宇宙人は古代イスラエル人だった

宇宙人は古代イスラエル人だった

この記事の概要

宇宙人は古代イスラエル人だったのです。ロズウェルに落ちたUFOに乗ってた3人のエイリアンはモンゴロイドでした。それを見た軍人は、日本が秘密兵器で仕返しに来たと思ったのです。コックピットの中にあった書物は聖書で創世記の冒頭でした。彼らの正体が分かってしまったの全部最高機密にしました。


エイリアンも聖書の予言で動いている

中東問題が本当に危なくなると、特に第3神殿が現実味を帯びることになります。となると、エイリアンが絡んできます。2021年にアメリカ政府がUFOの存在を認めたのはそのロードマップだったのです。もう一つのアルテミス計画である有人月面探査計画もみなそうです。
第3次世界大戦になり、実際に地球で核が使われることになると、宇宙人・エイリアンが黙っていないのでしょうか。しかしながら、全てのエイリアンは善人ではありません。すでに日本に原爆が落とされています。
エイリアンもまた聖書の予言で動いているのです。エイリアンの本拠地は、地球の地下だからです。そのことも含めてアメリカは知っているのです。

ハリウッドは知らない情報に慣れさせるプロパガンダ

アメリカと言う国は、例えばハリウッドは、基本的にプロパガンダのためにあります。某映画会社は、自由の女神を使っていたりします(コロンビア映画会社のオープニングに登場)。自由の女神が松明を持っている段階で、ほぼフリーメイソンです。(自由の女神像はフランスのフリーメイソンからアメリカのフリーメイソンに贈られたもの)
メイソンとCIAの広告塔みたいなものです。 だからその意味において、キングコングの映画が、リメイクされていましたが最初の設定、オリジナルのキングコングはどこかの南の島の巨大生物でした。それを踏襲して今のシリーズは、どでかい恐竜みたいのがいっぱいいる中でのキンコングです。
その後、キングコングVSゴジラの設定は違います。キングコングの本来の根拠地は、南の島ではなく、地底に存在する空洞世界を設定しています。今回もその設定を踏襲して新たな帝国様なものがあります。キングコングの本拠地は地底です。キングコングが地底から来ている設定です。
あくまでも映画の設定ですが、あれは地底世界があると言うことを案に、全世界の人々に国民を含めて慣れさせるプロパガンダです。
宇宙人・エイリアンは地底から来ていると言うことですが、時にそのエイリアンたちも、聖書の予言の通りに世界を作っていると言う話がありました。

エイリアンの聖書における役割

そのエイリアンたちは、そんな人間の歴史よりも、もっと昔からいるのでしょうか。彼らの役割も聖書に書いてあります。この世の終わりに、彼らの役割と書いあります。
聖書を読んでも、みんな理解できません。特に2000年前については、理解が難しいため、勝手な夢想だと思っています。ところが、違います。
書いてあるのです。「この世の終わりに大集団で現れる」と。要は地球の上で火遊びしている人々を見て、「バカだな」と思っているのです。予言通り、戦争して殺し合している状態が続くと、「そろそろかな。じゃあ出ていくか」と。エイリアンはどうしてそんな義務があるのでしょうか。
人類の最期に付き合ってくれるのでしょうか。付き合うも何も一つは彼らの本拠地もまた異変が起こるからです。本拠地に異変が起きます。居住できなくなってくるのです。
だから地表に戻って来ます。元々地表にいて、地底に行ったのがエイリアンだと言うのです。元々地球人です。エイリアンとは、 ユダヤ教なのでしょうか。

ロズウェル事件のエイリアンはモンゴロイド

少なくとも1947年4月2日に、ニューメキシコのロズウェルに落ちたUFOに乗ってた3人のエイリアンはモンゴロイドでした。
解剖したら何にも変わらなかったのです。もちろん遺伝子全部調べたら、血液型O型です。ロズエルのUFOは菱形です。 1989のベルギーで多く見られたのも菱形でした。
ロズウェルに落ちたUFOを最初に発見したのは民間人(第一発見者は、牧場主のマック・ブラゼルです)でした。考古学者のチームとさらにそこに来たのが消防車です。
髪の毛は短く一重瞼のモンゴロイドです。それを見た軍人は、日本が秘密兵器で仕返しに来たと思ったのです。なぜかと言うと当時空軍はありませんでしたが、そこの管轄がロズウェルの陸軍航空隊の基地でした。実はここに原爆があるです。エノラゲは、ここから飛び立って原爆を投下しました。1947年の段階でも原爆があるとこにUFOが現れるのです。

コックピットの中に聖書が

墜落したUFOのコックピットの中には、いろいろなものが入っていました。その中に本があったのです。紙の本ではありません。特殊なものでも、めくれて読めるのです。文字が書いあります。
これを解読したのです。当然、第二次世界大戦当時は、エニグマとかそういう暗号解読がありましたが、そんなもの要りませんでした。解読するのに1日もかからなかったのです。見たことのない文字です。でも一発で聖書だと分かりました。聖書の創世紀の冒頭なのです。
ただ途中から記述が変わるのです。途中から記述が変わって、彼らの歴史になります。だから彼らの正体が分かってしまったのです。 分かったから全部最高機密にしました。

日本人そっくりなエイリアン

この地球上には、かつて存在したのですが、歴史から消えた民族がいます。それは紀元前の話です。旧約聖書を持っていたのです。むしろ今ある旧約聖書よりも正確な聖書を持っていました。
なぜならば、今ある旧約聖書は、バビロン捕囚の少し前のヨシア王の時に改ざんされています。これは聖書学的にしっかりと分かっているのです。
日本人と見た目が一緒のような民族がいたのです。それはまさに古代イスラエル人です。今の皆さんが知っているユダヤ人とはまた少し違います。
古代イスラエル人は、日本人に近いです。だから見た時に日本人だと思ったのです。宇宙人と言われたら一般的にグレーだとか映画で見ていいる宇宙人、ETの様な宇宙人を思い浮かべますが、実は古代イスラエル人だったのです。
普通にその辺を歩いているから気がつきません。 生活に宇宙人が紛れ込んでいる映画もありました。それは擬態しているかと思っていましたが、擬態する必要がないほどに気がつかないのです。日本人そっくりだと言うことなのです。普通に歩いていると分かりません。

地下の科学技術が地上よりも進んでいる

地下に住んでいるエイリアンの方が、科学技術が進んでいるのです。実際に骨などの成長を調べると、見た目は30代ですが、何百歳も生きていると言うのが分かります。100歳以上の年齢でも若々しのです。旧約聖書のノアの大洪水以前の人達は皆長寿でした。900歳とか800歳とか伝説みたいな話あります。
なぜ長寿なのかは、太陽光を浴びていないからです。太陽の光を直接浴びてないので長寿なのです。紫外線だと宇宙線もそうですが、浴びると老化します。
UVカットを女性はしますが、老化したくなければ暗闇で生活すれば良いのです。昔から日光は大事であると教わっています。それであればビタミンDを補給すれば良いのです。
日本での不老長寿の八百比尼(やおびくに:日本の伝説上の人物。特別なもの(人魚の肉など)を食べたことで不老長寿を獲得した)は外に出ません。
エイリアンの拠点にしている地下は、太陽光がありません。地底ですから。だから彼らがこの地上に出て生活すると寿命が縮みます。すごい科学技術があるから、この地球の中だけにいる分けではありません。月にも行ってるし、他のところへも行ってるし、太陽だって行っています。この辺りはどう理解したら良いのか。
そういう元々地球上で旧約聖書を知ってた人たちなので、旧約聖書の通り、その予言の通りに最後に現れてくるのでしょう。それは、出てこざる得ない状況になるのです。自分たちがそこに住めなくなるから激変が起こるからです。なぜならば、地底で激変っと言ったらもう地上も大変な状態です。
もちろん 太陽系レベルの大事件です。天体が接近することが考えられます。太陽系の天体は、基本的に楕円軌道で安定しています。この状態で多分接近することないはずです。ところが、接近する事例が他にあります。それは新しい星を出産する時です。

URL<https://www.youtube.com/watch?v=v5ZhVNajoW8>アクセス日:2024年5月18日

まとめ

エイリアンもまた聖書の予言で動いていて、エイリアンの本拠地は、地球の地下。

ハリウッドの映画は、全世界の人々に国民を含めて慣れさせるプロパガンダ。

聖書には「この世の終わりに大集団で現れる」と。

ロズウェルに落ちたエイリアンは髪の毛は短く一重瞼のモンゴロイドで、日本が秘密兵器で仕返しに来たと思った。

地下に住むエイリアンの寿命が長いのは太陽光を浴びないため。


紹介欄

古代イスラエルと日本民族の秘密: 戦争と平和の神1

失われたエイリアン「地底人」の謎 (ムー・スーパー・ミステリー・ブックス)

全宇宙の大転換と人類の未来―2038年前後、集団アセンションが起こる! Kindle版

 

宇宙人は古代イスラエル人だった
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG