life
AUTHOR

life

  • 2019年10月10日

地震のほとんどは人造地震だった

この記事の要約 地震のほとんどは人造地震だったのです。ダムを造る場所は地震がないところです。ダムができた後には地震が増えたのです。シェールガスを採取している場所でもほとんど地震がなかったのですが、稼働後、地震が頻発しています。これが海外では大問題になっています。 1. 人工地震 人工地震という言葉はお馴染みですが人造地震ということは、あまり聞き慣れていません。 今までは人工地震、地震兵器といった陰 […]

  • 2019年9月11日

地球は7.8ヘルツで共鳴共振している

この記事の概要 地球は7.8ヘルツで共鳴共振しているのです。地球の固有振動数、地球の固有周波数はシューマン共鳴と言い、脳波も音波も電磁波もこの地球にあっては7.8ヘルツということでシンクロしているのです。 人の脳波 人の脳波というの5つに分かれます。 周波数が高くなればなるほど興奮状態になり、周波数がだんだんゆっくりになってくると、意識がどんどん下がって、最後は眠った状態になります。 ガンマ波(Γ […]

  • 2019年8月10日

五感以外の感覚第九感「ラプラス」が存在している

この記事の概要 五感以外の感覚第九感「ラプラス」が存在しているのです。人間が持つ感覚とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感です。これら以外の感覚を超感覚的知覚と呼ばれています。プラス3つの感覚を総合したすごい能力が第九感なのです。 人が感じとらない感覚 人間が持つ感覚とは、視覚、聴覚、触覚、味覚、嗅覚の五感です。これ以外の外器官というのがESP(超感覚的知覚 (extrasensory perc […]

  • 2019年8月8日

謎とされる富士王朝・不二阿祖山太神宮

この記事の概要 謎とされる富士王朝・不二阿祖山太神宮は古史古伝といわれ、富士文献、通称宮下文書といわれる文献です。富士山麓には、最終的には天皇家につながる神武天皇以前に、古代王朝といわれる王朝が存在していたのです。 1. 富士山麓古代王朝 富士山に王朝があったと言う話です。古史古伝といわれるジャンルで、富士文献、通称宮下文書といわれる文献があります。 古事記・日本書紀とは全く違うものです。富士山麓 […]

  • 2019年7月11日

龍神族と牛神族に世界は分かれている

この記事の要約 龍神族と牛神族に世界は分かれているようです。龍神と牛の神様はとても仲が悪いのです。東洋では、龍を神に位置付け、西洋では旧約聖書のヤハウェーに代表されるように牛の神の性格があり、龍はサタンなのです。 1. 龍神伝説 世界中には、龍を神として崇めているところがありますが、キリスト教圏では、龍は悪魔の化身とされています。すなわちサタンの化身なのです。蛇みたいなイメージで、悪魔として位置付 […]

  • 2019年7月3日

古代人は巨人として生きていた

1. 実在した巨人達 ギネスブックによりますと、歴代で背が一番高かった人は、ロバート・ワドロー氏(272cm)です。写真は下にあります。(写真は全てウィキペでイアより引用) 次は、モンゴルウランバートル1922年の(写真)です。この方も大きいですね。 次いて、アメリカサンディエゴにあるスミソニアン博物館にあるミイラの(写真)です。 ギネスブックで世界一背が高いロバート・ワドロー氏は272cmですが […]

  • 2019年6月15日

秀真伝(ホツマツタエ)は天照大神が男神である

秀真伝(ホツマツタエ)は天照大神が男神である の記事の要約 秀真伝(ホツマツタエ)は天照大神が男神である ことが述べられています。藤原不比等が、女神として位置付けたという説と邪馬台国の卑弥呼がイメージしたという説がありますが男の神様として太陽神が考えられていたことは事実だったのです。秀真伝の中で、一貫して天照大御神が男の神として描かれているのです。 1. 秀真伝(ホツマツタエ) 日本には、日本の超 […]

  • 2019年6月10日

日月神示と神代文字に秘められた謎

日月神示と神代文字に秘められた謎 の概要について 日月神示と神代文字に秘められた謎 は麻賀多神社の境内にあったのです。岡本天明が神がかって日月神示を降ろしたという話があります。日月ときたら必ず合体させることなのです。明るいと書き、天之日津久を合体させ、明るい天と書いて天明となります。岡本天明につながります。 言霊というのは全部つながってくるのです。神代文字が出てくるというところがつながってくるとこ […]

  • 2019年6月3日

新元号「令和」に秘められた言霊の意味

新元号「令和」に秘められた言霊の意味 についての概要 新元号「令和」に秘められた言霊の意味には、元号の始まりとなった大化から今日まで裏で日本を支えてきた藤原氏からの解放です。梅の花の舞台になった太宰府は藤原氏にとって邪魔な存在の菅原道真の怨霊を鎮めるためにあり、関わりが深いものに艮の金神があります。 1. 元号とは 元号の発案は中国でした。皇帝が自らの治世を示すために元号を考案するようになったのが […]

  • 2019年5月18日

ネイティヴ・アメリカンのホピ族の終末予言

この記事の概要 ネイティヴ・アメリカンのホピ族の終末予言には8番目までは成就しています。終末が近づいて最終的には、終わる直前に天空に青い星が現れます。これをサクワソフ(Saquasohuh)と言います。青い星ブルースターが現れるという言い伝えはありましたが、実は赤い星も現れるという話もあるのです。 1. ホピ族 ホピ族はネイティヴ・アメリカンの中でも最も古い種族だと自負しています。ナハボとかスーと […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG