ビルダーバーグ会議とつながる人物や組織

ビルダーバーグ会議とつながる人物や組織

この記事の概要

ビルダーバーグ会議とつながる人物や組織とは、ロックフェラー家とロスチャイルド家であり、彼らのコントロール下にあります。CIAの協力先には、情報収集・情報分析のプロフェッショナルのパランティアにつながっているのです。


ビルダーバーグ会議

雑誌TIMEは1923年に創刊されました。この創刊号の表紙となった人物は、ジョセフ・ガーニーキャン氏です。彼は共和党の政治家でありフリーメーソンのメンバーとして知られています。

このTIMEの創刊にあたり出資していたのが、ロックフェラー家でした。イギリスの週刊新聞エコノミストには、ロスチャイルド家が関わっているということが推測できます。このようなメディアの裏側には、国際金融家の存在が見えます。

ロックフェラー家とロスチャイルド家に関連する要因としてあげられるのが、ビルダーバーグ会議です。ビルダーバーグ会議とは1954年から毎年1回、世界的影響力を持つ人物や企業を機関の代表が集まる完全非公開の会議のことです。

この会議の中心は、ロックフェラー傘下にあるアメリカの対外政策を司る外交問題評議会とロスチャイルド傘下にあるイギリスの国際問題を扱う王立国際問題研究所です。

つまりビルダーバーグ会議とは、ロックフェラー家とロスチャイルド家のコントロール下にある会議です。

この会議に参加したメンバーとして、ピーター・ティールやイーロン・マスク、フェイスブックの創業者マーク・ザッカーバーグ、キッシンジャーやビルゲイツが挙げられます。

注目すべき点は、影の大統領を裏でサポートしているのが、ピーター・ティールです。ピーター・ティールが創業したパランティア・テクノロジーズという企業があります。


パランティア

パランティアとは、2003年にテロリズムや犯罪行為を防ぐためのビッグデータの分析解析をするためのソフトウェアの開発提供を目的に設立された企業です。

特にGITHAMと呼ばれるパランティア独自のソフトウェアを使用することにより、人間の行動を、あらゆる種類のデータを目的に応じて収集し、そこから必要な結論を一瞬で引き出すことができるとのことです。

情報収集・情報分析におけるプロフェッショナルの組織がパランティアなのです。

この企業の名前は、トールキンの小説、「指輪物語」に登場するパランティーアが由来となっています。パランティーアは、すべてを見通す水晶です。まさに、この組織は、情報空間内におけ万物を見通す目の役割を果たしているのです。

このパランティアには 、CIA(中央情報局は、外国での諜報を行うアメリカ合衆国の情報機関)、NSA(アメリカ国家安全保障局は、アメリカ国防総省の情報機関)、FBI (連邦捜査局は、司法省に属するアメリカ合衆国の警察機関の一つ)といった官庁及び軍のほか銀行やヘッジファンドなど幅広い顧客がいるとのことです。

さらに2017年からはドイツの医薬品化学品メーカーであるメルクと業務定型を開始しています。このメルクとは世界最大のワクチン製造メーカーです。ワクチン開発のための実験には、ビル&メリンダゲイツ財団が資金提供しています。

パランティアの情報収集分析の対象は、医薬品協会などあらゆる業界に勢力を伸ばしているのです。

GAFAと呼ばれる企業は、プラットフォームサービスを広く提供しています。そうすることで収集した莫大な個人情報をビッグデータとして活用して勢力を伸ばしてきました。

そういった意味では、これらの企業に対する関心度は非常に高いのです。パランティアも情報を商材としている点では、GAFAと同じなので、今後より注目される企業になるでしょう。


裏でつながる組織

メディアは、コントロールされています。太平洋戦争と呼ばれている大東亜戦争を思い出してください。

このとき戦争へ煽ったのは、朝日新聞とNHK でした。これは陰謀論でもなく都市伝説でもありません。実際にそうでした。

情報操作をしている組織の一つがCIA中央情報局です。2006年7月18日に公開された国務省編纂の外交史によると、戦後日本においてCIAやGHQといった組織はマスコミを利用しアメリカにとって都合のいい情報だけを日本国内で流し続けていました。

このメディアを誘導するCIAとは一体何なのでしょうか。CIAとは1947年に、当時の大統領ハリー S.トルーマン指導のもと、設立された情報機関です。

CIAは、ある組織の人脈を中心に構成されています。歴代のCIA長官もその組織のメンバーから選ばれてきたと言われています。

つまりこのCIAには裏で暗躍する組織がありました。その組織とはスカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones)です。

スカル・アンド・ボーンズ(Skull and Bones) とは、1832年に設立されたイェール大学の秘密結社です。第41代大統領のジョージ・ハーバード・ウォーカーブッシュやその息子であり第43代大統領のジョージ・ホーカー・ブッシュもそのメンバーだと言われています。

この組織のシンボルは、頭蓋骨と二本の骨です。このシンボルを見てテンプル騎士団を思い浮かべてしまいますが、間接的につながっています。

一説によるとこのスカル・アンド・ボーンズとはイルミナティのアメリカ支部として設立されたとも言われています。

イルミナティは1776年に、大学教授だったアダム・ ヴァイス・ハウプトらによって設立されました。その組織は、ニュー・ワールド・オーダーを目指す私的サークルでしたが、彼らに資金提供していたのがロスチャイルド家の初代マイヤー・アムシェル・ロスチャイルドでした。

ロスチャイルド家の支援によって始まったイルミナティの意思をスカル・アンド・ボーンズは受け継ぎ、それをCIAと引き継がれていったのです。

CIAは、1953年にロックフェラーが所有するタビストック人間関係研究所と協力しある計画を遂行します。

それがMK-ULTRA計画です。この計画は1950年代から少なくとも1960年代まで行われていたとされる洗脳実験のコードネームのことです。この計画により人間の意識をコントロールする兵器の開発を目指していたものだと言われています。

『タビストック人間関係研究所』:研究、コンサルティング及びプロフェッショナル・デベロップメントを行う非営利組織の財団である。1947年9月にロンドンで、タビストック・クリニックのエリオット・ジェイクスらによって正式に設立された。英国における精神分析理論の拠点の一つとしても知られている。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 2020年3月14日 (土) 23:09 (日本時間)現在での最新版を取得。

『MKウルトラ計画』:中央情報局科学技術本部がタビストック人間関係研究所と極秘裏に実施していた洗脳実験のコードネーム。 MKは、被害者の名前にちなむ。米加両国の国民を被験者として、1950年代初頭から少なくとも1960年代末まで行われていたとされる。

『フリー百科事典 ウィキペディア日本語版』最終更新 最終更新 2020年7月16日 (木) 16:38 (日本時間)現在での最新版を取得。

マインドコントロールを密かに実行することで大衆は、自らネット上にメールや写真、電話番号などの個人情報を提供するのです。

その理由で、Facebook が全世界の個人情報を収集するためにつくられたのです。

この個人情報収集アプリが、開発されたことで、CIAの長年の夢が叶ったのです。実際にCIA は、SNS などの情報空間上のあらゆる文書を解析することに力を入れています。

このことは、CIAの協力先には、情報収集・情報分析のプロフェッショナルのパランティアにつながっているのです。

パランティアを設立したピーター・ティールと Facebook 創業者のマーク・ザッカーバーグらは、ビルダーバーグ会議に参加していました。

彼らとも関わりが深いCIA長官もスカル・アンド・ボーンズのメンバーも、ビルダーバーグ会議に参加しています。つまり彼らはビルダーバーグ会議を通してつながっているのです。


参考文献:YouTube:【やりすぎ都市伝説2020春】メディアを操る組織〜Mr.都市伝説 関暁夫から皆さんへ ニンナヨ考察〜


まとめ

ジョセフ・ガーニーキャン氏は共和党の政治家でフリーメーソンのメンバー

パランティアは犯罪行為を防ぎ分析解析をするためのソフトウェアの開発提供

情報操作をしている組織の一つがCIA中央情報局

SNSの開発により情報集取の夢が叶った


Amazonの紹介欄(商品リンク)

ビルダーバーグ倶楽部-世界を支配する陰のグローバル政府 

ビルダーバーグ会議とつながる人物や組織
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG