CATEGORY

スピリチュアル

  • 2018年10月20日

アノニマスから一般市民への警告!

この記事の要約 アノニマスから一般市民への警告!によると一般市民は支配層のエリートたちに、家畜のようにされています。家畜の訓練の場は学校であったり教会だったりします。そこで家畜として洗脳されるのです。組織に従順な良い子として仕上げられ真面目に働かされます。 1. アノニマス アノニマスとは国際的ハッカー集団です。政府や組織のネットワークに侵入して情報を取り出したりする集団なのです。企業や政府が一般 […]

  • 2018年10月19日

南米で発見された白いミイラには謎

この記事の要約 南米で発見された白いミイラには謎の部分が多いのですが、防腐目的のために白い珪藻土で塗られていることは理解できます。もう一点は、棺に納められていたので身分の高い人物だった様です。白い神々の伝説がああるため、敬う気持ちを表したのかもしれません。 1. 真っ白いミイラの正体 南米で妖しいミイラが沢山発見されています。真っ白いミイラで、石膏を塗ったようなものです。ケイ素が塗られており、腐敗 […]

  • 2018年9月4日

諏訪大社の御柱際は古代ユダヤから伝わった

この記事の要約 諏訪大社の御柱際は古代ユダヤから伝わったものです。アブラハムの時代には、柱が一本建っていてそこが神の依代としての聖地でした。ソロモン神殿をつくるにあたりレバノンから杉を切ってエルサレムに運んきた方法が日本に伝わったということが考えられます。 諏訪大社の御柱際 御柱際は木の柱を引いてきて建てるという儀式を行っています。このような祭は世界中探しても見当たりません。一本の柱を広場に建てて […]

  • 2018年7月4日

臨死体験で明かされる宇宙の秘密とは

この記事の要約 臨死体験で明かされる宇宙の秘密とは、意思の速さとは光を超えており思った瞬間に意図したところへ行くことができるのです。過去とは確定していますが、未来には、いくつかの枝分かれがあり多くの世界が存在しています。どの未来を選ぶかには幅があります。 1.  臨死体験の共通点 一般のお医者さんに聞いてみると、臨死体験した人はたくさんいるようです。そのような臨死体験に近い昏睡状態の時に「不思議な […]

  • 2018年7月2日

松果体は精神世界とつなぐ通り道

この記事の要約 松果体は精神世界とつなぐ通り道ですが現代人はこの松果体が機能していません。二元性の世の中で、善悪の区別をつけてしまい物事を様々な方向から見ることができなくなっています。第3の目が開かれたら、人生の仕組みが理解できるようになり恐れなどがなくなり、生きていくことが容易になります。 1. 松果体(Pineal Gland) 人間の頭の中心部には松果体という内分泌器があります。基本的な機能 […]

  • 2018年5月21日

中間世は転生と臨死体験の謎を解く

この記事の要約 中間世は転生と臨死体験の謎を解く鍵になります。2歳3歳の子供にお母さんのお腹の中に来る前どこにいたのと聞くと例外なく「空にいた」というのです。子供達は皆雲の上にいたと言います。生まれ変わりの時期が来ると一旦赤ちゃんになるのではないでしょうか。 死と臨死体験 視点を変えて人の生まれ変わりをみてみると色々あります。死後の世界をよくよく見ると、一貫してない謎というか矛盾が感じられます。 […]

  • 2018年3月30日

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔

ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔 の要約 ダンテの「神曲」は光と闇すなわち神と悪魔の相対を表現しています。この世は常に相反するものがありバランスが取れています。カトリックの世界観を紹介し、地球という概念、地表がこの世、天界、地球の外は、10の層になっているのです。一番高いところに神様がいるという説です。 1. ダンテの神曲 ダンテの神曲とは、カトリックの世界観を紹介しています。地球という概 […]

  • 2018年3月30日

精神的世界と繋がる三島由紀夫氏は

精神的世界と繋がる三島由紀夫氏は の要約 精神的世界と繋がる三島由紀夫氏は、右翼的な思想は神道的傾向にあり、神々の物語や日月神示のような宗教的思想、輪廻転生、UFOなどの神秘的出来事にもとても鋭敏だったようにも思える能力があり、外部とのコンタクト能力にも秘めていたのかもしれません。 1. 作家は精神世界と繋がっている 三島由紀夫氏は、ノーベル文学賞候補の作家にもなりました。それと同時に右翼でもあり […]

  • 2018年3月9日

タイムトラベラージョン・タイター

この記事の要約 タイムトラベラージョン・タイターが未来の2036年からタイムトラベルを実行しました。コンピュータ・ネットワークのバグで、世界中が大混乱に陥るというのだそうです。2年前の2036年に、ジョン・タイターは決意するのでした。 1.タイムトラベラー 2036年頃の未来から、戻ってきたタイムトラベラーが話題になったのは、2000年問題の頃でした。1999年は、2000年問題と、1999年第7 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG