AUTHOR

life

  • 2020年1月25日

幸運を得るためには目に見えないものに心を向ける

この記事の概要 幸運を得るためには目に見えないものに心を向けることなのです。物質文明から精神文明に移行する大きな波がやって来ます。新しい時代に合わせてどんどん柔軟に、新しい経験を喜んで受け入れる気持ちで過ごすことがとても大切です。 2020年代とは 2020年代の占いとして共通して出てくるキーワードは「大激動」、「大変動」、「新しい時代の幕開け」などと、どんどん新しいものが、スタートしていく時代に […]

  • 2020年1月24日

5Gの到来で世界がどのように変化するのか

この記事の概要 5Gの到来で世界がどのように変化するのかが今話題になっています。5Gになると、携帯電話が登場した時よりの驚くほどの変化が訪れるというのです。そこにどんな需要があるかを見極めた人々が新しいビジネスの仕組みをつくる人々です。 テクノロジーの変遷 テクノロジーがわかっていないと、ビジネスも生活も思い通りにならなくなります。5Gについて最近よく耳にします。5Gとは、具体的には何のことなので […]

  • 2020年1月23日

岩手県奥州市河童のミイラは雷神雷獣だった

この記事の概要 岩手県奥州市河童のミイラは雷神雷獣だったのです。火事除けに雷神雷獣の代用として猫のミイラを屋根裏に祀られていました。それを誰かがカッパと言ってしまったので噂が広まってしまったのです。 カッパのミイラ カッパといえば妖怪の想像上の生き物を思い浮かべます。実在する宇宙人的カッパやユーマ的カッパもいれば、人魚もそうですが、カッパのミイラがかなり多く存在しています。 他には鬼のミイラや龍の […]

  • 2020年1月21日

ファーウェイの5Gが世界を席巻する時代

この記事の要約 ファーウェイの5Gが世界を席巻する時代が到来しています。イギリスがアメリカに同調しない動きがありヨーロッパも同様な動きを示しています。早くから5Gの営業を進めてきた中国が情報の主導権を握りそうなのです。 近い将来の大きな鍵を握るのは5G 近い将来はどのような時代になるのでしょうか。その大きな鍵を握っているのは5Gなのです。 2020年からは、5Gの時代になります。その主導権を握るの […]

  • 2020年1月18日

ピンクのズームX ヴェイパーフライ ネクスト%

この記事の概要 ピンクのズームX ヴェイパーフライ ネクスト%厚底シューズが使用禁止になるかもしれないと話題です。バネの利くカーボンファイバープレートが問題視されているからです。これが、「不公平な補助」というのですが、誰でも手に入れられる現状では、これは通用しないはずです。 カーボンファイバープレート 現在ピンク色の厚底シューズが話題になっています。それは、ナイキの厚底シューズです。この厚底シュー […]

  • 2020年1月9日

サピエンス全史は名著中の名著で大変面白い

この記事の概要 サピエンス全史は名著中の名著で大変面白いのです。最弱性能のホモ・サピエンスがなぜ、生き残ったのでしょう。ホモ・サピエンスだけが嘘をつけるようになりました。お金や宗教に、嘘のルールをつくり価値を持たせています。この虚構の世界をつくることができたので最強になったのです。 サピエンス全史の概要 上巻下巻合わせて約600ページもあります。一度は読んでみたいと思いますが、仕事や通勤で時間が取 […]

  • 2020年1月1日

最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たち

この記事の要約 最終学歴と偏差値によるブランド化された人間たちは、流される人間として養成されています。政治、大企業、軍隊、宗教組織にとって、この様な人は、好都合な道具です。目覚めた人間は、学歴も偏差値も必要ではありません。必要なのは、己の可能性と志なのです。 1. 悪魔が利用するのは宗教と教育機関 ナポレオンヒル博士の著書「悪魔を出し抜け!」の中で、悪魔が利用するのは、宗教と教育機関です。 この二 […]

  • 2019年12月24日

古代からの神社は活断層の上に設置

この記事の要約 古代からの神社は活断層の上に設置されています。日本列島創世の記録がある古事記を編纂した太安万侶の先祖は多氏にたどり着きます。多氏の拠点は阿蘇から始まり、多氏と所縁のある神社は諏訪大社、鹿島、香取神宮など活断層と関わる場所に建てられています。 地震を抑える要石 日本は地震が多い国です。神社では、地震のたびに祈祷が捧げられているのです。 鹿島神宮、香取神宮、この両方の神宮は要石、鹿島と […]

  • 2019年12月23日

伝説のダイダラボッチは存在していた

この記事の要約 伝説のダイダラボッチは存在していたのです。撮影されたのは昭和12年夏です。これしか書いてありません。写っている風景は茨城県の常陸太田市の山の中です。ダイダラボッチは、地球内部にいるとされる伝説があります。全裸で現れたと言うと地下の亜空間は、暖かいのでしょうか。 伝説のダイダラボッチ ダイダラボッチを聞いた事がありますか。デーダラボートも言いますが。いわゆる巨人です。昔話によく出てき […]

  • 2019年12月21日

Dの意思とは何かを紐解いてみると日本人が色濃く

この記事の概要 Dの意思とは何かを紐解いてみると日本人が色濃く関わっています。聖徳太子と未来記との関わり、D系統の遺伝子を40%も抱える日本人、ガイア理論による日本への文明のシフトなどにより平和な世界をつくり出す意思なのです。 Dの意思に出てくる人々 Dの意思の都市伝説に出てくる言葉があります。それらは、イエス・キリスト、イルミナティー、ウォルト・ディズニー、テンプル騎士団、日本人、フリーメーソン […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG