生物兵器はスペインかぜのときから始まっていた

生物兵器はスペインかぜのときから始まっていた

この記事の要約

生物兵器はスペインかぜのときから始まっていたのです。ゲシュタポの元長官ハインリヒ・ミューラーの証言によりますと、「人類の歴史上最も破壊的な疫病は人間が作り出した」と語っています。スペインかぜは、合衆国陸軍の細菌戦争兵器として始まったのです。


免疫力が強い若者が死んでいった

新型コロナウイルス(COVID-19)に感染すると高齢者70歳以上の方々の死亡が多く報告されています。

理由は、「高齢者は免疫力が弱い」からだと言われています。

ところが免疫力が強いはずの若い人々が大勢亡くなった事例があります。それは、スペインかぜです。免疫力が強い若者がこんなに多く亡くなったのはどうしてでしょうか。これは大きな疑問です。

スペインかぜは、1918年~19年にかけ、全世界的に流行した、インフルエンザのパンデミックである。感染者6億人、死者4,000~5,000万人。

ウキペディア

一般的な回答は驚くほどシンプルなのです。それは次の通りです。

  • 1889年以降に生まれた人々は、1918年に流行した種類のインフルエンザウイルスを子どもの頃に経験していなかったため、免疫を獲得していなかったのが原因である。
  • 1889年以前に生まれた人々は、1918年に流行したインフルエンザと似た型のウイルスを経験しており、ある程度の免疫があった。

インフルエンザは一般的に次のように3種類あると言われています。

  • 1890年にアジアかぜが世界的に大流行した頃から、我が国ではインフルエンザのことを流行性感冒(流感)と呼ぶことが定着
  • 1918年のスペインかぜ(A/H1N1)別名(Aソ連型)
  • 1956年にアジアかぜ(A/H2N2)別名(Aアジア型)
  • H3N2(A香港型)

スペインかぜにかからなかった人々は、おそらく1890年に流行したインフルエンザの免疫があったのでしょうか。本当にそれだけなのでしょうか。


ハインリヒ・ミューラーの証言

1948年、ゲシュタポの元長官ハインリヒ・ミューラーは、CIAの尋問者に、「人類の歴史上最も破壊的な疫病は人間が作り出した」と語っています。

彼は、1918年~1919年のインフルエンザ大流行についても述べています。それは「世界の人口の20%を感染させ、そして6,000万人から1億人を殺した」と。

これは、第一次世界大戦において殺され、傷つけられた者のおよそ3倍にもなります。その数とは、第二次世界大戦での損失に匹敵しています。

現在のところ、この現代の疫病は歴史的事実を無視された状態なのです。

またミューラーは、次のように述べています。

ミューラーは、そのインフルエンザは、合衆国陸軍の細菌戦争兵器として始まったもので、それは何らかの方法で一九一八年三月にライリーKS基地の合衆国陸軍の階層のものたちを感染させ、そして世界中に広がった、と言った。

疫病「スペインかぜ」は人為的なものだったのか?

ハインリヒ・ミュラーは、ドイツの軍人、親衛隊員。ゲシュタポ局長として第二次世界大戦中のホロコーストの計画と遂行に主導的役割を果たした。最終階級は親衛隊中将。

ウキペディア

このことから、スペインかぜが意図的に人口を削減させる目的で作られた可能性があることは否定できません。

参考文献:疫病「スペインかぜ」は人為的なものだったのか?(フラッシュバック) By Henry Makow Ph.D.


国際金融資本家たちの謀(はかりごと)

考えてもみれば、1914年から1918年にかけて第一次世界大戦が行われていました。この時のターゲットは、若くて強い兵士です。20歳代から40歳代の最も強い年代の人々が大勢亡くなったのです。生物兵器によって。

2020年はどうでしょうか。現在は高齢社会です。ターゲットは70歳以上です。高齢者が発症すると亡くなります。明かに人口削減を考えているとしか思えません。

国際金融資本家たちは200年も暗躍しているのです。戦争で金儲けをしています。この謀について、アメリカやヨーロッパの人々は嫌というほど、経験してきました。

だからもうグローバル化、ワンワールド、ニューワールドオードに対して、Noなのです。アメリカはナショナリズムのトランプ大統領を支持しました。イギリスもEUを離脱です。

9.11以降世界はもう気づき始めているのです。国際金融資本家たちの謀を。


スペインかぜの他の要因

スペインかぜがパンデミックになったもう一つの要因として、「解熱剤アスピリン」が挙げられています。

このことを疑っていたのは浜六郎医師一人だけではありませんでした。「若い兵士を中心にアスピリンを解熱薬として服用後、大量の鼻出血を起こして死亡する者が続出した」という記述があったようなのです。

参考文献:1918年スペイン風邪パンデミックの真の原因: 武山祐三の日記


スペインかぜの歴史から学ぶ

現在の新型インフルエンザ対策にも同じ危険が存在していることをスペインかぜの歴史から学ぶことができます。

新型インフルエンザの副作用を利用してパンデミックを演出するというシナリオが用意されているとしたらとても危険です。

新型インフルエンザの危険性を煽るマスメディアの報道を毎日、目にしています。役所、医師、製薬会社、マスメディアによって情報操作を行っていないかどうか、正しい情報を取得する必要があります。


まとめ

スペインかぜ(インフルエンザ)は、合衆国陸軍の細菌戦争兵器として始まった


Amazonの紹介欄

新型インフルエンザ パンデミックの黙示録 一人の医師の論理学的考察

生物兵器はスペインかぜのときから始まっていた
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG