世界の大富豪が人口削減を計画した

世界の大富豪が人口削減を計画した

この記事の概要

世界の大富豪が人口削減を計画した様なのです。このジェノサイドは地球の人口を5〜10億人まで減らしてエネルギー、環境、食料問題を解決するのが目的です。その手段がワクチン接種です。これほどまでに徹底してワクチンを進めているのは、何かあります。ワクチンでは新たな変異株に対して終わりが見てきません。治療薬を勧めるべきです。


人口爆発問題

このところワクチン接種が盛んに報道されています。その一方で、ワクチンによる人口削減の噂が流れています。まさか国家ぐるみでそんな人口削減を行うのでしょうか。ところが、闇の勢力は考えているのです。

誰が何んの目的でこのジェノサイドを実行しているのでしょうか。

地球の人口を5〜10億人まで減らして地球温暖化を阻止して、エネルギー、環境、食料問題を解決するのが目的らしいのです。

2009年5月、ニューヨーク、マンハッタンの邸宅に、世界の大富豪とヘッジファンドの帝王が集まりました。主たる参加者は、デービッド・ロックフェラーJr.、ウォーレン・バフェット、ジョージ・ソロス、マイケル・ブルムバーグ、テッド・ターナー、オブラ・ウィンフレー、議長役のビル・ゲイツでした。

議論のテーマは「世界の人口増大をいかに食い止めるか」でした。

ビル・ゲイツは「人類の未来に立ち塞がる課題は多いが、最も急を要する問題は人口爆発です。現在人口67億人が住む地球ですが、今世紀半ばには100億人の可能性もあり得ます。

このままの状況を放置すれば、環境・社会・産業への負荷が過大となり地球環境を圧迫することは目に見えています。

何としても人口爆発の流れを食い止め、83億人までに止める必要があります。各国政府の対応はあまりにスローで当てにはできません。潤沢な資金を持ち寄り、責任を持って地球の未来を救うためには、独自の対策と協力を推し進める必要があります」と主張したと言うのです。

デビッド・ロックフェラーの後釜になったのは、ビル・ゲイツでした。大富豪が集まって人口削減をしようとした記事は、大手の新聞社から出されました。

ビル・ゲイツは、テッド会議によく出ていました。その時に将来のアジェンダについて話しましたが、人口削減についても話をしていました。

招待客にだけ公開されているTED会議には2010年、登壇したビル・ゲイツは次の様に語っています。

「まずは人口です。現在、世界の人口は68億人です。90億人まで増加します。しかし、ワクチンや保険医療・生殖関連では十分な成果を収められればおそらく、10%から15%抑えることができるかもしれません。しかし今は増加率を1.3と見ています。」

ビル・ゲイツの頭の中にあるのは妊婦が赤ちゃんを産めない様にすることです。

そのためにはワクチンが一番最適であると言うことです。妊婦にワクチンは有効であると発表されましたが、実際のところ妊婦に打つことによって赤ちゃんを産めない様にしているのです。これが人口削減の直接的な方法です。

2015年のTED会議において、ゲイツは次の様に述べています。ウイルスに関する講演をした際に、「1000万人以上の人々が、次の数十年で亡くなる様な災害があるとすれば、それは戦争というよりはむしろ感染症の高いウイルスが原因となる」と予言しました。


人類をウイルスで間引き不妊化させて人口抑制を促進する

ビル・ゲイツがその正体を明らかにしたのは2010年カリフォルニア州で開催されたTED2010会議です。

ワクチンや医療、生殖の技術を駆使して劣等人類が勝手に増えないように、女性中絶の促進と不妊化、男性も生殖機能を落とすといった複合的な方法で、「10億人以上の人類を間引く」と宣言したのです。

さらにこう述べています。「平常が戻るのは全世界の人々にワクチンを接種したときだけだ」と。だから政府がワクチンを強行しているのです。ワクチンパスポートまで同調圧力で進めようとしています。

世界の7社のワクチンの会社はビル・ゲイツの資金が入っています。ゲイツがウイルスやワクチンによって人口削減をしようとしていることをしている人々はヨーロッパにもアメリカにも大勢います。


参考文献:ニコニコ動画、2021.08.29 リチャード・コシミズ新型コロナウィルス戦争327 テーマ別 ワクチンと人口削減ゲイツ、ロックフェラー

<https://www.nicovideo.jp/watch/sm39262820>アクセス日:2021年9月3日


まとめ

コロナワクチン接種が叫ばれている裏では、世界の大富豪たちはワクチンによる人口削減が計画されています。


紹介欄

こわいほどよくわかる 新型コロナとワクチンのひみつ

日本は戦争に連れてゆかれる 狂人日記2020

世界人類の99.99%を支配する カバールの正体 

新型コロナワクチンの闇――厚労省[劇薬に該当]審議結果報告書の意味すること[卵巣が危ない!]

世界の大富豪が人口削減を計画した
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG