筋肉量を多くすれば脂肪の燃焼率を高める

筋肉量を多くすれば脂肪の燃焼率を高める

この記事の要約

筋肉量を多くすれば脂肪の燃焼率を高めることができるのです。運動量が多すぎるのは活性酸素を発生させてしまいます。テロメアにとって優しいランニングは、1週間に45km程度が理想です。ストレスがたまる運動は、腸内細菌にもダメージを与えます。その結果、免疫力を落としてしまうのです。


1グラムの脂肪を消費するためには

1gの脂肪を燃焼して体重を1kg減量するには約7000kcalの消費が必要です。

5kgの脂肪を燃焼させるには、35,000kcalの燃焼

1週間で5kgを燃焼させるには、1日5,000kcalの燃焼

ランニングで、1時間の消費できるkcalは、500kcalです。5時間走ってようやく、2,500kcalを燃焼できることになります。1週間で5kgの体重を落とすには、ランニングを毎日10時間続けることとなります。

毎日10時間は、不可能と思えるほどの長い時間です。一般の人だったら絶対やりません。

ところが、これだけの長い時間の運動は、体を壊してしまいます。4週間で行うにしても、1日、2時間30分走ることになりますが、これもかなり大変な運動量です。こうなってしまうと体内の活性酸素の量を増やすことになり細胞が壊れてしまいます。


テロメアに優しいランニングの距離

テロメアにとって優しいランニングは、1週間に45km程度です。2時間も走れば、20kmは走ることができます。これを毎日続けるのは、体にとって害になります。

テロメアのためには、7日間の間に、10kmを4日間、5kmから10kmを1日、残り2日間は休みの日として設ける必要があります。例えば、月曜日、火曜日に走り、水曜日または木曜日を休むのです。

木曜日、金曜日、土曜日に走り、日曜日には休むといったパターンです。


痩せやすい体づくり

人間の体で消費するエネルギーの三分の一は、筋肉で使われています。筋肉が多くなれば、脂肪の燃焼率が高まるのです。燃焼率が高くなると痩せやすい体になります。

腸内細菌にダメージを与えるのは、「面白くない」、「苦痛だ」と思えるものです。健康のためには、「つまらないもの」はしない方がいいのです。

好きな運動には、腸を健康にしてくれる働きがあります。元気な腸内細菌を育てるのが、運動の目的の一つです。

唐辛子のカプサイシンには、体内の燃焼効率を高める働きがあるようなのです。辛味のない唐辛子では、カプシエイトの成分が燃焼効率を高めてくれるようです。

カプシエイトを摂り続けると1日60キロカロリーの燃焼効率が上がるとのことです。

単一の食品だけで痩せようとするのは、体にとってとても負担なのです。下痢をしたり排便の時、熱さを感じる副作用が伴います。

唐辛子は、通常の食事に少し使う方法がとても賢い使い方です。美味しいと感じる程度が体にとってもテロメアにとっても優しいのです。しかし、辛いものは刺激が強いのであまり摂らない方がいいようです。

まとめ

1gの脂肪を消費するには7000kcal

テロメアにとって優しいランニングとは1週間に45km程度

筋肉が多くなると脂肪の燃焼率が高まる

Amazonの紹介欄(商品リンク)

アミノバイタル 30本入箱

グリコ パワープロダクション エキストラ オキシアップ サプリメント 120粒【使用目安 約30日分】アスタキサンチン 鉄分 ビタミン

Dreamegg 空気清浄機 脱臭 除菌 空気清浄器 静音 暖色ナイトナイト搭載 4段風量設定 タイマー機能付 小型 10畳対応 省エネ タバコ ペット 生活臭 花粉 PM2.5 ホコリ 対策 CF-8010

筋肉量を多くすれば脂肪の燃焼率を高める
最新情報をチェックしよう!

スポーツの最新記事8件

>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG