CATEGORY

サイエンス

  • 2021年7月16日

酸化グラフェンはグルタチオンの喪失を招く

この記事の概要 酸化グラフェンはグルタチオンの喪失を招くようです。グルタチオン分子から電子が取り出す酸化グラフェンは、酸化を促してしまうものなのです。グルタチオンは、人間の体内に広く分布するプペチドという化合物です。強力な抗酸化作用があり、 […]

  • 2021年6月12日

感染症は18ヶ月で収束する法則がある

この記事の概要 感染症は18ヶ月で収束する法則があるようです。ニュートンは、そのわずか18ヶ月の間において様々な発見をしています。コペルニクスはパンデミックから逃れダビンチと出会い視野が広まり、地動説を唱えました。これまでの感染症は、時が来 […]

  • 2021年4月28日

ユダヤ人の定義が「母親がユダヤ人であること」

この記事の概要 ユダヤ人の定義が「母親がユダヤ人であること」に変わりました。しかしながら、これではYAP遺伝子が伝わりません。日本で言うならば、女系天皇を認めるようなものです。DNA的にアシュケナージもスファラディも正当なイスラエルの民とし […]

  • 2021年2月17日

日本人の主要民族は古代イスラエル人だった

この記事の概要 日本人の主要民族は古代イスラエル人だったことが理解できるようです。アジアを各地を旅行した人やユダヤ人と長く暮らしたことがあるヨーロッパ人が、江戸時代、明治時代に訪れて驚いたのは、日本人はユダヤ人の顔にそっくりだということでし […]

  • 2020年9月28日

未来に原因があって現在がある

この記事の概要 未来に原因があって現在がある事は、予言が可能だという事です。時間は流れているのではなく、宇宙の時空はそもそも連続ではありません。飛び飛びになっています。量子論では、飛び飛びになっていきます。現在というのは過去にも未来にも滲み […]

  • 2020年8月7日

PCR検査はただの風邪も陽性にしてしまう

この記事の概要 PCR検査はただの風邪も陽性にしてしまうのです。そのため検査すればするほど陽性と判断されて感染患者が増え続けます。PCR法は遺伝子検査のグローバルスタンダードとして世界に認知されたものです。似たものをほとんど同じと判断してし […]

  • 2020年8月5日

死因はコロナではなく寿命か基礎疾患だった

(武田邦彦氏×宮沢孝幸氏の対談のまとめ) この記事の概要 死因はコロナではなく寿命か基礎疾患だったのです。イタリアで新型コロナによる死者が増大し世界を震撼させました。イタリアで新型コロナウイルスに苦しんだのはほとんどが、高齢者や基礎疾患のあ […]

  • 2020年6月25日

地震の地殻変動に伴う異臭は地質関係者では常識

この記事の概要 地震の地殻変動に伴う異臭は地質関係者では常識とされています。神奈川県の三浦半島で発生した謎の異臭が確認されています。大震前の揺れによる岩石の崩壊は、ニオイとともに電磁波を発生します。異臭の発生エリアで電磁波の値が高くなったり […]

  • 2020年6月17日

人体に無害な紫外線がコロナウイルスを不活化する

この記事の概要 人体に無害な紫外線がコロナウイルスを不活化する照明器具が開発されています。222ナノメートル(nm)紫外線による新型コロナウイルスの不活化効果を実験で調べたところ、非常に有益な結果が得られました。この紫外線を人の活動空間に照 […]

  • 2020年5月24日

BCG Tokyo172株は肺炎予防に効力がある

この記事の概要 BCG Tokyo172株は肺炎予防に効力があるので新型コロナに効果があると論文が出ています。オリジナルに近い東京株、ロシア株の効果はあるとのことですが、感染はすれど、死亡率が低いようです。BCG接種をしなかった時代は、現在 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG