CATEGORY

サイエンス

  • 2020年9月28日

未来に原因があって現在がある

この記事の概要 未来に原因があって現在がある事は、予言が可能だという事です。時間は流れているのではなく、宇宙の時空はそもそも連続ではありません。飛び飛びになっています。量子論では、飛び飛びになっていきます。現在というのは過去にも未来にも滲み出しているということです。 時間は存在しない 物理的に時間は存在しないという理論があります。アインシュタインも言っています。「物理的に時間が流れているのは、受け […]

  • 2020年8月7日

PCR検査はただの風邪も陽性にしてしまう

この記事の概要 PCR検査はただの風邪も陽性にしてしまうのです。そのため検査すればするほど陽性と判断されて感染患者が増え続けます。PCR法は遺伝子検査のグローバルスタンダードとして世界に認知されたものです。似たものをほとんど同じと判断してしまいます。 PCR検査は遺伝子検査 PCR 検査が、武漢風邪である新型コロナウイルスの検査方法だと思ってる人が大勢います。 テレビからその情報が流れています。し […]

  • 2020年8月5日

死因はコロナではなく寿命か基礎疾患だった

(武田邦彦氏×宮沢孝幸氏の対談のまとめ) この記事の概要 死因はコロナではなく寿命か基礎疾患だったのです。イタリアで新型コロナによる死者が増大し世界を震撼させました。イタリアで新型コロナウイルスに苦しんだのはほとんどが、高齢者や基礎疾患のある人でした。イタリア国立衛生研究所は、詳細な新型コロナの感染拡大に関するデータを調査し研究成果を発表しています。それによりますと、死亡した人の約96%には基礎疾 […]

  • 2020年6月25日

地震の地殻変動に伴う異臭は地質関係者では常識

この記事の概要 地震の地殻変動に伴う異臭は地質関係者では常識とされています。神奈川県の三浦半島で発生した謎の異臭が確認されています。大震前の揺れによる岩石の崩壊は、ニオイとともに電磁波を発生します。異臭の発生エリアで電磁波の値が高くなったり、電波時計が狂うなどの現象が起きていれば地殻変動によるものである可能性が高く電磁波の変化を検証すべきです。 首都圏直下地震 最近、首都直下地震が起こるのではいか […]

  • 2020年6月17日

人体に無害な紫外線がコロナウイルスを不活化する

この記事の概要 人体に無害な紫外線がコロナウイルスを不活化する照明器具が開発されています。222ナノメートル(nm)紫外線による新型コロナウイルスの不活化効果を実験で調べたところ、非常に有益な結果が得られました。この紫外線を人の活動空間に照射することにより、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制できる可能性がでてきました。 安全な紫外線がウイルスを殺菌する 人や動物の皮膚や目の安全を保ちながら、紫外線 […]

  • 2020年5月24日

BCG Tokyo172株は肺炎予防に効力がある

この記事の概要 BCG Tokyo172株は肺炎予防に効力があるので新型コロナに効果があると論文が出ています。オリジナルに近い東京株、ロシア株の効果はあるとのことですが、感染はすれど、死亡率が低いようです。BCG接種をしなかった時代は、現在の70歳代以上の高齢者です。高齢者に死亡率が高いのも相関関係がありそうです。 感染する環境 アメリカは今感染者が16万人2を声世界最大となりました。この数字はど […]

  • 2020年4月27日

CT検査はほぼ100%新型コロナであることを見分ける

この記事の概要 CT検査はほぼ100%新型コロナであることを見分けるようです。中国では、CT検査をかなり重要視して使っているようです。肺の写真に病変が見つかった場合は、新型コロナであるということが分かりました。 PCR検査よりCT検査を 現状では、PCR検査を待っている人が大勢います。そのために、PCRの検査数を必死に増やしていますが、現場はそう簡単にはいきません。 実際には、PCRの精度が非常に […]

  • 2020年4月20日

新型コロナに対して日本は大丈夫だ

この記事の概要 新型コロナに対して日本は大丈夫だとのことです。現状は、1人から1人に移す確率は、ほとんど横ばいに限りなく近いのです。新規の患者数はどんどん減って来ます。対策が十分効いているということです。 対策が効いている 新型コロナウイルスに感染した患者数を1週間毎に縦に並べました。期間は、先ず、4月4日から10日までの1週間です。 もう一つは、4月11から17日の1週間です。1週間毎に足してみ […]

  • 2020年4月14日

電気的宇宙論では現在の太陽は5番目の太陽

この記事の概要 電気的宇宙論では現在の太陽は5番目の太陽なのです。天王星が初太陽でした。続いて、海王星、木星、土星が太陽となったのです。役割が終わるとシュッとガスの塊になります。惑星は膨らむ性質を持ち、役割が来た時には、やがて、太陽のようになるのです。 プラズマ宇宙論こそが正しい ビッグバン宇宙論は間違いで、本当はこのプラズマ宇宙論(エレクトリック・ユニバース理論 )が正しいと言うのが最近の仮説で […]

  • 2020年4月11日

イベルメクチンは30年間使用されてきた歴史がある

この記事の概要 イベルメクチンは30年間使用されてきた歴史があるので、極めて安全な薬であるということに対して、異論を唱える人はいないはずです。このイベルメクチンは、ウイルスそのものを消すということです。この研究結果が正しければ、イベルメクチンはアビガンをも上回る特効薬になります。 イベルメクチンという薬 イベルメクチンという薬は、もともと寄生虫の治療薬として使用されている駆虫薬なのです。 フェンベ […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG