NO IMAGE

人体に無害な紫外線がコロナウイルスを不活化する

この記事の概要

人体に無害な紫外線がコロナウイルスを不活化する照明器具が開発されています。222ナノメートル(nm)紫外線による新型コロナウイルスの不活化効果を実験で調べたところ、非常に有益な結果が得られました。この紫外線を人の活動空間に照射することにより、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制できる可能性がでてきました。


安全な紫外線がウイルスを殺菌する

人や動物の皮膚や目の安全を保ちながら、紫外線本来の殺菌力によって、新型コロナウイルスを不活化できる光源が注目を集めています。紫外線と聞いただけで、白内障や皮膚がんを連想させられますが、人体に無害で、新型コロナウイルスに効果のある紫外線波長があるようなのです。
新型コロナウイルスが世界中に広がっており、ウイルスとの共存が迫られる時代において、光明となり得る技術の実用化が近づいています。その技術とは、波長が222ナノメートル(nm)の紫外線です。その紫外線は、ウイルスや細菌の不活化、感染力や毒性の消失などが期待されています。
その紫外線は、「数分の照射でウイルス・細菌をほぼ不活化」「人体に照射しても影響がほとんど無い」といった物凄い効力を兼ね備えているのです。
光源の開発では日本のメーカーが、2020年4月21日、米コロンビア大学の発表で、全世界に衝撃を与えました。当大学教授で放射線研究所所長のデービッド・ブレナー氏らのチームが、222ナノメートル(nm)紫外線による新型コロナウイルスの不活化効果を実験で調べたところ、非常に有益な結果が得られました。
この222ナノメートル(nm) 紫外線を人の活動空間に照射することにより、新型コロナウイルスの感染拡大を抑制できる可能性があるというのです。

222nm紫外線は人がいる公共施設で使用可能

ブレナー氏らのチームは、222ナノメートル(nm)紫外線による様々なウイルス・細菌の不活化に取り組んでいました。
従来紫外線よるウイルス・細菌の不活化・除菌には、254ナノメートル(nm )紫外線が使われていました。254ナノメートル(nm )紫外線は、ウイルス・細菌の不活化効果が高いのですが、人体に照射すると皮膚がんや白内障を発症させる恐れがあるのです。そのため、人がいない空間でしか使用できませんでした。
人体に無害な222 ナノメートル(nm)紫外線は、病院や学校・オフィスなど、ありとあらゆる公共商業施設で常時照射できるのです。新型コロナウイルスと共存する時代において、経済・社会活動の範囲を大幅に広げられる可能性がでてきました。
222ナノメートル(nm)紫外線の不活化効果は、254ナノメートル(nm )紫外線と同程度の水準が期待できると言うのです。ブレナー氏らの研究成果を基に、222ナノメートル(nm) 紫外線の光源を一手に開発しているのは、日本のウシオ電機です。
コロンビア大の発表から約1カ月後の5月20日に、ウシオ電気はウイルス・細菌の不活化用途向けの222ナノメートル( nm )紫外線の光源モジュール「Care222」について照明器具などを手掛ける米アキュイティ・ブランズと供給契約を締結したとのことです。
Care222の最大の特徴は、常時使用可能であるということです。従来の紫外線光源とは異なり、有人環境でも、空気と環境表面を継続的に除菌することをコンセプトとしています。
USHIO グループ
今後、アキュイティは、自社の照明器具とウシオ電機の光源モジュールを組み合わせて、ウイルス・細菌の不活化機能を持つ照明器具を開発し、公共商業施設などへの提供を目指すとのことです。

222nm紫外線の通過率は0.01%

コロンビア大学の発表によると、222ナノメートル(nm)の波長の紫外線を使うと、人体に全くの無害で新型コロナウイルスを不活化できるようです。その光源を開発しているのは日本のウシオ電機でありアメリカの照明器具の会社と締結し公共・商業施設への提供を目指すというニュースでした。
222ナノメートル(nm)と254ナノメートル(nm)の紫外線の違いは何なのでしょうか。その効果の違いとは、到達する深さに違いがあるようなのです。どちらの波長でも人の細胞とウイルスの細胞も破壊することができます。
222ナノメートル(nm )の場合には、ほとんどが人の皮膚の外側の角質層で吸収されるとのことです。一般的な人の皮膚の角質層の厚みが、20マイクロメートルと言われています。
254ナノメートル(nm )の紫外線は、皮膚の角質層を30%通過してしまいます。これが皮膚がんの原因と言われています。222ナノメートル(nm )紫外線の通過率は、0.01%以下で、ほとんど角質層より下に行かないとのことです。222ナノメートル(nm)の光源を持つウシオ電機の技術自体は、新しいものではありません。

エキシマランプ
エキシマランプと言って、1993年から開発してきているものでした。もともと紫外線を使って電子部品の洗浄などに使用されていました。状況が一変したのは2012年でニュースの中にも出てきたブレナー氏が、222ナノメートル(nm) の波長の光だけを通過させるバンドパスフィルターを開発したことでした。
エキシマランプ(水銀を含有しないエキシマ発光による紫外線ランプで、ウシオは222nmを主波長とする単色紫外線光源を使用)と特殊な光学バンドパスフィルタを組み合わせ、人に優しい紫外線波長域(200nm-230nm)のみを照射します。
USHIO グループ
エキシマランプは、222ナノメートル(nm)の紫外線を主に発光しますが、それ以外の波長の光も少しでてしまい、人体には使えない要因だったのです。ブレナー氏が222ナノメートル(nm) 以外の波長を除去するバンドパスフィルターを開発したことによって、人体に有害な紫外線を除去し安全な紫外線だけを利用できるようになったわけです。
バンドパスフィルタとは、特定の周波数帯の物理現象を抽出するフィルタの一種。 ウィキペディア
しかもウシオ電機は、これに関する全世界での独占特許を2015年に、コロンビア大学から取得しています。それ以降ウシオ電機とコロンビア大学は提携し、神戸大学大学院医薬グループとの協力のもと動物への反復実験を重ね安全性を確認していました。

安全性の確認

2021年、初冬に安全性が確認できたので、「Care222」の光源を発売する予定でした。しかしながら、その前に新型コロナウイルスによるパンディミックが起こってしまったので、発売を前倒しになったようです。
量産技術を急ピッチで確立し、2020年9月の量産出荷開始する予定のようです。
日本国内向けには、当初の販売開始時期(2021年初頭を予定)を前倒しし、2020年9月からの販売開始を予定しております。USHIO グループ
大学とも連携し全世界の独占特許を取得し、安全性の実験まで終了しています。新型コロナウイルスとの共存において、「Care222」は、人が集まる集会所やイベント会場の自粛から解放してくれる救世主に思えてきました。

参考文献:ユーチューブ:コロナ後の世界を一変させる!世界で独占特許をもつ日本企業の商品が発売へ!!


まとめ

人や動物の皮膚や目の安全を保ちながら、紫外線本来の殺菌力によって、新型コロナウイルスを不活化できる光源がある。

222nm紫外線は人がいる公共施設で使用可能。

222nm紫外線の通過率は0.01%。


Amazonの紹介欄

病気が逃げていく! 紫外線のすごい力 Kindle版

NO IMAGE
最新情報をチェックしよう!
>聖典をかける少女

聖典をかける少女

地球は乗っ取られている。それも、私たちが、神だと信じている存在によって。「聖典をかける少女」によりますと、創世記がどのように、誰によって書かれたか説明されています。「プレアデス+かく語りき」がモチーフになっているようですが、地球は、30万年前に聖書に登場する創造神たちによって乗っ取られていることが理解できます。

CTR IMG