AUTHOR

life

  • 2018年8月2日

最新の量子脳仮説から導き出された意識

この記事の要約 最新の量子脳仮説から導き出された意識とは、脳内の情報処理には量子力学が深く関わっているということです。物質は重ね合わせから条件を選ぶことができ、意識は原子の振る舞いや時空の中に既に存在しているのです。観測したために結果も変わることになります。 1. 量子力学の世界 マクロの世界とミクロの世界では全く違うと思います。マクロの世界では粒子の波が別々でも、ミクロの世界は波と粒子の両方の性 […]

  • 2018年7月11日

古代からの神社は活断層の上に設置

この記事の要約 古代からの神社は活断層の上に設置されています。日本列島創世の記録がある古事記を編纂した太安万侶の先祖は多氏にたどり着きます。多氏の拠点は阿蘇から始まり、多氏と所縁のある神社は諏訪大社、鹿島、香取神宮など活断層と関わる場所に建てられています。 地震を抑える要石 日本は地震が多い国です。神社では、地震のたびに祈祷が捧げられているのです。 鹿島神宮、香取神宮、この両方の神宮は要石、鹿島と […]

  • 2018年7月7日

「ムー大陸」はどこの海に存在していたのか

この記事の要約 「ムー大陸」はどこの海に存在していたのかは諸説あります。氷河期にあったと言われるスンダランドが「ムー大陸」だったのではないかと言う説があります。その大陸は、沖縄諸島にまでつながっていたようです。東南アジアには、かつてとても高度な文明が存在していました。 1. ムー大陸の発見 新説によるとムー大陸は、今から12,000年前、氷河期が終わる頃に太平洋に存在していましたが、一夜にして沈ん […]

  • 2018年7月4日

臨死体験で明かされる宇宙の秘密とは

この記事の要約 臨死体験で明かされる宇宙の秘密とは、意思の速さとは光を超えており思った瞬間に意図したところへ行くことができるのです。過去とは確定していますが、未来には、いくつかの枝分かれがあり多くの世界が存在しています。どの未来を選ぶかには幅があります。 1.  臨死体験の共通点 一般のお医者さんに聞いてみると、臨死体験した人はたくさんいるようです。そのような臨死体験に近い昏睡状態の時に「不思議な […]

  • 2018年7月2日

松果体は精神世界とつなぐ通り道

この記事の要約 松果体は精神世界とつなぐ通り道ですが現代人はこの松果体が機能していません。二元性の世の中で、善悪の区別をつけてしまい物事を様々な方向から見ることができなくなっています。第3の目が開かれたら、人生の仕組みが理解できるようになり恐れなどがなくなり、生きていくことが容易になります。 1. 松果体(Pineal Gland) 人間の頭の中心部には松果体という内分泌器があります。基本的な機能 […]

  • 2018年6月26日

支配者層による完全自動化システム

この記事の要約 支配者層による完全自動化システムが、確立されています。人間の生活に欠かせない電気・ガス・水道、これらのものをがっちり押さえてさえいれば、永遠にお金が手元に入ってくることを知っています。エネルギー系は、支配者によって、全て握られているのです。 1. 完全自動化収益システム 電気、ガス、水道というのは光熱費として使い続けざるを得ないものになってしまいました。これこそが完全にドル箱なので […]

  • 2018年6月18日

恋は自分の性欲を満足させる心の動き

この記事の要約 恋は自分の性欲を満足させる心の動きであり、利己的に見えて実は、利他的なのです。すなわち、人類に万全を尽くすという感情の現れなのです。性欲という表現はちょっと直接的すぎます。人間にとって直接的言葉よりも概念化した言葉で表現するほうが好まれるため、恋と表現するのです。 恋と愛 恋とは愛に似ているように思えますが、愛とは全く違うようです。愛とは、人間が生存している意義であり、恋とは、性欲 […]

  • 2018年6月18日

伝説のダイダラボッチは存在していた

この記事の要約 伝説のダイダラボッチは存在していたのです。撮影されたのは昭和12年夏です。これしか書いてありません。写っている風景は茨城県の常陸太田市の山の中です。ダイダラボッチは、地球内部にいるとされる伝説があります。全裸で現れたと言うと地下の亜空間は、暖かいのでしょうか。 伝説のダイダラボッチ ダイダラボッチを聞いた事がありますか。デーダラボートも言いますが。いわゆる巨人です。昔話によく出てき […]

  • 2018年6月7日

「八咫鏡」(ヤタノカガミ)に記されたヘブライ語

この記事の要約 「八咫鏡」(ヤタノカガミ)に記されたヘブライ語の謎があります。聖なる鏡という小説には「我は在て在るものなり」というヘブライ文字が刻まれていて日ユ同祖論の古代イスラエル人が日本に渡来し、日本人の皇室及び日本人の先祖になったことに起因しています。 三種の神器とは皇室の王権の象徴 三種の神器とは皇室の王権の象徴であり、それをレガリアと言います。それを持っていることが正統性の証なのです。 […]

  • 2018年5月24日

火星には豊かな超文明がありました

この記事の要約 火星には豊かな超文明がありましたが大規模な核戦争に滅んだと推測されます。地球上でも核実験をすると発生する同位体があります。アルゴン40、キセノン129です。火星にはその同位体が異常なほど多いのです。自然界で大規模な核分裂は起きないのです。 火星のキノコ雲 火星にはマリネス渓谷という深い谷があります。その近くで、キノコ雲が捉えられました。爆発があれば大体、キノコ雲が上がります。火星に […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG