CATEGORY

サイエンス

  • 2020年3月29日

日本のBCG株が新型コロナの流行を抑えていた

アイキャッチ画像の水色の国が、日本株です。BCGワクチンは、様々な株があります。日本は東京172、中国はデンマーク株の亜型の上海株です。イランはパスツール1173株です。 隣国イラクは東京と同じ172株です。イランに比べ流行数は抑えられているのが歴然としています。 この記事の概要 日本のBCG株が新型コロナの流行を抑えていたようなのです。BCGは人間の基本的な免疫機能を強化する作用があるとされてい […]

  • 2020年3月6日

水プラズマが一瞬に毒性廃棄物を消す

この記事の概要 水プラズマが一瞬に毒性廃棄物を消すのです。ゴミ問題を抱えている地球は、水プラズマの技術を使えば、一瞬で粉々になってしまいます。毒性も何処かに行ってしまいます。原始レベルに分解されるのですから。 水プラズマが地球を救う 摂氏2万度の超高温が危険な有害物質を瞬時に分解することができます。水プラズマが地球を救うというのです。 プラズマとは、個体、液体、気体に次ぐ第四の物資状態と言われてい […]

  • 2020年2月7日

脳死となったら培養してつくった脳のバックアップと入れ替え

この記事の要約 脳死となったら培養してつくった脳のバックアップと入れ替えが可能なのでしょうか。意識や記憶も新しい脳にインストールが可能になるのでしょうか。自分という意識が新しい脳に移り住むことが本能にできるのでしょうか。 オルガノイド 2019年8月26日に世界的な発表がありました。アメリカカルフォルニア大学教授がオルガノイドについてです。 (オルガノイドは、3次元的に試験管内 でつくられた臓器で […]

  • 2020年2月1日

人造コロナウイルスの脅威と対策法

参考文献・一覧表:YouTube 「東京オリンピック・・・!・・・中国新型コロナウイルスのヤバさ」がYouTubeに上がっていたので、まとめてみました。URL<>削除されていました。 非常事態宣言が発令されている現在、対策方法をみんなで分かち合う必要があると思いました。 この記事の概要 人造コロナウイルスの脅威と対策法は自然界の空気が綺麗な環境の一つである山小屋などに病人を一人で寝かし […]

  • 2020年1月9日

サピエンス全史は名著中の名著で大変面白い

この記事の概要 サピエンス全史は名著中の名著で大変面白いのです。最弱性能のホモ・サピエンスがなぜ、生き残ったのでしょう。ホモ・サピエンスだけが嘘をつけるようになりました。お金や宗教に、嘘のルールをつくり価値を持たせています。この虚構の世界をつくることができたので最強になったのです。 サピエンス全史の概要 上巻下巻合わせて約600ページもあります。一度は読んでみたいと思いますが、仕事や通勤で時間が取 […]

  • 2019年12月24日

古代からの神社は活断層の上に設置

古代からの神社は活断層の上に設置されています。日本列島創世の記録がある古事記を編纂した太安万侶の先祖は多氏にたどり着きます。多氏の拠点は阿蘇から始まり、多氏と所縁のある神社は諏訪大社、鹿島、香取神宮など活断層と関わる場所に建てられています。 地震を抑える要石 日本は地震が多い国です。神社では、地震のたびに祈祷が捧げられているのです。 鹿島神宮、香取神宮、この両方の神宮は要石、鹿島と香取はワンセット […]

  • 2019年10月10日

地震のほとんどは人造地震だった

地震のほとんどは人造地震だったのです。ダムを造る場所は地震がないところです。ダムができた後には地震が増えたのです。シェールガスを採取している場所でもほとんど地震がなかったのですが、稼働後、地震が頻発しています。これが海外では大問題になっています。 1. 人工地震 人工地震という言葉はお馴染みですが人造地震ということは、あまり聞き慣れていません。 今までは人工地震、地震兵器といった陰謀論的な噂が流布 […]

  • 2019年9月11日

地球は7.8ヘルツで共鳴共振している

地球は7.8ヘルツで共鳴共振しているのです。地球の固有振動数、地球の固有周波数はシューマン共鳴と言い、脳波も音波も電磁波もこの地球にあっては7.8ヘルツということでシンクロしているのです。 人の脳波 人の脳波というの5つに分かれます。 周波数が高くなればなるほど興奮状態になり、周波数がだんだんゆっくりになってくると、意識がどんどん下がって、最後は眠った状態になります。 ガンマ波(Γ波)(26ヘルツ […]

  • 2019年5月14日

ガイア理論と宇宙の法則に基づいて

ガイア理論と宇宙の法則に基づいて世界の文明は発展しています。6400年前のシュメール文明から、1611年毎に22.5度移動し交互に文明が繁栄する法則があります。22.5度づつ文明の中心が1600年周期で動いているのです。西回りの文明は物質面の文明が繁栄して、東回りの文明は、精神面の文明が繁栄するようです。 1. ガイア理論 1960年にパプロックというイギリスの学者の仮説で、「もし地球が一つの生命 […]

  • 2019年4月23日

シンギュラリティとAI人工知能の未来とは

シンギュラリティとAI人工知能の未来とは、AIが人間の知能を超えることによって、世の中の概念が変わることを言います。これが2045年に起きると予測されています。テクノロジーの進化は直線的ではなく90度の断崖絶壁のような上がり方のグラフになります。AIの力で全てが一気に変わります。 1. シンギュラリティ 人類最大の危機とは、災害ではなく、核戦争でもなく、宇宙人の侵略でもなく、AIなのです。 シンギ […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG