CATEGORY

サイエンス

  • 2022年4月21日

老化防止はサーチュイン遺伝子が鍵を握る

この記事の概要 老化防止はサーチュイン遺伝子が鍵を握るのです。細胞を修復する酵素を活性化すると細胞分裂を促すだけではなく「修復する」つまりミスコピーを修復するのです。老化はミスコピーから始まります。ミスコピーを修復してあげれば、細胞分裂して […]

  • 2022年4月8日

世界中の精巧な石垣が作られていく過程

この記事の概要 世界中の精巧な石垣が作られていく過程には低温鋳造、機械加工、高温の鋳造が考えられます。モザイク式乱済み石垣は、特殊な高炉に石灰岩を入れて加工すると酸化カルシュウムができます。この酸化カルシュウムに水を入れるとセメントの性質を […]

  • 2022年2月13日

水からフリーエネルギーが開発された

この記事の概要 水からフリーエネルギーが開発されたようです。高周波攪拌振動機を使用して、ある一定の周波数を水に与え続けます。そうすると水が違うものに分離します。分離した元素がXです。エネルギーとしてだけではなく放射能汚染を無効化する働きもあ […]

  • 2022年2月6日

洗脳装置は自然界から遮断してつくられる

この記事の概要 洗脳装置は自然界から遮断してつくられるのです。人間が自然界で培ってきたさまざまな要因から切り離された途端に、洗脳されやすい体質になってしまいます。地球自身が持っている電磁環境から隔離されています。そうすると人間は一種の洗脳状 […]

  • 2021年12月12日

日本で新型コロナが流行らないファクターXとは

この記事の概要 日本で新型コロナが流行らないファクターXとは要するに、季節性のコロナに対応できる記憶T細胞を持っているということなのです。その記憶T細胞は、新型コロナにも対応してくれるために、日本が新型コロナを抑えられている状況が形成されて […]

  • 2021年7月16日

酸化グラフェンはグルタチオンの喪失を招く

この記事の概要 酸化グラフェンはグルタチオンの喪失を招くようです。グルタチオン分子から電子が取り出す酸化グラフェンは、酸化を促してしまうものなのです。グルタチオンは、人間の体内に広く分布するプペチドという化合物です。強力な抗酸化作用があり、 […]

  • 2021年6月12日

感染症は18ヶ月で収束する法則がある

この記事の概要 感染症は18ヶ月で収束する法則があるようです。ニュートンは、そのわずか18ヶ月の間において様々な発見をしています。コペルニクスはパンデミックから逃れダビンチと出会い視野が広まり、地動説を唱えました。これまでの感染症は、時が来 […]

  • 2021年4月28日

ユダヤ人の定義が「母親がユダヤ人であること」

この記事の概要 ユダヤ人の定義が「母親がユダヤ人であること」に変わりました。しかしながら、これではYAP遺伝子が伝わりません。日本で言うならば、女系天皇を認めるようなものです。DNA的にアシュケナージもスファラディも正当なイスラエルの民とし […]

  • 2021年2月17日

日本人の主要民族は古代イスラエル人だった

この記事の概要 日本人の主要民族は古代イスラエル人だったことが理解できるようです。アジアを各地を旅行した人やユダヤ人と長く暮らしたことがあるヨーロッパ人が、江戸時代、明治時代に訪れて驚いたのは、日本人はユダヤ人の顔にそっくりだということでし […]

  • 2020年9月28日

未来に原因があって現在がある

この記事の概要 未来に原因があって現在がある事は、予言が可能だという事です。時間は流れているのではなく、宇宙の時空はそもそも連続ではありません。飛び飛びになっています。量子論では、飛び飛びになっていきます。現在というのは過去にも未来にも滲み […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG