。近江八幡は煉瓦を制作していた歴史もあるのです


織田信長はフリーエネルギーを使っていた

織田信長はそれらを使って街を活性化させていたことが考えら得れます。現在は安土城跡には、跡形はほぼありません。しかしながら、その場所の波動や空間エネルギーは現在も残っています。この場所は、波動が違い、空間には何か違うエネルギー眠っていることを感じることができるかもしれません。

当時の安土桃山城の状況を実際に訪れた宣教師、ルイス・フロイスが残した文献のメモがあります。メモには外部が層ごとに区切られており、最上階は金色で金箔が貼られていた。重要な階層に煉瓦のように朱色に染まっていた階層があったとのことです。

石垣の上に天守がある極めて特異な設計の構造でした。地上3階までは巨大な吹き抜けの構造になっていました。これは、タルタリと言われる全文明の建物の多くには無駄な空間が多くみられます。

その前文明の建物を近現代人が宗教施設に利用しているところでは、「神の思し召しで将来エレベーターを設置するための吹き抜けだった」というのですが、そんな安っぽいものではありません。フリーエネルギーの施設だったのです。

安土城の天主初重は不等辺八角形で吹き抜けがあった説が有力ですから、その建物はフリーエネルギーを使用していたことの証です。また、石垣に水路がつながっていた文献を残しているようです。

その場所を訪れた人で感じる人にとっては、凄まじい磁場のエネルギーを感じようです。その感覚が鋭い人は、フリーエネルギーを使っていた確信を得るとのことです。

安土城の近くの日牟禮八幡宮の前に白雲館があります。この建物は、改装された後とはいえ、マッドフラッドの痕跡を感じさせます。

日牟禮八幡宮は、滋賀県近江八幡市宮内町にある神社。古くから近江商人の信仰を集め、二大火祭の「左義長まつり」と「八幡まつり」は国の選択無形民俗文化財である。境内地は八幡伝統的建造物群保存地区の構成要素。旧社格は県社で、現在は神社本庁の別表神社。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2022年5月23日 (月) 09:45 での最新版を取得。

その近くには、水路郭、石垣赤煉瓦風なの構造物が残されています。水路と水、石垣、煉瓦、フリーエネルギー、安土桃山時代、織田信長等色々とつながってきます。

天雲館
天雲館

織田信長は楽市楽座という革新的な経済システムを展開していました。それは現代でいうところのフリーマーケットです。自由な市場を開いたのです。この欠点としては、自由な人や物の行き来が行われるため他の有力武士が力をつける恐れがあるという点です。

仲介手数料なしで税金を出して好きなだ商売を展開してもらいたいという感じです。関税のような税金を取り払った環境は、小売人にとっては最強の土地になったのです。この時から伝説の小売人、近江商人誕生しました。

ここは、波動地場のエネルギー、空間エネルギーが他の場所とは段違いなのです。近江八幡は何か違うかというと、「世界の中心はここ近江八幡にある」とウィリアム・メレル・ヴォーリズが語る理由もわかります。

安土桃山時代はフリーエネルギー全盛期時代で下。狩野内膳の南蛮屏風にも描かれるように織田信長は安土城の城下を中心として、レッドマーキュリー、赤レンガ、水郷、水路、フリーエネルギーエネルギー・フィールドを最大限活用して経済を潤し、人々を癒し、その土地や街を癒していたのではないかと思われます。


URL<https://www.youtube.com/watch?v=R7ScqU1c5Ng&t=821s>アクセス日:2022年9月8日


まとめ

安土桃山時代はマッドフラッどの起こる前であり、タルタリア文明が近江八幡にも影響を及ぼし、赤煉瓦、水路、安土城の吹き抜けの建築様式などから、織田信長はフリーエネルギーを駆使していたことが考えられる。


紹介欄

【文庫】南蛮幻想:ユリシーズ伝説と安土城 (上) Kindle版

マッドフラッド Kindle版

織田信長はタルタリア的フリーエネルギーを使用
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG