三峡ダムは安全保障上爆破が最善策

三峡ダムは安全保障上爆破が最善策

この記事の概要

三峡ダムは安全保障上爆破が最善策と言われています。水利専門家の方々の間でもそのように言われていました。今は、他国から中国のアキレス腱がどこにあるか気付かれているため、雨季が終わった秋に自国で爆破する選択肢を検討しているとも言われています。


中国共産党の行方

アメリカ大統領選挙が11月3日に行われます。トランプ大統領が再選されれば、百年の時代の転換を迎える可能性があります。実際に、100年の転換とは、中国共産党に対してです。今までの中国共産党は、ディープステートにとっては、使い勝手のいい存在でしが、現在のリーダーがあまりにも突出し過ぎているために、潰す方向に動いているのかもしれません。
アメリカでは前衛のロックフェラーに代わり、後衛のロスチャイルドがトランプ政権を支えています。中国は、ロックフェラー側なのでしょう。
潰す計画は、日本において戦前に考えていたようでした。70年か80年遅れてアメリカがようやくそれに気づいたということのようです。共産党が潰れたからといって、中国はそれで立ち直るかというと、中国民族は根本的なものが違います。それは中華思想があるためです。
共産党でなくても蒋介石の指導は、メチャクチャでした。だから中国という国自体が、世界の覇権を握るだけの国になってもらうと迷惑するのです。
日本の貿易額がアメリカを超えていても中国で作っていたファーウェイはもう完全に潰されます。携帯電話と通信機器が7割から8割が潰れたような状態です。日本は貿易において、基本材としてファーウェイに材料を流出していました。今度はそれ以外に提供すればいいのです。8Kテレビまで行くと、韓国はついて来れません。スパイ防止法によって、韓国と断絶する方向が一番いいはずです。
報道によりますと、トランプ大統領は「世界で一番死亡者、感染者をだしているのは中国だ」と発言しています。ようやく2100万人という数字を出しました。水間氏は、「3月の末に2100万人ぐらい、死亡している可能性がある。それは共産党政権が倒れた後、その数字が出てくる可能性がある。根拠は、携帯電話の契約解除数で把握できる」と発信されていました。

三峡ダムの爆破は安全保障上必要

三峡ダムの問題は、一時のように報道されてませんが、雨季終わって秋の11月、12月には三峡ダムが爆破される可能性を秘めているようなのです。
理由は、インドも台湾も気づいているからです。それは、三峡ダムを破壊すれば中国の多くの都市を破壊できることに。
日本の政令指定都市(全国に20市:札幌市、仙台市、新潟市、さいたま市、千葉市、川崎市、横浜市、相模原市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市)に中国は、核弾頭ミサイルの照準を合わせてます。
打ち込んでくる前に、敵地攻撃である先制攻撃できることが話題になっています。そのためには、三峡ダムにも打ち込むぐらいの覚悟が必要だと言われています。
中国は、三峡ダムを安全保障上爆破するのではないかと思われています。今は放水どんどんするでしょう。150mから最大限20mぐらいまで落とせばもう被害も少なくなります。その時点、三峡ダム爆破というシナリオです。中国にとって、安全保障上それが最善なのではと思われています。
中国の水利専門家の間でも、安全保障の理由で三峡ダムを爆破する選択肢を考えていました。他国から爆破される前に、自国で爆破してしまうのではないでしょうか。中国は最終的には三峡ダム爆破する以外、安全保障上、選択肢はないのでしょう。そのような方向で検討に入っていると思われています。
例えば仮に、日本の政令指定都市に核弾頭が打ち込まれた後、一気に中国や北朝鮮を潰すぐらい攻撃ができる兵器が必要だとのことです。アメリカと中国の戦いが起きれば、日本は戦場になるでしょう。国土が灰になっても日本人の意思を通すためには、潜水艦を2倍ぐらいに増やし対抗することが必要なのかもしれません。
何も中国だけではなく、アメリカに対してであってもそのぐらいの脅威になります。日本が半分消滅したとしても、20杯、30杯(特殊な船の数え方、業界用語)潜水艦の弾道ミサイルで報復できるものを持ったないと安全保障上、国民の生命を守り切れないでしょう。
今の時代は、一般市民に対する先制攻撃は、あり得ないことです。しかしながら黙示録の赤い馬の例えで見てみると、どんな殺戮行為をしてくるのかはわかりません。
アメリカと中国の戦いは、大統領選挙後に一気に加速されると噂されています。対岸の火事ではすまされません。中国は核弾道ミサイルの照準を政令都市に合わせています。2020年秋、非常に緊張する時期になります。

参考文献:ユーチューブ、『三峡ダムは安全保障上爆破が最善の方法』第240回【水間条項TV】フリー動画

<https://www.youtube.com/watch?v=tLBttBaK0sk>

まとめ

トランプ大統領が再選されれば、百年の時代の転換を迎える可能性がある。

中国は、三峡ダムを安全保障上爆破するのではないか。


Amazonの紹介欄

米中決戦後の世界地図 日本再興が始まる Kindle版

「米中対立」のはざまで沈む日本の国難――アメリカが中国を倒せない5つの理由 (日本語) 単行本


三峡ダムは安全保障上爆破が最善策
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG