合衆国緊急放送が日本時間1月14日14時以降から

合衆国緊急放送が日本時間1月14日14時以降から

この記事の概要

合衆国緊急放送が日本時間1月14日14時以降から始まる予定です。この緊急放送は世界中にではなく、アメリカ合衆国全体にです。世界の主要都市へ緊急放送のメッセージが入るかもしれません。このメッセージは、11日からの活動の説明と大統領令発動の発表の説明をします。


緊急放送の件

次の内容は、メッセンジャーである石川新一郎氏が、ワシントンD.C.から受け取ったメッセージです。

このメッセージを聞いて心が温かくなり、希望が湧いてきたでしょうか。「平静を保って、見守っていてください」と何度も伝えられています。これは宇宙の法則に従った方法です。

心が沈んだり、心がずしんと重くなったり、嫌な思いを感じた場合、そのメッセージは疑った方がいいのです。

石川新一郎氏のワシントンD.C.からのメッセージ。

「ワシントン時間の14日午前0時以降(日本時間午後2時)緊急放送が入ります。ワシントン時間の午前0時に始まるのではなく、その時間以降に始まります。

それはデクラス(機密解除)の話ではありません。この緊急放送は世界中にではなく、アメリカ合衆国全体にです。世界の主要都市へ緊急放送のメッセージが入るかもしれません。

このメッセージは、11日からの活動の説明と大統領令発動の発表の説明をします。これ以上の詳細な説明はできないとのことです。

一番お伝えしたいことは、平静を保っていただき、見守ってください。再度お伝えしますが、平静を保って、見守っていてください。

機密解除、デクラスは、大統領就任式後、数日以内には世界中に緊急放送が行われます。それは地球が、愛と平和と光に包まれる時がやってくる革新的な出来事が始まる出来事です。

お話を聞いてくれてありがとう。神とともに歩めることに感謝します。

また、トランプ大統領は、1月11日、ワシントンDCの緊急宣言を承認し、1月24日までの第59代大統領就任式までの事態に起因した緊急事態のため連邦政府の支援を要請しました。

国土安全保障省、連邦緊急事態管理庁が地域住民の安全のために災害救援活動を調整し、必要な人々に支援を提供することを承認することとする。

連邦緊急事態管理庁は、必要な物資と人的なリソースを提供し配置すること。国土安全保障庁長官代理のチャド・ウォルフは、1月11日23時59分に最近の裁判判決を含む責任をとって辞任した。

その後ウルフ長官代理の仕事はEASを出す部署であるFEMA(アメリカ合衆国連邦緊急事態管理庁)が行うようです。

以上ワシントンからのメッセージでした」

とのことでした。

【第71弾】24回目のワシントンメッセージです‼️(緊急放送の件)

<https://www.youtube.com/watch?v=o_1F89Mp2HU&t=313s>アクセス日2021年1月13日


このメッセージを受け取っていても、多くの人たちが、心配しています。さまざまな情報が錯綜していて、気持ちがネガティブな方向へ進んでいます。唯一情報を提供してくれるユーチューバーの方々もトランプの敗北を認め始めてきています。

「平静を保って、見守っていてください」と何度も言われています。トランプが1月20日大統領に就任していることを信頼できるでしょうか。


プレアデス銀河の夜明け (日本語) 単行本

 

合衆国緊急放送が日本時間1月14日14時以降から
最新情報をチェックしよう!

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG