MONTH

2018年10月

  • 2018年10月20日

アノニマスから一般市民への警告!

この記事の要約 アノニマスから一般市民への警告!によると一般市民は支配層のエリートたちに、家畜のようにされています。家畜の訓練の場は学校であったり教会だったりします。そこで家畜として洗脳されるのです。組織に従順な良い子として仕上げられ真面目に働かされます。 1. アノニマス アノニマスとは国際的ハッカー集団です。政府や組織のネットワークに侵入して情報を取り出したりする集団なのです。企業や政府が一般 […]

  • 2018年10月19日

南米で発見された白いミイラには謎

この記事の要約 南米で発見された白いミイラには謎の部分が多いのですが、防腐目的のために白い珪藻土で塗られていることは理解できます。もう一点は、棺に納められていたので身分の高い人物だった様です。白い神々の伝説がああるため、敬う気持ちを表したのかもしれません。 1. 真っ白いミイラの正体 南米で妖しいミイラが沢山発見されています。真っ白いミイラで、石膏を塗ったようなものです。ケイ素が塗られており、腐敗 […]

  • 2018年10月10日

三角形UFO TR-3Bが月面で発見

この記事の要約 三角形UFO TR-3Bが月面で発見されています。最新のTR3Bは月まで行くようなのですが、月の上空なのか、その間の空間なのか、地球の成層圏なのか、または地球製なのかエイリアン製なのか、そこまではわかりません。アポロ計画から何十年も経た現在当然行っているのでしょう。 TR-3B TR-3Bという言葉が普通になりつつあります。 月を観測していたらアマチュア天文家の方が、飛行物体を発見 […]

  • 2018年10月5日

平将門の北斗七星呪術結界は神社で呪術的封印

この記事の要約 平将門の北斗七星呪術結界は神社で呪術的封印をしているのです。封印と祀ることにより、守られるというご利益も得たのです。世界の歴史は宗教的、呪術的なものにより動いています。無宗教と言われる人も心の底では、目に見えない何かを信じているところがあります。 1. 平将門 将門公と言えばご存知の通り、藤原秀郷に打たれました。将門は関東を支配していましたが、もともとは皇室の血を引いていたのです。 […]

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG