周波数432hzが440hzに乗っ取られて人々をダメにしている

周波数432hzが440hzに乗っ取られて人々をダメにしている

この記事の概要

周波数432hzが440hzに乗っ取られて人々をダメにしているというのです。ロスチャイルドの資金提供により、米国音楽家連盟に加入し、コンサートで演奏されるチューニングを440hzへと変更していったようなのです。


国際的に使用されている440hz

音楽の持つ力を多くの人々は実感しています。アップテンポの曲調であれば元気になります。逆に穏やかで静かな曲はリラックス効果が生じます。

現在聴いている音楽が、潜在的に洗脳する力がある曲だと言われています。理由は、国際的に使用されているのが、440hz(ヘルツ)だからです。そのhz(ヘルツ)は、潜在的に人々を洗脳するためです。

本来使われる周波数が432hzだと言われています。

hz(ヘルツ)とは音楽の周波数で、1秒間の振動数を意味しています。楽器を弾いている人であれば詳しいと思いますが、ギターを引く前に音のチューニングをします。

人々は一定の周波数に合わせて引きます。そうしないと音がバラバラになってしまうからです。

人々が合わせている周波数が現代では440hzが採用されています。この周波数は、アメリカが1926年に使用し始めて、1995年に国際標準化機構isoで正式に採用しました。

国際標準化機構(こくさいひょうじゅんかきこう、英: International Organization for Standardization)、略称:ISO(アイエスオー、イソ、アイソ)は、各国の国家標準化団体で構成される非政府組織である。 スイス・ジュネーヴに本部を置く、スイス民法による非営利法人である。ウキペディア)

そのため私たちは、440hzの周波数を耳にしていいます。440hzは人々を洗脳しやすくするためと言われています。


440hzがなぜ採用されたのか

ではどのようにしてこの440hzが採用されたのでしょうか。発見された古代エジプトの楽器やギリシャの琴は、432hzでチューニングされていたと言われています。

もちろん当時はチューニング器具はなかったので、おそらく直感的に人間が一番心地よい音程にしていたことが想像できます。

1900年まではフランスでは435hzイ、タリアでは432hzが使われていたそうです。

1910年になって、440hzが世の中に知れ渡り始めたと言われています。これはジョン・ディーガンというアメリカ海軍の方が、ロスチャイルドの資金提供により、米国音楽家連盟に加入し、コンサートで演奏されるチューニングを440hzへと変更していったようなのです。

この同時期にニュー・ワールド・オーダー(新世界秩序)が本格的に始動し、蓄音器などが発明されました。これらの発明によって、音の力で世の中に影響を及ぼし始めたらしいのです。

プロパガンダに力を入れていたのはナチスです。プロパガンダの天才、ヨーゼフゲッペルスの支援により、1939年にはヨーロッパが440hzを標準化させました。

その後は1955年に440hzが国際的に採用されました。

(プロパガンダは、特定の思想・世論・意識・行動へ誘導する意図を持った行為である。 通常情報戦、心理戦もしくは宣伝戦、世論戦と和訳され、しばしば大きな政治的意味を持つ。最初にプロパガンダと言う言葉を用いたのは、1622年に設置されたカトリック教会の布教聖省 の名称である。ラテン語の propagareに由来する。 ウィキペディア)


432hzと440hzはどう違うのでしょうか

ニコラ・テスラによりますと、全てはエネルギー、周波数、振動数でできていると言いました。音は、正にわかりやすく、振動数と周波数です。違う周波数で周りに影響を与えることもできます。

人間の体が70%の水でできていることから、この音の振動数によって細胞レベルまでに影響すると言われているのです。それではどのように影響するのでしょうか。

440hzは左脳を活性化し、432hzは右脳を活性化すると言われています。現代の人間は左脳が活発に使われている状態です。物事を理論的に考えたり、ストレス社会であったりと、もしこれが本当であるならば、440hzが左脳を刺激しているというのは納得できることなのです。

基本的に440hzは人間の頭を忙しくして創造性を失わせて感情表現を低下させ、洗脳させやすい状態にさせるというのです。

440hzは不自然な周波数らしくて病気などを引き起こし、精神的に不安定にさせます。

それとは逆に432hzは、宇宙の法則に沿った奇跡の周波数だと言われています。右脳を活性化させ、本来宇宙の持つ波長と共鳴することができます。それは、シューマン共振という地球の周波数と同調するものです。432hzが地球の周波数ということになります。


12の法則

一般的に現在使用されている法則として物事を12で割ることが適用されているのです。

例えば:

1年は12ヶ月、時計は12時間、キリストの使徒は十二人、十二干支、星座、イスラエルの十二部族など、

440を12で割ると36.6666667のなります。

432を12で割ると36と整数で割り切れます。

3+6=9は、ゲマトリア数秘術では完成、完結の数字となります。

または4+3+2=9です。

音波の周波数のヘルツは1秒間の振動数です。秒数とは非常に人工的なものと言われています。

1時間を60分、1分を60秒と考えついたのは、最古の文明のシュメール文明という説があります。

440hzはシャープな感じで、432hzの方はアンティークな感じです。聴き慣れているのは440hzです。人によっては440波不快感を抱く人や、432の方がリラックス効果を得られる人もいるようです。

本来あるべき周波数432hzが440hzに乗っ取られていて440hzが人々をダメにしているというのです。

音楽を聴くといい気分を与えているのですが潜在的にはストレスを与えているというのです。科学的にはまだ証明されていません。

参考文献:YouTube 440hz・世の中を支配する音楽?!


まとめ

現在聴いている音楽が440hzで潜在的に洗脳する力がある

ロスチャイルドの資金提供によりコンサートで演奏されるチューニングを440hz

440hzは左脳を活性化し、432hzは右脳を活性化する

432➗12=36これをそれぞれ足すと3+6=9でゲマトリア数秘術では完成、完結

本来あるべき周波数432hzが440hzに乗っ取られている


Amazonの紹介欄(商品リンク)

432Hz 効果 – 脳波癒しの周波数, 明晰夢集中力音楽

 

周波数432hzが440hzに乗っ取られて人々をダメにしている
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG