CATEGORY

前世

  • 2021年5月6日

自分を助けてくれる片割れの存在がいる

この記事の概要 自分を助けてくれる片割れの存在がいるのです。例えばツインソウル、ツインレイ、ツインスターといった魂の結びつきの存在です。ツインスターは、地球に対して大きな使命を抱えて降りて来る魂です。ツインスターはボランティア活動や、救助活動などの人助けを積極的に行っている人々に多いのです。 ツインスター 生まれ変わりや輪廻転生に関するスピリチュアル的な概念が混ざり合い誤解している方が増えています […]

  • 2021年5月3日

ツインソウルは自分と同じ魂の故郷から来た人

この記事の概要 ツインソウルは自分と同じ魂の故郷から来た人なのです。ツインソウルと出会って、共時性(シンクロニシティ)のような不思議な現象を体験することもあります。ツインソウルとの出会いの目的は恋愛ではなく魂の覚醒です。 ツインソウルとの出会い ツインソウルと出会うと、どのようなことが起こるのでしょうか。 そもそもツインソウルとは、何なのでしょうか。それは、ひとつの魂が二つに別れた関係と言われてい […]

  • 2019年3月5日

前世の記憶はいつ入るのでしょうか

前世の記憶はいつ入るのでしょうか。受精した時でしょうか。誕生した時でしょうか。、瞳の奥にその人の今まで歩んできた前世の記錄が込められています。前世で行った行いの結果を現生で清算し次のステージへ向かう準備が出来たら、地球から旅立つのでしょう。 ワイス博士の前世療法 (瞑想CDブック) 1. 生まれ変わり 遺伝子の中に生まれ変わりの情報が入っているわけではありません。生まれ変わりとは、漠然と次の世へ魂 […]

  • 2018年5月21日

中間世は転生と臨死体験の謎を解く

この記事の要約 中間世は転生と臨死体験の謎を解く鍵になります。2歳3歳の子供にお母さんのお腹の中に来る前どこにいたのと聞くと例外なく「空にいた」というのです。子供達は皆雲の上にいたと言います。生まれ変わりの時期が来ると一旦赤ちゃんになるのではないでしょうか。 死と臨死体験 視点を変えて人の生まれ変わりをみてみると色々あります。死後の世界をよくよく見ると、一貫してない謎というか矛盾が感じられます。 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG