正しいコロナ対策

正しいコロナ対策

この記事の概要

正しいコロナ対策は人間が本来持つ最強の免疫力に頼ることです。日本人は、ファクターエックス即ち季節性のコロナに対応できる記憶T細胞を持っているので、免疫力が非常に強いのです。コロナウイルスに特化したワクチンは、ほかの免疫力を阻害してしまう恐れがとても強いと言われています。


正しいコロナ対策

正しいコロナ対策には、次のことが考えられます。

感染症の範囲及び類型を新型コロナは、2類から5類に指定替えをすることです。2類には、急性灰白髄炎、結核、ジフテリア、コロナウイルスによる重症急性呼吸器症候群、中東呼吸器症候群、鳥インフルエンザなどがあります。5類はインフルエンザやウイルス性肝炎などです。

これによってインフルエンザ同様の扱いにすれば、病院が逼迫する恐れがなくなります。

ワクチン接種の即時停止をします。日本人は、ファクターエックス即ち季節性のコロナに対応できる記憶T細胞を持っているので、免疫力が非常に強いのです。コロナウイルスに特化したワクチンは、ほかの免疫力を阻害してしまう恐れがとても強いと言われているため、ワクチンを停止した方がいいのです。

毒薬モルヌピラビル認可の撤回です。(国内で使用できるのはアメリカの製薬大手メルクが開発)

イベルメクチンの政府による緊急輸入・各家庭に無償供与をし、予防投与を行います。無償供与しても一錠170円です。大したものではありません。イベルメクチンの効果の真実を報道すべきです。イベルメクチンをそれを全国民に配っても、それほどの予算を必要とはしません。

それに比べてモルヌピラビムは、ワンクール(一般には3ヶ月)でもって8万円も費用を要します。非常に高価でありビジネスの臭いがします。

イベルメクチンは、コロナ及びワクチン後遺症にも投与します。イベルメクチンがあれば、予防だけではなく、コロナにも効果があり、ワクチンの後遺症にも効果があります。イベルメクチンには、全てにおいてカバーできるのです。

イベルメクチンが単体でもって全ての問題を解決できます。

アビガンの即時、薬事承認し、軽症者に投与をします。アビガンにはアビガンの良さがあります。アビガンは日本国内で生産ができ、輸入に頼らざる得ないイベルメクチンとは違うメリットがあるのです。

アビガンを軽症者に投与することによって、今まで重症者が、多く発生しない状況でうまくコントロールしてきました。従ってこのアビガンを即時薬事承認することです。しかも軽症者に投与して、重症化する人を減らすことが必要です。

以上を行うことによってコロナは収束します。日本はコロナフリーになります。日本をコロナフリーにするのが困るので、(B. G.) に買収されている人々が、一生懸命アビガンとイベルメクチンを排除して、毒ワクチンを投与し、毒薬を飲ませようとしているのです。

抗寄生虫イベルメクチンは癌に有効であることが判明しています。ポール・チャン博士によれば、卵巣癌、乳癌、食道扁平上皮癌などの研究を通じて、イベルメクチンは、多種多様な腫瘍に有効であり、多重効果があることを示しています。

一方でファイザーのCEOは、「コロナに対する免疫の維持にはワクチン接種を3回1セットにした上で、今後数年間は毎年受けることが現実的だ」と述べています。

年3回を3年打つと9回ですので、通常は9回打つ前に、命が尽きます。ワクチンを5回打ったらどうなるでしょうか。言われているのは、コロナに対する免疫力は強くて、そのほかの病気に対しては免疫力が弱まっていくということです。ほかの病気で命を落としてしまうことが考えられます。


オミクロン蔓延で遅延虐殺か

オミクロン株は結局は、現状ではただの風邪と言われていますが、実際にそうだとしても、結局体の中で、スパイクタンパクが作られる状況には変わりがなければ、今までのコロナの種類のウイルスと同じだと思います。

最終局面と言っていますが、最終局面は3年後に始めてくるのではないでしょうか。

弱毒性オミクロン株を蔓延させた目的は、2回接種者が大量にADEに感染し、無症状患者になることです。弱毒でもスパイクタンパクを生成する能力には変わりはありません。

感染し回復した患者は、数年後には、血栓症・免疫不全・心不全・脳梗塞・ステージ4の癌になると言われています。これは陰謀論ではありません。今、我々の社会で起きていることなのです。イベルメクチンで感染予防しましょう。

このような状況になってくるとオミクロン株を軽視せずに、ある程度重大に考えておいて、毎週、ないし毎月予防投与しておくことが重要です。


陰謀論のレッテルで思考停止しまう人々

ウオールストリート・ジャーナルによりますと、(B. G.) らユダヤ人大富豪たちは、2009年5月5日トップ記事、ニューヨーク・マンハッタンで会合を持ち、各国政府の代わりに人口削減を進めると決定。5から10億を目標に。

これを一面トップで報じだ。以後、(B. G.) はワクチンで人口を削減できるとTED2000会議で発言。ワクチン開発に巨額投入。今世界で起きているコロナ・ワクチン騒動は(B. G.) たちの人口削減作戦。しかしながら、イベルメクチンで防御できるのです。政府厚生労働省・マスコミは(B. G.)とどのような関係なのでしょうか。


参考文献:ニコニコ動画、【2022年01月08日:リチャード・コシミズ Internet 講演】

<https://www.nicovideo.jp/watch/sm39869446?ref=search_tag_video&playlist=eyJ0eXBlIjoic2VhcmNoIiwiY29udGV4dCI6eyJ0YWciOiJcdTMwZWFcdTMwYzFcdTMwZTNcdTMwZmNcdTMwYzlcdTMwZmJcdTMwYjNcdTMwYjdcdTMwZGZcdTMwYmEiLCJzb3J0S2V5IjoiaG90Iiwic29ydE9yZGVyIjoibm9uZSIsInBhZ2UiOjEsInBhZ2VTaXplIjozMn19&ss_pos=1&ss_id=4fd1ddc3-058c-4926-af9d-549c3b3472bc>アクセス日:2022年1月10日


まとめ

コロナウイルスに特化したワクチンは、ほかの免疫力を阻害してしまう恐れがとても強いと言われているため、ワクチンを停止した方がいい。


紹介欄

知らないほうが……幸せかもしれない コロナワクチンの恐ろしさ

新型コロナ騒動の正しい終わらせ方

誰も書けない「コロナ対策」のA級戦犯 (宝島社新書) 新書

正しいコロナ対策
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG