ノアの洪水前は人の寿命が長かった

ノアの洪水前は人の寿命が長かった

  • 2018年11月27日
  • 2019年7月25日
  • 不思議

この記事の要約

ノアの洪水前は人の寿命が長かったようです。地球は厚い大気で覆われており、有害な紫外線から生物たちは守られていました。地球環境が現代とは違っていて、生物たちが長生きできる環境として、高濃度酸素、高気圧、抗紫外線の条件が揃っていたのだと思われます。


医療技術の進歩が平均寿命を長くした

日本人は長寿大国になりました。(2016年の日本人の平均寿命は女性87.14歳、男性80.98歳で、いずれも過去最高を更新しました)平均寿命が伸びるというのは幼児の死亡率が低下していることも関係しています。それは医療技術が進んだことが大きな要因でもあります。

昔の人々は医療技術が発展していなかったため感染症などでの結核で亡くなっていました。今であれば、治療できたはずの病気です。

信長の舞では、人間50年と言う台詞がでてきます。50歳生きれば人生十分だと言われていました。歴史を遡れば遡るほど寿命は短かったといわれています。縄文時代は30代40代でこの世を去っていたと説明されていますが、本当だったのでしょうか。


世界の不老不死伝説

世界中の伝説や神話を見ていいくと、古事記の中では天皇の寿命は、遡れば遡るほど長いのです。このような傾向は世界中にあります。歴史では、昔の人々は寿命が短くなっていますが、実は大昔となると寿命は、もっと長かったのです。

神様の時代には、不老不死だったと言う話が世界の神話の中にはたくさんあります。世界中で共通しているのは、ある時から一気に寿命が短くなっているのです。最たる例は聖書に記述されています。ノアの大洪水以前の寿命は普通に600歳から900歳を超えるような年齢の方がたくさんいたのです。

ノアの大洪水以降、600歳から、400歳、200歳、100歳というふに一気に寿命が短くなってきました。ノアもかなりの年齢でしたが、それ以降、寿命がなぜ短くなっていったのでしょうか。

世界中に大洪水の神話があります。その時に何かしらの環境が変わったのではないかという仮説が浮かびます。地球環境が変わったことが要因で寿命が短くなったことがもっともらしい見解です。

ノアの大洪水以前の地球は、厚い水蒸気の雲で覆われていました。そのため星空が見えませんでした。太陽も薄っすらと光っているだけで、その代わり有害な紫外線を浴びることなく、人々や生物は皆、暮らしていたのです。


紫外線に浴びると寿命が短くなる

紫外線に当てたら殺菌されてしまいます。紫外線を数秒当てただけで細菌やウィルスは死んでしまうのです。その紫外線を日々浴びているのです。有害な電磁波を普通に浴びているわけです。健康的な小麦色の肌と宣伝して、それに踊らされてしまった人々は歳をとって大変になるのです。

有害な紫外線を浴びなければ、余計な細胞分裂をしなくて済むのです。有害な紫外線を浴びない状況と高濃度の酸素、気圧を高めにしたところ、ショウジョウバエの寿命が二倍三倍と延びた事例もあるらしいのです。非公式ですが、人間で行なってみたところ、白毛がなくなって、小皺が消えたという実例もあるとのことです。

暗闇の中で、高濃度、高気圧のカプセルに入ってみると寿命が延びるかもしれません。ノアの大洪水以前の環境はそのような環境だったが故に、人間はものすごく長寿だったのでしょう。


長寿の秘密はテロメア

洪水後に恐竜が滅びたとも言われていますが、大洪水以前は全てが大きかったのです。動物も長寿でした。歴史を分析して行くと、長寿の秘密はテロメアにあります。テロメアを保管したり長くしたり、修正できる酵素のテロメアーゼの働きも注目されており、今後、人がもっと長寿になれる可能性があります。

長寿の研究も超古代を分析していけば原因が将来的には、究明できるかもしれません。それによって、100歳、200歳は当たり前の時代がやって来ることができそうです。

環境の全てがかわっったのですから、空気、水、土、微生物など全てが変化してしまったのでしょう。その結果として食料となる植物や果実にも変化が起きてしまったのかもしれません。

大洪水以前の環境を再現できれば、不老長寿も夢ではないようです。ひょっとしたら、このことを実行して何百歳も生きている人がいるのかもしれません。


まとめ

現代の人々は医療技術の進歩で寿命が長くなった

太古の生物たちは紫外線から守られて生きていたので寿命が長かった

今後はテロメアの研究が進み100歳は当たり前の時代がやってくる


紹介欄

「臨死体験」が教えてくれた宇宙の仕組み

長寿伝説を行く―喜怒哀楽の人間ドラマ 姨捨て山・八百比丘尼・徐福と始皇帝


ノアの洪水前は人の寿命が長かった
最新情報をチェックしよう!

不思議の最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG