接種模範国では大規模再拡散が起きている

接種模範国では大規模再拡散が起きている

この記事の概要

接種模範国では大規模再拡散が起きているので新型コロナウイルスの完全終息が不可能なのです。大多数の意見に迎合したり、医学や政府の権威に盲従した場合は、思考が停止します。そうなってしまうと淘汰されてしまうのです。「国家ぐるみで国民を欺き、人口を削減するなんてあり得ない!」と思いましたか?近現代史をみれば国家ぐるみのジェノサイドが行われたことが理解できます。


ワクチンを打っても大規模再拡散

ウイルスが変異するたびにワクチンを打って死を選びますか。国は「ワクチンパスポート」の代わりに「ワクチンパッケージ」を使って何度も何度もワクチンを打たせるつもりです。ワクチンの効力が衰えた頃に打ってもらうわけですから、それが一生続くことになります。

渋谷において、コロナワクチン接種のために行列に加わって「抽選に当たった」と喜んでいますが、これは情報が行き届かない皆さんです。犠牲者となることは仕方がないのでしょうか。

ワクチンを打てばコロナに感染しないと思っている様ですが、何を根拠に思っているのでしょうか。

ワクチンを打った人が感染し、重症化しています。ワクチンの先進国のイギリスやイスラエルで感染爆発しています。これらのニュースが耳に入らないのでしょうか。「接種模範国」とされていたイスラエルでデルタ変異による大規模な再拡散が起こっているのです。

このニュースは、「ワクチンを打った者に限って感染している」という分析や統計情報を知らないのでしょうか。新型コロナウイルスの完全終息が不可能であることなのです。


今こそイベルメクチンを使え!

ノーベル賞を受賞した大村教授の発明したイベルメクチンでコロナは簡単に治療も予防もできます。調べてみれば分かるはずです。ワクチンだけが感染予防の方法だと思い違いをしています。

東京都医師会の尾崎治夫会長が「今こそイベルメクチンを使え」と語っています。長尾先生もテレビに出て「このイベルメクチンで治ります」と語っています。

政府が奨励しないイベルメクチンには効果がないと思い違いをしていないでしょうか。


人口削減テロ

人口削減テロはほぼ失敗しますが、数百万人の犠牲者が出ることは避けられそうもありません。自分の頭で考え、適正な判断のできた人だけが生き残ります。今は、インターネットから多くの情報を得られます。

ちょっと調べてみれば自分の感性で何が正しいかの区別がつきます。しかしながら、大多数の意見に迎合したり、医学や政府の権威に盲従した場合は、思考が停止します。そうなってしまうと淘汰されてしまうのです。

「国家ぐるみで国民を欺き、人口を削減するなんてあり得ない!」と思いましたか?近現代史をみれば国家ぐるみのジェノサイドが行われたことが理解できます。

でも、学校で教わった近現代史は、GHQによって脚色されています。本当のことは教えられていません。本当のことは、陰謀論で片付けられています。

全て国際金融資本によって操作されています。今も同じ彼らによって、国は操られているのです。この国家のシステムを変えない限り誰が政治のリーダーになっても何も変わりません。

大東亜戦争において、多くの国民、兵士が殺されました。それは、国家が欺いたからです。

その当時、近衞文麿をはじめとする藤原主義者が、共産主義者の風見章や国際金融資本の手先とも言われた海軍軍令部総長の永野修身、連合艦隊司令長官山本五十六らを利用しました。

目的は、日本を国民を犠牲にしてでも敗戦に導き、戦争責任を昭和天皇に押し付け、近衛文麿が藤原時代を復活させ、日本のリーダーになるためでした。しかしながら、実際は、国際金融資本に近衛は利用されていたのです。

NHK総裁だった近衛文麿は朝日新聞社とともに戦争を煽りました。

今も同じ戦時下です。メディアはコロナウイルスを煽り、コロナワクチンを打つように同調圧力をかけています。

多くの専門家の意見は、「このワクチンを打つと3年から5年で死ぬ」と警鐘を鳴らしているにもかかわらず、ワクチンパスポートの道へ突き進んでいます。

先の大戦と同じ、泥沼です。現在の国民も当時の大本営発表と同じことを信じています。歴史は繰り返します。

「まさか国家が国民を淘汰するはずがない」と思っていた人が、このことに気がつき始めます。それ以降は真剣に物事を考え始めます。テレビの言いなりになって行動はしなくなります。

ここで日本人は大きな犠牲を払いますが、大きな進化を遂げます。

検死官はBBCラジオ・ニューカッスル司会者のリサ・ショーさんが「アストラゼネカのコロナワクチンの合併症で死亡した」と結論づけました。ワクチンを打った後で死んだ人がどんどん増えています。

アメリカでもだんだん分かってきました。コロナワクチンを打ってもその後、感染することに気づき始めて来ています。

しかも、コロナワクチンの効力が1ヶ月ごとにどんどん減っています。ワクチンを打った人々は、どの年齢層でも増えています。ワクチンを打った直後の1月では少ない状態です。ところが6月7月ごろになると増え始めています。これはワクチンを打つ意味がないと言うことです。


ワクチンをやめた方が感染は止まる

ルーマニア政府はワクチン政策を完全に停止しました。理由は誰も打たないからです。そして現状まで感染拡大はほとんどありません。

ルーマニアの100万人にあたりの新たな感染者は増えていません。ワクチンを打っていないからです。ところがワクチン接種が多いイスラエルでは、急激な感染拡大が起きています。

それならば、打たないほうがいいのです。しかもルーマニアはイベルメクチンを導入している国の一つです。

イベルメクチンを公式に使用ているか、適用外薬として使用しているのは、チェコ共和国、スロベニア、マケドニア、ブルガリア、ルーマニア、ペルー、アルゼンチン、メキシコ、バングラディシュ、インド、ベリーズ、南アフリカ、ジンバブエです。

日本もルーマニアやペルーと同じことをすればコロナはぶっ飛んでしまいます。ワクチンを打って人口削減するのが連中の目的なのでイベルメクチンを導入しません。


参考文献:ニコニコ動画、2021.09.02 リチャード・コシミズ新型コロナウィルス戦争328●渋谷の毒入りワクチン接種のための「死の行列」に加わって、 あの世への特急券の抽選にあたったと喜んでいる、情弱の愚か者さんの群れ

<https://www.nicovideo.jp/watch/sm39276039>アクセス日:2021年9月4日


まとめ

コロナウイルスの戦時下であり国家が国民を本気で人口削減しようといる。先の大戦で国際金融資本に寝返った多くの売国奴たちがいたように、今も同じ様な連中が国民の命をなんとも思っていない。


紹介欄

コロナとワクチン:新型ウイルス騒動の真相とワクチンの本当の狙い 

秘密率99% コロナと猛毒ワクチン

接種模範国では大規模再拡散が起きている
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG