狂犬病が培養されて強力な武器

狂犬病が培養されて強力な武器として

  • 2018年3月19日
  • 2019年8月10日
  • 不思議

この記事の概要

狂犬病が培養されて強力な武器として存在している可能性があるのです。狂犬病の致死率は100パーセント。かつての文明国をも一夜にして滅ぼしたとも言われる恐ろしい感染力です。これを軍が保有しているとしたら、確かに対策方法を備えておく必要があります。

あなたも間違いなくかかっている 死に至る病い【日本病】 集団ふわふわゾンビ化の超感染力!


高度な文明をも滅ぼした

高度な文明として知られている古代マヤ文明は、なぜ滅んだのでしょうか。煙のごとく消えていったと言う説もあるくらいに謎に包まれています。

相当高度な文明の古代マヤ文明が、なぜ滅んだのでしょうか。その謎の一つの説に、マヤ文明は、ゾンビによって滅んだと言われています。

ゾンビとは腐乱したしたいが生きた人を襲っていく妖怪みたいな存在です。襲われた生きた人間もゾンビ化すると言う世にも恐ろしい奇病です。


ゾンビ

ゾンビというのは、ハイチのブードゥー教にゾンビは実在するという言い伝えがあります。仮死状態にさせる薬品があるとのことです。その後墓から蘇り、呪術師が蘇った者を奴隷の如く使ってしまおうというのです。


ゾン部対策マニュアル

施行されたのが2011年、4月アメリカのペンタゴンが、対ゾンビ対策マニアル、このプログラムが明らかになったのは2016年、

アメリカ軍の極秘ネットワークにあったと言われている「CONOP 8888」は、現在ではネットで公開されていますので、誰でも読むことができます。実際に読んで見た方々によりますと、想像だけでは書けない具体的な内容にだと言うのです。

計画の要約では、作戦行動に6つの段階(構想、予防、主導権奪取、制圧、安定化、文民への権限委譲)があります。

基本計画では、想定される状況、作戦遂行時の条件、司令官がするべき目的、守るべき施設や、優先して維持する社会システムがまとめられています。

この文書にはゾンビを8つに分類しています。病原体、放射能、黒魔術、宇宙由来、兵器利用、寄生生命体、ベジタリアン、ニワトリ。

「ベジタリアン」は植物しか襲わないゾンビで、「ニワトリ」はアメリカの農家が安楽死させたニワトリです。卵を産まなくなったニワトリが、死にきれずに土壌から抜け出てくる社会問題を元にしていると言うのです。


ゾンビが襲ってきたら

ゾンビが襲ってきたら、ゾンビになっていない人を守るにはどうすればいいのでしょうか。

ゾンビ発生原因のひとつとは、「ゾンビウィルス」です。致死率(ゾンビ化率)100%です。治療手段であるワクチンが存在しません。ウィルス被害を免れるためには感染しないことが唯一の対策です。ウィルス感染はゾンビの体液と直接接触する場合の他、空気感染・飛沫感染から生じることもあるため、一刻も早くゾンビ発生の中心地から離れることが重要になります。

ゾンビ病というは、狂犬病だとも言われています。狂犬病になると致死率100パーセント、ゾンビウィルス、ゾンビバクテリアが実在していて、これに感染してマヤ文明が滅んだのではないかと言われているのです。


ゾンビウィルスに感染した人がいるのか

麻薬を吸っている常習者が、突然ホームレスを襲ったりします。ある人は、全裸になってホームレスの顔に食いついてボリボリ食らうのです。

錯乱状態で顔の肉をボリボリ食べるのこの原因は、ゾンビウィルスではないのかと考えられています。人工的に培養して、強力な症状をもたらすように作り変えたのがゾンビウィルスと囁かれているのです。

ひょっとして、ペンタゴンが対策マニュアルを作ったのは、アメリカ軍がゾンビウィルスをつくっているのかもしれません。そこで、対策としてワクチンが準備されているのかもしれないのです。ハロウィンの時にゾンビ病になった人がいたらわからないだろうと思います。


まとめ

超古代文明を滅ぼしたかもしれないゾンビ病

ゾンビ病は、元は狂犬病でそれおを培養して強力なものにした


紹介欄

あなたも間違いなくかかっている 死に至る病い【日本病】 集団ふわふわゾンビ化の超感染力!

狂犬病が培養されて強力な武器
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG